日本ハッカにはアレロパシーはないの?(自分の住みたいトコは他の人も住みたかった)

今日は大場町島地区の絶滅危惧種、日本ハッカの話です。町内に唯一自生する場所から取ってきて庭に2010年から植えていたのですが、これがなかなか気難し屋でした。

前回までのあらすじ

ところが今年、草刈りをした後に去年よりたくさんのハッカが芽を出しました。これは一体どういうことなのでしょう・・・
前回のお話は去年絶滅したのではないか?と思ったら、10年前、初めに移植した場所から3mも離れた所でかなりの数芽を出した・・・というところまででした。

それがこうなりました

ハッカも元気に育っていますが、他の草はさらに元気。ハッカの間からボーボーに噴出しています。前回かなり除草して住みやすくしてやったのになぁ・・・
ハッカも元気に育っていますが、他の草はさらに元気。ハッカの間からボーボーに噴出しています。何がなんだか見分けがつかない状態になっています。前回かなり除草して住みやすくしてやったのになぁ・・・

ハッカにはアレロパシーはないの?

今年は島地区の絶滅危惧種、野生のハッカのバックアップとして庭の隅に植えている日本ハッカに勢いがあります。
以前、ハッカがもう少し日陰の場所に生えていた時は他の草はほとんど出ていなかったので、自分たちだけがその場に栄えるように他の植物の邪魔をするシステム(Wikipediaではある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あるいは引き寄せたりする効果の総称。と言ってます。)アレロパシーを持っているものだとばかり思っていました。匂いのある植物ですしね。
左奥がヒシなのですが、水路の壁を見るとホテイアオイの勢いがわかります。
以前島地区の水路にはびこっていたホテイアオイ(外来種だそうです)はアレロパシーがあるそうです。
9/20の時点ではもっと花は増えていました。でも増えすぎて少し撤去してしまったのでしょうか。お疲れ気味で数は少ないようでした。
花も緑もきれいでしたが、とにかく増えるので除去されてしまい、今は見ることがありません。
ハッかに戻ります。3年かけて「自分の住みたい場所」に移動してきたハッカ。しかし、自分の住みたいトコは他の草にとっても居心地の良い場所だったということではないでしょうか?そこには苛烈な競争があります。人の手が加勢しているのにハッカ以外の草の勢いもすごいです。
ハッカに戻ります。中にはこのように立派な株もあります。10年かけて「自分の住みたい場所」に移動してきた甲斐があったようです。しかし、自分の住みたいトコは他の草にとっても居心地の良い場所・・・そこには苛烈な競争があります。人の手が除草で手助けしているのにハッカ以外の草の勢いもすごいです。
いくつか有望株があります。しかし秋までに何回も草取りをしなくてはならなそうです。
いくつか有望株があります。しかし秋までに何回も草取りをしなくてはならなそうです。

おしらせ

バックアップが取れなかったことで中断していた、サイトのメンテナンスを日曜に行なう予定です。

多分月曜からトラブル多発だと思うのでよろしくお願いします。(何をよろしくなのか・・・)具体的にはリンク切れが起きたり、PCで(特に古いブラウザで)ページが見られなくなったりすると思います。(スマホは大丈夫なはず)

今日はこんなところです。それではまた明日。

新三菱重工株式會社の耕うん機CT-90形ポスター

当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。

今日も「昔のカタログシリーズ」、もとい「昔のポスター」。伊藤産業機械さんのところで見た、新三菱重工株式會社の耕うん機、CT-90のポスターです。

これも昨日と同じく1952年〜1964年の間だけ存在した新三菱重工株式會社のポスターです。耕うん機は当然ですが、作業車に女性が採用されています。自動車のポスターなどは運転者ができるだけ目立たない(主張しない)ようにしているのに、きれいな服を着た上に、土が入るのじゃないか?と心配になるような靴を履いて作業をしています。これでは耕うん機と作業者、目があちこち行ってしまいます。なぜこんな売り方をしたのでしょう。
これも昨日と同じく1952年〜1964年の間だけ存在した新三菱重工株式會社のポスターです。耕うん機は当然ですが、作業者に女性が採用されています。自動車のポスターなどは運転者ができるだけ目立たない(主張しない)ようにしているのに、きれいな服を着た上に、土が入るのじゃないか?と心配になるような靴を履いて作業をしています。これでは耕うん機と作業者、目があちこち行ってしまいます。なぜこんな売り方をしたのでしょう。
当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。
当時の著名人ではないと思います。つまり匿名おねえさん。つばひろの帽子をアミダにかぶってわざわざ表情がよく見えるようにしているところから、商品を引き立たせるために目立たないようにする・・・という様子は感じられません。クルマの外見は感性に訴える部分が大きいですが、農機の外見は(特に耕うん機などは)感性に訴えるものはほぼ皆無です。その部分を大部分の購入層である男性に向けて女性作業車を採用することでで補おうとしたのかもしれません。
一方こちらはK500の作業風景。ギリギリ若いふたりの耕うん機を中心とした光景と捉えることはできるかもしれません。楽しそうではありますが、ヘビーな農作業デートであり、そのファッションもガッツリ作業着です。どう考えてもK700とK500の間には時間が横たわっています。そしてK500のカタログのほうが古い・・・そう考えるのが自然です。
作業者が本当に作業をしていると耕うん機も作業者もこのように「風景」となってしまいます。
これも同じくカタログ写真なのですが、白黒という点を割り引いてもあまりに自然すぎて「風景」となっています。農機カタログ写真の作業者に女性を採用するというのはある意味「発明」と言ってもいいかもしれません。
これも同じくカタログ写真なのですが、白黒という点を割り引いてもあまりに自然すぎて「風景」となっています。農機カタログ写真の作業者に女性を採用するというのはある意味「発明」と言ってもいいかもしれません。

耕うん機が珍しかった時は耕うん機の写真を「バーン」と全面に出しておけば良かったかもしれませんが、色々なメーカーが出てきて、どこも似たり寄ったりという状態になると女性作業者、女性モデルを採用したくなるのかもしれません。

ビールの法則

考えたらかなり身近にその例がありました。お約束のように各社女性が並んでいるビールのポスターです。しかも示し合わせたように海で水着でビールのジョッキです。ビールを一社だけが提供していればいいですけど、複数メーカーがあった場合、単体ではただの黄色い泡の出る液体で全く区別がつかないため、女性で区別しちゃおう・・・ということなのでしょう。新三菱重工株式會社時代には、耕うん機もこのような状態に突入しつつあったに違いありません。
考えたらかなり身近にその例がありました。お約束のように各社女性が並んでいるビールのポスターです。しかも示し合わせたように海で水着でビールのジョッキです。ビールを一社だけが提供していればいいですけど、複数メーカーがあった場合、単体ではただの黄色い泡の出る液体で全く区別がつかないため、女性で区別しちゃおう・・・ということなのでしょう。新三菱重工株式會社時代には、耕うん機もこのような状態に突入しつつあったに違いありません。
調べていたら興味深いページがありました。キリンのビール広告の歴史というページです。水着女性のポスターは戦前の1932年、昭和7年にはすでにあったそうです。液体の商品であるビールは、せいぜい容器やラベルで工夫するしかなく、ずいぶん前から広告では苦労していたと見えます。
調べていたら興味深いページがありました。キリンのビール広告の歴史というページです。水着女性のポスターは戦前の1932年、昭和7年にはすでにあったそうです。液体の商品であるビールは、せいぜい容器やラベルで工夫するしかなく、ずいぶん前から広告では苦労していたと見えます。
同じく液体の商品であるワインなどは、ビールで水着の1932年より10年も古い大正11年、1922年にこのようなポスターを作っていたと・・・同業他社が多くあり、商品単体では区別のつかない製品を販売する酒業という大先輩、お手本があったと言えるかもしれませんね。
同じく液体の商品であるワインなどは、ビールで水着の1932年より10年も古い大正11年、1922年にこのようなポスターを作っていたと・・・同業他社が多くあり、商品単体では区別のつかない製品を販売する酒業という大先輩、お手本があったと言えるかもしれませんね。
今はジェンダーレスですし、購買者以外にも配慮することが求められていて、これから先このような売り方をすることは難しそうです。
今はジェンダーレスですし、購買者以外にも様々な配慮をすることが求められています。これから先農機のポスターやカタログはどうなって行くか楽しみです。

今日はこんなところです。また明日!