変幻自在のマスクマン。角ダルマ顔は却下 FORD1720「撮りトラ」

素晴らしいコンディションのFORD1720。顔かたちから一目でシバウラ製と分かります。

今日は「在宅撮りトラに」とShioikaさんに送っていただいたFORD1720「撮りトラ」です。

なんの気なしに始めたら朝の短い時間ではとても解決できないような難問を抱えてしまいました。嬉しいようなツラいような・・・

とにもかくにもShioikaさん、ありがとうございます!

素晴らしいコンディションのFORD1720。顔かたちから一目でシバウラ製と分かります。
素晴らしいコンディションのFORD1720。顔かたちから一目でシバウラ製と分かります。

国内限定モデルでしょうか?

残念ですが運輸省型式認定番号はブランクでした。しかし、重要な情報が下の銘板に書かれています。 農業機械の種類 農用トラクター(乗用型) 型式名 シバウラ SD2640D 区分 - 車台型式 F174D 製造会社 石川島芝浦機械株式会社 シリアルナンバー - 商品名 FORD 1720・4WD 北海フォード株式会社 このFORD1720はシバウラSD2640Dだったんです。
残念ですが運輸省型式認定番号はブランクでした。しかし、重要な情報が下の銘板に書かれています。
農業機械の種類 農用トラクター(乗用型)
型式名 シバウラ SD2640D
区分 -
車台型式 F174D
製造会社 石川島芝浦機械株式会社
シリアルナンバー -
商品名 FORD 1720・4WD
北海フォード株式会社
このFORD1720はシバウラSD2640Dだったんです。そして扱いは北海フォード株式会社・・・

FORD1000の銘板はこう

あ!FORD1000はこんな顔です。
これがFORD1000ですと・・・
小型特殊自動車 運輸省形式認定番号 農721号 FORD 25 FORD TRACTOR F 1000 MODEL F25 CHASSIS・NUMBER 10702 ENGINE NUMBER LE892- ISHIKAWAJIMA,SHIBAURA MACHINERY CO.,LTD
小型特殊自動車
運輸省形式認定番号 農721号

小型特殊自動車型式認定番号で行くと、農721号。シバウラS1500の農720号1番違いです。

FORD 25
FORD TRACTOR
F 1000
MODEL F25
CHASSIS・NUMBER 10702
ENGINE NUMBER LE892-
ISHIKAWAJIMA,SHIBAURA
MACHINERY CO.,LTD

タグの感じからして北海フォード株式会社扱いで国内オンリーはなく、FORD直々扱いで外にも売られていたような雰囲気です。

北海フォードはこんなものも生み出していました

リヤタイヤが扁平でカッコイイ!HOKKAIFORD 180と書いてはありますが、どう見てもFORDっぽくないです。色は青ですけど・・・
日の本E18のHOKKAIFORD 180です。色は青ですが、FORD1720に比べるとかなりやっつけ感のあるFORD化。
銘板です。 日の本(農用)トラクター トラクター型式E18 エンジン型式 S111 定格出力 18ps/2300rpm 最高回転数 2500rpm (発売元) 北海フォードトラクター株式會社 (製造元)株式会社 東洋社 とあります。
銘板です。
日の本(農用)トラクター
トラクター型式E18
エンジン型式 S111
定格出力 18ps/2300rpm
最高回転数 2500rpm
(発売元)
北海フォードトラクター株式會社
(製造元)株式会社 東洋社
とあります。ここはまったくフォード臭がしません。

ベースになったシバウラSD2640Dは?

シバウラ2640です。2640Dではなく2640。シバウラ2640は農研機構のWEBサイトによると登録が1976年。3気筒26馬力ディーゼルでした。(とても情報が少ないです)思ったより古いトラクターでびっくりです。ダルマみたいなかわいらしい顔と「四角くて丸いという」独特のデザインのせいでしょうか?
シバウラ2640です。2640Dではなく2640。DありとDなしの違いはミッションの段数その他のようなので、姿形は2640Dと同じだと思います。シバウラ2640は農研機構のWEBサイトによると登録が1976年。3気筒26馬力ディーゼルでした。小型特殊の運輸省型式認定番号は農1098号でした。フォード1000のように別に型式認定を受けている様子はなく、次の番号農1099号は日の本E14Dでした。

角ダルマ顔は却下?

いつもいつも収穫があるとはかぎらないなあ・・・今日はこれでおしまいです。また明日!
このトラクターの顔は本当にユニーク。角ダルマ顔です。しかし、日の本E18はそのまんま北海フォード180として売られたのに、北海フォード1720はSD2640Dを単に青く塗って出せば良いのにそうはなっていません。わざわざ別のエンジンフードに交換されています。
オリジナルの角ダルマ顔ではなく、当時の末尾00FORDに似せたかったのでしょうか・・・
オリジナルの角ダルマ顔ではなく、当時の末尾600FORDに似せたかったのでしょうか・・・
tractordata.comによればFORD1000は1973年〜1976年、シバウラ製2気筒1 .3Lディーゼルで25馬力/2500rpmだそうです。
そういえばFORD1000は末尾000のFORDにかなり寄せて作られていますものね!

この顔のベースは?

シバウラS-30Aです。年式がわかりません。農研機構に登録のある1976年以降には記載がありませんので、1976年より古いものと思われます。また、tractordata.comにも記載がないので、輸出もされていない感じです。
やはりルーツはこれ、シバウラS-30Aでしょう。ただ、グリルを囲むベゼル部分というか額縁部分が太く見えますから、この次のS30DやS1000やS1500が直接の流用元だと思います。
上がS-30A下がS30Dです。目の位置が「ドン」と下になってしまいました。エンジンが違うのでオイルバスフィルターやマフラー形状が違います。それからウインカー類・・・S30Dはかなりカッコよくなっています。下回りはほとんど同じに見えますね・・・
上がS-30A下がS30Dです。横のラインはほぼ同じなのでグリルの出し入れで額縁を細く見せていると思われます。

あ”〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ。イントロダクションで時間がなくなってしまいました。まだ課題にもたどり着いていないのに・・・

この続きは明日です。それではごきげんよう!

 

謎の耕うん機はクボタKMB20型。エンジンは載せ変え!

またLP660というのも同じく検索してみました。妙にカッコいい耕うん機です。ただ、目的のものとはまったく違いますし、操作レバーがハンドルの付け根につくレイアウトもKME型と共通でこれまた違います。

昨日からのクボタ型式不明耕うん機の捜査ですが、結論から言うと見た人から寄せられた情報でほぼ納得できるレベルで解決してしまいました。

これがその耕うん機。トラクターの操作レバーは両手の手元の二カ所だけ。新しいものはハンドルの付け根部分にも操作レバーが並んでいるものが多いので、そこそこ古いものだと思います。メーカーはクボタ。写真が少なく特定に苦労しています。
これがそのクボタの耕うん機。トラクターの操作レバーは両手の手元の二カ所だけ。「もうちょっとだけ迫れたかな」と思うところもありますが、教えてもらわなければ納得できるレベルまでは行かなかったでしょう。

せっかくなので僕のたどり着いたところまでまず続けてみます。

この耕うん機に乗っているエンジンがクボタディーゼルER90というのはほぼ間違いないと思います。ER90型ディーゼルエンジンは1966(昭和41)年発売され、同年発売の耕うん機は・・・

KME180・200・230型、LP660-H型・M-80型・RV-70型、乗用耕耘機G12型(アメリカ向け)となっていました。

KME型ではなさそう

KME型として検索してみるとかなり近いものが見つかりました。ER90型のエンジンが載っていることがわかります。しかし、操作部分がカタログ写真と同じように複雑で僕の見たものと違います。
昨日も並べましたが、ネットで探してみるとKME型はハンドル付け根部分に新たなレバーがあり、シンプルな僕の見たものより新しい感じがします。
KME末尾01型も同じような操作系で、KME型は候補から外れます。
KME末尾01型も同じような操作系で、KME型は候補から外れます。

LP660も違うかな

またLP660というのも同じく検索してみました。妙にカッコいい耕うん機です。ただ、目的のものとはまったく違いますし、操作レバーがハンドルの付け根につくレイアウトもKME型と共通でこれまた違います。
またLP660というのも同じく検索してみました。妙にカッコいい耕うん機です。ただ、目的のものとはまったく違いますし、操作レバーがハンドルの付け根につくレイアウトもKME型と共通でこれまた違います。
それにしてもかなり今風で衝撃をうけちゃいました。よく見るとエンジンの上のカバーだけでそのイメージを一手に担っています。うまいこと考えたなあ・・・

M-80も違う・・・

MR80もネットで探してきました。これはER75というエンジンが載っているそうです。ER75はER90と同じく1966年に発売されたエンジンです。
M-80もネットで探してきました。これはER75というエンジンが載っているそうです。ER75はER90と同じく1966年に発売されたエンジンです。これもやはりこの年の耕うん機の操作系を踏襲し複雑なものとなっていて、僕の見た耕うん機と違います。

RV70型は?

1964 KUBOTA Tractor RV70 10PS 機種名:クボタトラクタ 形式・仕様:RV-70型 10馬力 製造国・国:(株)クボタ 日本 導入年度:1964(昭和39)年 使用経過:水田地帯に多く導入された機種で、乗用耕耘機として人気が高かった。 主な作業はロータリでの耕耘。
RV70は以前スガノ農機「土の館」で見ていました。乗用耕耘機なのでもちろん違います。これ1966年生まれだったんですねぇ・・・コイツのキャプションには導入年度:1964(昭和39)年とあったのですが・・・

アメリカ向けG12

ネットで探してみました。!これかわいい!!オリジナルより全然いいじゃないですか!!McCulloch(なんと読むのでしょう?マックローチ?)という会社から販売されていたようです。
ネットで探してみました。!これかわいい!!オリジナルより全然いいじゃないですか!!McCulloch(なんと読むのでしょう?マックローチ?グーグルに読ませるとマカロックと出てくる・・・)という会社から販売されていたようです。もちろんコイツも違います。
トラクターらしからぬ色に衝撃を受けてしまいました。
トラクターらしからぬ色に衝撃を受けてしまいました。
L型かT型か・・・クボタは普通のトラクターも供給していたようです。
L型かT型か・・・クボタは普通のトラクターも供給していたようです。

とにかくみんな違った・・・捜査は行き詰まる

僕の見た機体の操作部分を拡大してみました。1966年以降でこのような機構を持った耕うん機・・・
少し脱線してしまいました。とにかくこの年の耕うん機はすべて操作系が僕の見たものと異なっていました。ただのパイプをループに曲げたハンドル。少ない操作レバー・・・もっと古いようなものの気がしてきました。
名前のわからない古いクボタの耕耘機。マフラーがこの位置にあるのは元々ユニークなレイアウトだったのか、折れてここに置いてあるのか、写真を撮ったときにはあまり関心を払っていなかったのでわかりません。古いわりにはすごく考えられてギュッとコンパクトにまとまったエンジンがカッコいいです。
以前見た名前のわからない古いクボタの耕耘機。これだとループハンドルにカバーが付いた形で近いです。しかし、カバー形状もオシャレで凝っているし、レバーも少し数が多い・・・これより古いなんてことがあるんだろうか・・・

救世主あらわる

上の耕うん機の時もコメントをいただいていました。昨日もコメントをいただきました。古鉄さんです。

この耕耘機はKMB20型かと思います。
エンジンは載せ変えてます。時代が合いません。

ありがとうございます!古鉄さん。「エンジンを載せ変えている」これはキツイです。初心者にはハードルが高い・・・どうりでわからないはず。

KMB20

早速調べてみると少ないながら画像もありました。なんとホッパ式の横水が載っています。ハンドルまわりの形状やエンジンマウントの形状、取付け穴など・・・かなり共通点が見受けられます。なんと!こんなに古いものでもエンジンを載せ換えると結構新しいものに見えてしまいます。
早速調べてみると、少ないながら画像もありました。なんとホッパ式の横水が載っています。ハンドルまわりの形状やエンジンマウントの形状、取付け穴など・・・かなり共通点が見受けられます。こんなに古いものでもエンジンを載せ換えると結構新しいものに見えてしまうものなのですね。

動画がありました。これで間違いなさそうです。KMB20は久保田鉄工の社史「久保田鉄工80年の歩み」によると、1958(昭和33)年発売。ER90ディーゼルエンジンが1966年で8年サバを読んでいたのでした。

詳しい人の助けもあって久々に今日はスッキリしました。

おまけに僕としてはLP660とMcCullochトラクターに出会えたのも収穫です。

古鉄さんありがとうございました!それではまた明日!