1 2 3 4 5 6 1,521

よちよち歩きは特に注意が必要です!昨日びっくりしたこと。

昨日は一人で仕事しながら家でお留守番でした。一人にでいると、静かなので色々なことが気になるものです。

 

『カサカサ』『カリカリ』小さな音ですが、時おり聞こえてくるのです。耳を澄ますと・・・もう聞こえない。

 

最近スズメのヒナが二階で孵ったようだから、ストーブの煙突の上に遊んでいるのかな???

 

ん??何かもっと近くで音がしているような気がする・・・

ん??何かもっと近くで音がしているような気がする・・・

 

まさか!まさか?! 念のためにストーフの扉を開けてみると、冬の燃えさしが「ごとん」と出てきて、さらに、「ピヨピヨ」 ススで真っ黒のスズメの雛がいるじゃないですか!!! あんな狭い煙突のトップのスリットから入り込み、100φの狭い煙突の中を通ってきて、ストーブの燃焼室で騒いでいたのです!!

まさか!まさか?! 念のためにストーフの扉を開けてみると、冬の燃えさしが「ごとん」と出てきて、さらに、「ピヨピヨ」

ススで真っ黒のスズメの雛がいるじゃないですか!!!

あんな狭い煙突のトップのスリットから入り込み、100φの狭い煙突の中を通ってきて、ストーブの燃焼室で騒いでいたのです!!

 

「!」一瞬見合ったのですが、すぐにスズメは飛び出して部屋の中を飛び回ります。

「!」一瞬見合ったのですが、すぐにスズメは飛び出して部屋の中を飛び回ります。

 

「!」一瞬見合ったのですが、すぐにスズメは飛び出して部屋の中を飛び回ります。窓を開けてやろうとするのだけれど、驚いて別のほうへ行ってしまいます。

窓を開けてやろうとするのだけれど、驚いて別のほうへ行ってしまいます。

 

スズメのヒナはコーフンしているので、明るい窓に向かって闇雲に体当たり。「冷静になれよっ!」

スズメのヒナはコーフンしているので、明るい窓に向かって闇雲に体当たり。「冷静になれよっ!」「窓を開けてやったじゃないかっ!」

 

家中の窓を開けたところでやっと外に出て行きました。

家中の窓を開けたところでやっと外に出て行きました。

 

きっとスズメにとっての煙突がちょうどこのガラス棒にあたるのでしょう。スズメは煙突の中では飛べないんです。

昔、ハエ取りのこんな器具を見たことがあります。漏斗の先に小さなフラスコが付いたような形をしています。

天井にとまったハエにかぶせると・・・

ハエは暴れて漏斗のすり鉢を転げ落ち、細いガラスの管ではなす術もなく落ちて行き、したの水にドボン。

ハエは細い管の中を飛ぶことはできないみたいなのです。

きっとスズメにとっての煙突がちょうどこのガラス棒にあたるのでしょう。スズメは煙突の中では飛べないんです。

 

スズメもそうですが、ツバメも初心者マークのヒナが飛び回っています。そしてネコの子供もウロウロ・・・どうも生き物にとって6月はベビーラッシュのようです。

 

小さな子供は危険を察知する能力はまだまだ低いですものね。だいたいストーブに鳥が入ったのは初めてですし・・・

 

お母さんがほんのちょっと目を離したスキの事故。いつからストーブの中に居たんだろう・・・カサカサ音がしていたのは今日だけじゃないような気がしてきた。

 

人間のお母さんも気をつけてくださいね。子供達は「マサカ」ってことを一瞬でやってしまう天才ですから・・・。

トラクターのシートに注目!ビクターオートCT101「撮りトラ@土の館」

今日は北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、STHILの空冷単気筒ディーゼルをミッドシップに積んだチェリートラクターCT101トラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

 

エンジンは車軸の中央に納まる完全なミッドシップです。もともと三輪タイプのトラクターから進化したためでしょう。一輪から二輪に変更した前輪部分がかさばったために、しかたなくこのようなレイアウトになったのでしょうね。

エンジンは車軸の中央に納まる完全なミッドシップです。もともと三輪タイプのトラクターから進化したためでしょう。一輪から二輪に変更した前輪部分がかさばったために、しかたなくこのようなレイアウトになったのでしょうね。前輪ユニット+燃料タンクがエンジンの前にボルトオンされています。

 

チェリートラクタ 1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本) CT-101型 10馬力 1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。 9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。 1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。 同型は4年間に道内に136台導入された。

キャプションには目を引くところはありませんねえ

チェリートラクタ

1956年(昭和31) ビクターオート㈱製 (日本)
CT-101型 10馬力

1957年(昭和32) 常呂町 長谷川が導入。
9年使用したものを今橋が譲り受け長く使用した。

1953年(昭和28)弘前市の神農工社がトラクタの開発に入り、三輪タイプを商品化している。

同型は4年間に道内に136台導入された。

CHERRY TRACTOR

YEAR: 1956(Showa 31) Manufacturer: Victor Auto (Japan)
Model: CT-101 Output: 10ps

This tractor was purchased by Mr.Hasegawa of Tokoro-machi in 1957(Showa 32). After using it for 9 years, it was passed on to Mr. Imahashi who used it for some time to follow.

 

シート部分を拡大してみましょう。背当ては付いていますが、オモチャのように頼りないシートは前支持で、後ろがバネでストロークするようになっています。

シート部分を拡大してみましょう。背当ては付いていますが、オモチャのように頼りないシートは前支持で、後ろがバネでストロークするようになっています。

 

どのくらいのバネだかわかりませんが、ちょっと体重がある人なら底付きしてしまうのではないでしょうか?

どのくらいのバネだかわかりませんが、ちょっと体重がある人なら底付きしてしまうのではないでしょうか?

 

ちゃんとストッパーは付いているようです。ただ、座り心地はよくなかったでしょうねえ・・・

拡大してみます。ちゃんとストッパーは付いているようです。ただ、座り心地はよくなかったでしょうねえ・・・

 

働き方改革が議論されている昨今からしたら、このシートで朝から晩まで作業しなくてはならないというのはゾッとすることで、緊急に改善しなくてはならない問題です。きっとそうやってトラクターのシートは少しずつよくなって来たのでしょう。でも、このようなトラクターが登場する以前は、動物を使って、もしくは働く人本人が長時間道具を使って土を耕していたことを考えると、ブラックとかホワイトとかは相対的なものとも言えます。今までホワイトだったものがブラックに変わるオセロゲームみたいなもの。もしかしたら技術革新はブラックをホワイトに変え、ホワイトは時が経つとブラックになり、またそれを技術でホワイトに変える・・・永遠のイタチごっこなのかもしれません。と、いうことは技術そのものがそのサイクルを生み出しているとも考えられます。そこまで考えて、なんだか少し「どよ〜ん」という気持になってしまうのでした。

働き方改革が議論されている昨今からしたら、このシートで朝から晩まで作業しなくてはならないというのはゾッとすることで、緊急に改善しなくてはならない問題です。きっとそうやってトラクターのシートは少しずつよくなって来たのでしょう。でも、このようなトラクターが登場する以前は、動物を使って、もしくは働く人本人が長時間道具を使って土を耕していたことを考えると、ブラックとかホワイトとかは相対的なものとも言えます。今までホワイトだったものがブラックに変わるオセロゲームみたいなもの。もしかしたら技術革新はブラックをホワイトに変え、ホワイトは時が経つとブラックになり、またそれを技術でホワイトに変える・・・永遠のイタチごっこなのかもしれません。と、いうことは技術そのものがそのサイクルを生み出しているとも考えられます。そこまで考えて、なんだか少し「どよ〜ん」という気持になってしまうのでした。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (やすひろより[06/24]) トヨタのトラクターっ
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/23]) こんばんは。deut
  • ステキな書類ケース!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/23]) こんばんは。そのとお
  • 体の負担軽減はオプション? DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その2へのコメント (noraより[06/23]) 六郎田さん こんにち
  • DEUTZ D40L残りの写真・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/23]) 六郎田さん こんにち
  • ステキな書類ケース!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/23]) 六郎田さん こんにち
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/23]) 六郎田さん こんにち
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/23]) やすひろさん こんに
  • 体の負担軽減はオプション? DEUITZ D25 1963ミニチュア「撮りトラ」その2へのコメント (六郎田一馬より[06/23]) おはようございます。
  • DEUTZ D40L残りの写真・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/22]) こんにちは。メーター
  • ステキな書類ケース!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/22]) おはようございます。
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/22]) おはようございます。
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (やすひろより[06/19]) noraさん MF
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) 六郎田一馬さん おは
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) やすひろさん おはよ
  • ちょっとエイジングが効きすぎ?サーモンピンクのクボタSMZ95パワクロ「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • 小さいキカイも手を(外観に?)抜かない。ヤンマー管理機いろいろ@ダイナミックフェア2017へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/16]) こんにちは。d40l
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械