1 2 3 4 5 6 1,611

工夫次第でまだまだ違いを出せそう!トルコのHATTAT T4110「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」

今日はhokkaidoujinさんにお招きいただき行ってきた、第34回国際農業機械展in帯広で見た、トルコのトラクターメーカー、HATTATのT4110「撮りトラ」です。

 

HATTAT T4110です。 可愛らしい顔に力強い装備。初めて見るトラクターメーカーです。

HATTAT T4110です。
可愛らしい顔に力強い装備。初めて見るトラクターメーカーです。

 

こんなバッジが付いています。6角形のハニカム模様。バッジの裏もハニカム模様なら、背後のネットもハニカム模様。

こんなバッジが付いています。6角形のハニカム模様。バッジの裏もハニカム模様なら、背後のネットもハニカム模様。

 

WEBページを見てみると、マッセイファーガソン風のトラクターやヴァルトラが並んでいます。どちらかといえばライセンス生産や委託生産のメーカーなのでしょうか?正式にはHattatTarımというようで、Hattat Holding傘下でHattat、Valtra、 Ursusブランドの農業用トラクターを製造しています。

WEBページを見てみると、マッセイファーガソン風のトラクターやヴァルトラが並んでいます。どちらかといえばライセンス生産や委託生産のメーカーなのでしょうか? 正式にはHattatTarımというようで、Hattat Holding傘下でHattat、Valtra、 Ursusブランドの農業用トラクターを製造している、1998年創業の比較的新しい会社です。

 

マッセイファーガソンのライセンスでしょうけど、名前はHATTATです。バッジも例のハニカム模様。

作っているのはこういうのです。マッセイファーガソンのライセンスでしょうけど、名前はHATTATです。バッジも例のハニカム模様。

 

エンジンもパーキンスエンジンでしょうから、旧車を新車で買える感覚?(何だかややこしい表現)

エンジンもパーキンスエンジンでしょうから、MFの旧車を新車で買える感覚?(何だかややこしい表現)

 

こちらも作っています。Valtra A5 ブランドはヴァルトラのままです。バッジもValtra

こちらも作っています。Valtra A5 ブランドはヴァルトラのままです。バッジもValtra

 

そしてこちらはHATTATオリジナルなのでしょう。T4000シリーズ。サイドの流麗なフォルムとは対照的なドラえもん顔というか何というか・・・ユニークかつ個性的です。

そしてこちらはHATTATオリジナルなのでしょう。T4000シリーズ。サイドの流麗なフォルムとは対照的な、ドラえもん顔というか何というか・・・ユニークかつ個性的です。

 

機種名 トラクター メーカー/原産国 ハタット/トルコ 型式 T4110 仕様/規格 MAX馬力:113馬力 ギアボックス:メカニカル ●パーキンスエンジン 4シリンダー ●ハタット ミッション ●リアリフト揚力 4,500kg 販売価格(税込) ¥5,940,000 税抜き価格 ¥5,500,000 消費税額 ¥440,000 引渡し条件 ●展示品限定価格 ●フロントリフト(¥600,000-別途税別)  何だか安い感じ・・・と思ったら、展示品限定価格なんですね。

機種名 トラクター
メーカー/原産国 ハタット/トルコ
型式 T4110
仕様/規格 MAX馬力:113馬力 ギアボックス:メカニカル
●パーキンスエンジン 4シリンダー
●ハタット ミッション
●リアリフト揚力 4,500kg
販売価格(税込) ¥5,940,000 税抜き価格 ¥5,500,000 消費税額 ¥440,000
引渡し条件 ●展示品限定価格 ●フロントリフト(¥600,000-別途税別)
何だか安い感じ・・・と思ったら、展示品限定価格なんですね。

 

う〜ん・・・ユニーク。これを見て一番最初に思い浮かんだのは星飛雄馬。ほっぺたの模様がすごく印象的。

う〜ん・・・ユニーク。これを見て一番最初に思い浮かんだのは星飛雄馬。ほっぺたの模様がすごく印象的。

 

あのヒゲのような両頬の3本線って何だったのでしょう・・・ほっぺたが荒れてカサカサになってひび割れているのかなあ・・・

あのヒゲのような両頬の3本線って何だったのでしょう・・・ほっぺたが荒れてカサカサになってひび割れているのかなあ・・・

 

このトラクターで一番気に入ったのは実はここです。ただの丸いランプなのに、ちょっと吊り目がちに見えませんか? 普通に取付けると「ほわん」としたただの丸目になっちゃうところを、照射に関係ないところを少し斜めにカットして「キリッ」とした感じに仕上げています。工夫ですよねえ・・・デザインに合わせ、特注っぽいLEDの怖い目が主流ですけど、「こんな風に既製品で違いを出すことも可能なんだ」と改めて思いました。

このトラクターで一番気に入ったのは実はここです。ただの丸いランプなのに、ちょっと吊り目がちに見えませんか? 普通に取付けると「ほわん」としたただの丸目になっちゃうところを、照射に関係ないところを少し斜めにカットして「キリッ」とした感じに仕上げています。工夫ですよねえ・・・デザインに合わせ、特注っぽいLEDの怖い目が主流ですけど、「頭を使えば既製品で違いを出すこと、まだまだ可能なんだ」と気づかされました。ユニバーサルな部品を使って違いを生み出し、むやみに製品価格を上げないデザイン。ちょっと意味は違うかもしれませんが、これぞユニバーサルデザイン!って感じです。

 

今年もあと少しで、ちょっと時間に追われ気味です。今日はこんなところで・・・HATTAT、まだ続きます。

 

それではごきげんよう、また明日!

 

 

 

 

昭和48年、1973年生まれ。赤いトラクターと併売?青いD1500「撮りトラ」

今日はhokkaidoujinさんの案内で見た、三菱トラクターD1500「撮りトラ」です。年表を見てみると、赤いR2000GやR2500Gと重なっている部分もあり、赤と青、併売されていた可能性があります。

並べてみるとかなり違う感じがして、「当時は賛否両論あったろうな」と想像されます。

 

・・・と、書き出してしまってから出す写真がこれっていうのも申し訳ないのですが・・・プラスチックのグリルに直接ヘッドランプが取付けられていたようで、経年劣化なのか割れて落ちてしまったようです。おまけに冗談のような煙突マフラー。多分、空き缶をマフラーにかぶせるぐらいの軽い気持。最長45歳。もっともっと程度の良いD1500だってあるとは思いますが、この機体はすざましいヤレ具合です。

・・・と、書き出してしまってから出す写真がこれっていうのも申し訳ないのですが・・・プラスチックのグリルに直接ヘッドランプが取付けられていたようで、経年劣化なのか割れて落ちてしまったようです。おまけに冗談のような煙突マフラー。多分、空き缶をマフラーにかぶせるぐらいの軽い気持。最長45歳。もっともっと程度の良いD1500だってあるとは思いますが、この機体はすざましいヤレ具合です。

 

これが年表。もしかしたらここにあるD1500と、写真のD1500は違うものである可能性もありますが、写真のD1500がこの年表のST1500(D1500)であるとすると、赤のR4ケタ形と重なっています。

これが年表。もしかしたらここにあるD1500と、写真のD1500は違うものである可能性もありますが、写真のD1500がこの年表のST1500(D1500)であるとすると、赤のR4ケタ形と重なっています。

 

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

 

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

いかにも昔っぽいオイルバスフィルターが飛び出したR2500G

 

この色の切りかえ、もっと大きいのではどうなっていたのでしょう。これを見る限りD2500は顔が白、シートクッションは黒ですね。「青年のような青いトラクター」と「トラクターは機械です。 数字がその実力を正直に語ります。 トラクターは数字で選びましょう。」というところは他と変わっていません。

Dトラと呼ばれているんですね!三菱D1300/D1800/D2000/D2500/サトーST1300「昔のカタログ」の時に紹介したカタログです。新25馬力というのはR2500Gに対しての表記だと思います。丸みを帯びた赤いR2500Gに対して、青く、しかも少し角張ったスタイル。それにプラスチックのグリルが白。そのコントラストが強いからすごく小顔に見えます。人々は三菱は大きく変わったという印象を持ったに違いありません。

 

「アッ!」「オッ!」「イー!」青いトラクター

そしてこちらはD1500とD1800のカタログ。新15馬力、新18馬力と書いてあるのは、R1500G、R1800Gという赤いトラクターも売っていたからなのでしょう。R1500Gは1972年後半まで、R1800GはD1800の発売された1973年後半まで売られていたようです。と、いうことは1973年は赤青入り交じっていたことになります。

 

エアクリーナーは乾式になったのでしょう。スッキリした外観は、確かに青年のようなトラクターと言って良いかもしれません。

エアクリーナーは乾式になったのでしょう。スッキリした外観には、青が似合うかもしれません。

 

赤の数字は色がすっかり飛んでしまって見えにくいですが、確かに1500と書いてあります。

赤の数字は色がすっかり飛んでしまって見えにくいですが、確かに1500と書いてあります。

 

パネル部分は黒だったのでしょうか。こんなところも新しかったのでしょうね。

パネル部分は黒だったのでしょうか。こんなところも新しかったのでしょうね。

 

三菱トラクターR2500Gです。tractordata.comによれば、青いDトラの前の赤い三菱・・・1970年〜1975年製造。車体のプレートによると、1192cc2気筒ディーゼル25馬力/2700rpmです。

こちらはR4ケタシリーズ。インパネはボディと共色。付いているものは同じだけど、D型のほうは見せ方を工夫している感じです。今までのトラクターの作りを踏襲するのではなく、例えば「最新のクルマ風」とか「流行のスクエアスタイル(そんなものがあったとすれば)」のような、トラクター以外からエッセンスを取り入れる感じで作ったのでしょう。

 

なぜか最後がこの写真になっちゃいました。色々あってもこの煙突の破壊力はすごいです。

なぜか最後がこの写真になっちゃいました。色々あってもこの煙突の破壊力はすごいです。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (一柳進より[12/15]) コマツWD50トラク
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (木田ヤスオより[12/03]) ハンドルの脇のスイッ
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/02]) shiroemodo
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/02]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (shiroemodonより[12/01]) この時代の耕深制御だ
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/30]) 輸入車のジャッキって
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (noraより[11/25]) 山葵さん こんにちは
  • システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」へのコメント (山葵より[11/24]) あっ!これです!この
  • トラクターらしからぬ色が似合うわ〜。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[11/23]) H2さん こんにちは
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械