「オモシロイコト」

以前紹介した新潟南魚沼周辺の「地域が変わると田んぼのようすも変わります」の記事ですが、これには続きがあります。

色々なイベントがあるようだと書きましたが、ワインディングの途中道々に、芸術作品の展示が行われているようなのでした。道を行く限りにおいてはぼんやりと「何かやっている」としか感じられなかったのですが、貰ってきたパンフレットを見てびっくり。かなり大掛かりな「越後妻有 大地の祭り2010」というイベントだったのです。

田んぼや山や川、それとアート?とにかくそこに普段絶対ないものが置いてあって、不思議な対比を作っています。なんでしょう?何かヘンテコな「オモシロイコト」が起こっているというのがぴったりきます。しかし発想の豊かな人がいるものですね。こんなことしたら面白いだろうな・・・と考えるのは誰でもできますが、実行するのには様々なエネルギーが必要でしょうし、発想が豊だけではなく実行力が必要です。きっと関係各方面への説得と言うか説明が大変だったでしょう。オトナが延べ何百人も動かないとこうはいかないと思います。そういった意味ではこのお祭りというか地域全体が一つの作品と言った感じです。

廃校になった小学校の外と中が丸ごと作品になっていました。

その一環なのでしょう。廃校になった小学校の外も中も丸ごと作品になっていました。

シーンと音がない感じです。天気のせい?寂しいっ。

シーンと音がない感じです。天気のせい?寂しいっ。

地元の方に中を見せていただきました。にぎやかであるはずの小学校に人がいない・・・そして主のいない備品の数々。全く別に、段ボールで作った船やオブジェの数々。それからアサガオ。そういうものを見ていると、妙にふわふわと心落ち着かないような不思議な気分になるものです。周辺や小学校で撮った写真をスライドショーにしてみました。

越後妻有 大地の祭り2010の周辺?スライドショー

↑ 長いです。ヒマな時見てください 動画(8分23秒)画面クリックでも再生します。

道々この看板が立っていてそれと知らせてくれます。

道々この看板が立っていてそれと知らせてくれます。

宇宙アサガオって書いてあります。これって宇宙滞在した種から育てたってことでしょうか?

宇宙アサガオって書いてあります。これって宇宙滞在した種から育てたってことでしょうか?

これに一番しびれました。外が中にあります。もうそっくりです!!あ!でもアサガオがくっついてないな。

これに一番しびれました。結構大きいです(ふた抱えくらい?)。外が中にあります。もうそっくりです!!あ!でもアサガオがくっついてないな。残念!

二階の窓の高さまでアサガオが上がってきています。

二階の窓の高さまでアサガオが上がってきています。

窓から見たアサガオをスケッチしようと言う呼びかけが、黒板にチョークで書いてあります。

窓から見たアサガオをスケッチしようと言う呼びかけが、黒板にチョークで書いてあります。

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。
続きを見るをクリックして下にひらいて見てください

窓べりにスケッチブックと色鉛筆が並んで至れり尽くせり。

窓べりにスケッチブックと色鉛筆が並んで至れり尽くせり。

なんかこの色合いと言うか、風景にはまってしまいました。年月を経た木のテクスチャーと色エンピツ!妙にいい感じです。

なんかこの色合いと言うか、風景にはまってしまいました。年月を経た木のテクスチャーと色エンピツ!妙にいい感じです。

宇宙アサガオというので調べてみると、「JAXA “Seeds in Space Ⅰ” キャンペーン」というのがあって、(多分宇宙に行った)アサガオ種子の遺伝子に宇宙線などで傷害が起きた場合、それから第2世代まで栽培すれば姿や形に変位が見られる場合があるそうで、それを宇宙に行かないグループと比べながらみんなで観察しよう!!と言うお話らしいです。これと関係があるのかはよくわかりませんが、そのサイトで「アサガオの突然変異体に見分け方」というpdfがわかりやすくて面白かったです。

いつ行ってきたのかな?もうこの中に変異体が出てるのかな?

いつ行ってきたのかな?もうこの中に変異体が出てるのかな?

なんか歴史など?色々書いてあったのですが、良く読んでいません。

なんか歴史など?色々書いてあったのですが、良く読んでいません。

明後日への扉?それとも分銅?

明後日への扉?それとも分銅?とにかく教室いっぱいの大きさです。

ローカです。「シン」とした感じ。

ローカです。「シン」とした感じ。

今度は子供を連れて来て、その不思議な感覚を共有してみたいですね。ただ範囲が広いので、回るのは大変そうな感じです。雰囲気だけだったらWEBサイトだけでも十分だったりして。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/09/28/art/trackback/