朝型生活にしてみて良かったこと

朝、日の出前に起きるので日中とは印象の違う写真も撮れます

島地区に限らず、この辺りの家はみな海の方角、東に向って建っています。「お日様があがったらとっとと起きて畑や田んぼのお世話をしなさい」ということなのだと僕は想像しています。こちらへ越してきてびっくりしたのは、朝6時前にに電話がかかってきたり、人が訪ねてきたり、刈り払い機のエンジン音が響いていたりするということでした。子供の頃に、「そんな朝早くから〜するのはやめなさい」という注意がが解除される時間帯が、大体8時〜9時だったと記憶しているのですが、それからするとかなり早い時間です。
 考えてみれば子供の頃注意されたのは、まだ寝ているような時間か、朝の忙しい時間に迷惑だということだったのでしょうから、ホットな時間帯は地域によって違いますよね?逆に、こちらでは夜7時以降というのは夜遅い時間として、連絡や訪問は控えるような雰囲気になっているように感じます。聞いたわけではないですし、明文化されているわけでもないのですが・・・
 今では僕もつられて朝型になっています。ビジネスアワーだと、頻繁に電話がかかってきたり、急な対応を余儀なくされたりと、計画通り進まないものですから、日中はそういう時間にあてて、じっくり腰を落ち着けて対応することは朝に持ってきました。すると、まだ集中力のある朝に考えをまとめたり、作業をするので非常に効率が良くなりました。
 また、3食みっちり食べるようになったのにも関わらず、ちょっと多めになりかけていた体重も落ちてきました。朝ご飯につられて、夕ご飯の時間の時間も早くなり、夜8時以降、朝ご飯まで何も食べなくなったからではないかと感じています。「早起きは三文の得」といいますが、本当なのですね。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2010/06/19/asagatahennka/trackback/