Homeに戻る > アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ

比較的良く見られる種だそうですが、ギンヤンマと似たようなカラーリング。特に尾っぽのブルーが本当にきれいです。なんといったら良いのでしょう。ブルーに転んだターコイズでしょうか?どちらにせよ宝石です。

アオモンイトトンボ 4月から10月ぐらいまで、本州・四国・九州・沖縄まで広く見られる種類だそうです。

アオモンイトトンボ 4月から10月ぐらいまで、本州・四国・九州・沖縄まで広く見られる種類だそうです。

写真を撮っている間にも、目の前をギンヤンマが行ったり来たりしていました。この枯れてしまったヒシの浮かぶ用水路には、色々な種類のトンボが産卵に集まってきます。

アオモンイトトンボの産卵。わかりにくいですが、中央上にアオモンイトトンボが水面に卵を産みつけています。

アオモンイトトンボの産卵。わかりにくいですが、中央上にアオモンイトトンボが水面に卵を産みつけています。

オスとメスでしょうか?2匹見えます。

オスとメスでしょうか?2匹見えます。

体長4センチ弱ほどの、まさに糸のようなトンボですから、ピントがなかなか合いません。

体長4センチ弱ほどの、まさに糸のようなトンボですから、ピントがなかなか合いません。

アオモンイトトンボの写真。来年また会いましょう!!

来年また会いましょう!!

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

大場町のヒシの記事へ
大場町のヒシの記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/09/25/aomonitotombo/trackback/