気になる草刈りの技(シロウトWatchでございます)

ベテランにとっては何でもないのでしょうが、たまにしか刈り払い機を使わない身としては気になります 画面クリックでも再生します。

おはようございます。先日環境保全会のほう「8/1農地水活動のようす」で草刈りをしたわけですが、皆さんベテランなので参考になることがたくさんです。特に気になるのがこれです↓

↑クリックで拡大します まるで作物を収穫して「後から取りに来ます」というような感じに、等間隔にまとまって並んだ刈り取った草

↑クリックで拡大します まるで作物を収穫して「後から取りに来ます」というような感じに、等間隔にまとまって並んだ刈り取った草

まるで人に見せるためのような、こんなのも見ます↓

↑クリックで拡大します 四角い土地に斜線状にきっちり並んだ刈り取った草が並んでいます まるでハッチングのようです

↑クリックで拡大します 四角い土地に斜線状にきっちり並んだ刈り取った草が並んでいます まるでハッチングのようです

↑クリックで拡大します 自分でやるとなぜか全体に飛び散って似ても似つかないものになってしまいます

↑クリックで拡大します 自分でやるとなぜか全体に飛び散って似ても似つかないものになってしまいます

もちろん草を刈るのが目的で、きれいに並べるというのは、あくまでオマケみたいなものですが、例えば家に帰ってやってみると、そのままのコピーでは斜面や進行方向が逆だったりして意図せぬものになってしまったりします。条件や場所によってまったく逆のセオリーがあったりして、頭がこんがらがったりしますが面白いですね。自分のうちのまわりを刈っているときは、裏のおじさんに「そういうときは上から下に刈ったほうがいい」なんてアドバイス貰ったりして楽しくやっています。「いやーいわれた通りにやってみたらぐっときれいにできましたよ」と、おじさんに言ったら、「そうだ、色々自分で試してみて上手になるんだ」ということです。まさにそうですね!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/08/04/kusakari/trackback/