ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」

低くワイドなボディ。超絶朝顔式ハンドルのステアリングが特徴的です。(朝顔式についてはこちらのリンクでご覧ください)

今日は某所で見たゼトアトラクター(ZETOR)TZ5714「撮りトラ」です。ゼトアは井関農機が1966(昭和41)年中頃から1977(昭和52)年の終わり頃まで、中馬力帯〜高馬力帯のトラクターーラインナップを補う形で輸入販売していました。

 

低くワイドなボディ。超絶朝顔式ハンドルのステアリングが特徴的です。(朝顔式についてはこちらのリンクでご覧ください)
低くワイドなボディ。超絶朝顔式ハンドルのステアリングが特徴的です。(朝顔式についてはこちらのリンクをご覧ください)

 

1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家、いまはなきチェコスロバキア製です。そういう色眼鏡で見るせいか、シンプルで装飾の少ないデザインが東欧の雰囲気を醸し出しているように感じます。
1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家、いまはなきチェコスロバキア製です。そういう色眼鏡で見るせいか、シンプルで装飾の少ないデザインが東欧の雰囲気を醸し出しているように感じます。

 

東欧の中のニッポン。僕が気に入ったのはここです。伸し餅みたいなコンクリの載った自作おもり載せ台。鉄筋を曲げて作った枠の柱が2本だけ異形鉄筋です。きっと材料が足りなくなっちゃったんです。その2本を対角線に配置したところがイイです。僕だったらトラクター側(後列)に回しちゃうなァ。
東欧の中のニッポン。僕が気に入ったのはここです。伸し餅みたいなコンクリの載った自作おもり載せ台。鉄筋を曲げて作った枠の柱が2本だけ異形鉄筋です。きっと材料が足りなくなっちゃったんです。その2本を対角線に配置したところがイイです。僕だったらトラクター側(後列)に回しちゃうなァ。ライトガードもいい感じです。

 

フェンダー裏に工具箱が見えますね。tractordata.comで調べてみると末尾2や4のZETORは見つかりません。もしかしたらイセキ用の番号だったのかもしれません。 tractordata.comに記載のある中で一番近いのは、ZETOR5711で1972年〜1978年で2WD ZETOR3.1L4気筒ディーゼル58馬力2200rpmとなっています。
フェンダー裏に工具箱が見えますね。tractordata.comで調べてみると末尾2や4のZETORは見つかりません。もしかしたらイセキ用の番号だったのかもしれません。
tractordata.comに記載のある中で一番近いのは、ZETOR5711で1972年〜1978年で2WD ZETOR3.1L4気筒ディーゼル58馬力2200rpmとなっています。

 

一方、インパネの少し下についている銀色のプレートに記載されていたのは・・・ ZETOR ヰセキ 名称 ゼトアトラクタ 型式 TZ5714 3.118ℓ 58ps/2200rpm 井関農機株式会社 とあり、5711と同じスペックです。イセキの社史である井関農機60年史によると、TZ5714はTZ5711の後継として1973(昭和48)年から
一方、インパネの少し下についている銀色のプレートに記載されていたのは・・・

ZETOR ヰセキ
名称 ゼトアトラクタ
型式 TZ5714
3.118ℓ 58ps/2200rpm
井関農機株式会社

とあり、5711と同じスペックです。イセキの社史である井関農機60年史によると、TZ5714はTZ5711の後継として1973(昭和48)年中頃から1977(昭和52)年の終わり頃まで販売されていたようです。

 

イセキで販売していたZETOR5511は社史の年表によると、1968年(昭和43年)中頃から1971年(昭和46年)中頃まで販売されていたもようです。保存状態が良く、ツルツルピカピカです。とても50年前のものとは思えません。
以前紹介したイセキで販売していたZETOR5511のカタログ。社史の年表によると、1968年(昭和43年)中頃から1971年(昭和46年)中頃まで販売されていたもようです。ZETOR5511のスペックは

ゼトア5511
銘柄形式 ゼトア5501
種類 ディーゼル
冷却方式 水冷
サイクル数 4
シリンダー数 4
内径×行程(mm) 95×110
総行程容積(cc) 3,120
圧縮比 17.9:1
出力(ps) 57
定格回転数(r.p.m) 2,200
車両総重量(kg) 2,270
荷重 前輪(kg) 900
荷重 後輪(kg) 1,370
全長(本体のみ・mm) 3,475
全巾(標準状態・mm) 1,740
軸距(標準状態・mm) 1,620
輪距 前輪最大 1.725
輪距 前輪最小 1.330
輪距 後輪最大 1.800
輪距 前輪最小 1.425
最低地上高(mm) 460

とあり、排気量が同じことから5714と同じエンジンだと思われます。

 

パワーアシストつきステアリングのようですね。東欧のエンジン、見た目がなんか違います。
パワーアシストつきステアリングのようですね。東欧のエンジン、見た目がなんか違います。

 

ハンドルの前は燃料タンクでしょうか?すごく大きいです。その前に4気筒のエンジン。・・・となると、あとはラジエターとバッテリーのスペースなのでしょうけど、ずいぶん前が長いですね・・・それともう一つ。フロアが箱状に囲われているのが気になります。足元、かなり広いのかもしれません。
ハンドルの前は燃料タンクでしょうか?すごく大きいです。その前に4気筒のエンジン。・・・となると、あとはラジエターとバッテリーのスペースなのでしょうけど、ずいぶん前が長いですね・・・それともう一つ。フロアが箱状に囲われているのが気になります。足元、かなり広いのかもしれません。

 

ヰセキラインナップのうち、大型の部を担っていたゼトアTZ5714も1976(昭和51)年、T5000/T6500の完成と共にお役御免になったみたいです。
ヰセキラインナップのうち、大型の部を担っていたゼトアTZ5714も1976(昭和51)年、T5000/T6500の完成と共にお役御免になったみたいです。

 

井関農機の社史である井関農機60年史によると、畑はともかく水田に弱みがあったそうです。そこで1973(昭和48)年から水田専用の機能部分(ステアリングブレーキ・クラッチ)をイセキで組み付けることになったとあります。
井関農機の社史である井関農機60年史によると、ゼトアは畑はともかく水田に弱みがあったそうで、1973(昭和48)年から水田専用の機能部分(ステアリングブレーキ・クラッチ)をイセキで組み付けることになったとあります。

 

そして、このTZ5714はちょうどローンチが1973(昭和48)年!ということは、水田専用の機能部分(ステアリングブレーキ・クラッチ)付きのものが5714なのではないでしょうか?それならtractordata.comに5714の型番の記載がないのも、5714が水田仕様の日本限定バージョンと考えれば整合がとれます。
そして、このTZ5714はちょうどローンチが1973(昭和48)年!ということは、水田専用の機能部分(ステアリングブレーキ・クラッチ)付きのものが5714なのではないでしょうか?それならtractordata.comに5714の型番の記載がないのも、5714が水田仕様のイセキ製日本限定バージョンと考えれば整合がとれます。

 

今日はまあまあスッキリした感じです。また明日!

 

 

 

 

システムとマチックのせめぎ合い。60年代のイセキ(ZETOR)TZ5511/TZ4511/TZ3511「昔のカタログ」

1968年(昭和43年)中頃から1971年(昭和46年)中頃まで販売されていたゼトア4511/3511のカタログは白黒+1色で、フルカラーだった5511のカタログに比べてグッと60年代っぽくなっています。

今日は昨日からの続き、札幌農学校第二農場で見た、井関農機ゼトア5511/4511/3511のカタログ、「昔のカタログシリーズ」その2です。

 

1968年(昭和43年)中頃から1971年(昭和46年)中頃まで販売されていたゼトア4511/3511のカタログは白黒+1色で、フルカラーだった5511のカタログに比べてグッと60年代っぽくなっています。
1968年(昭和43年)中頃から1971年(昭和46年)中頃まで販売されていたゼトア4511/3511のカタログは白黒+1色で、フルカラーだった5511のカタログに比べてグッと60年代っぽくなっています。

 

ゼトア5511 銘柄形式ゼトア5501 種類 ディーゼル 冷却方式 水冷 サイクル数 4 シリンダー数 4 内径×行程(mm) 95×110 総行程容積(cc) 3,120 圧縮比 17.9:1 出力(ps) 57 定格回転数(r.p.m) 2,200 車両総重量(kg) 2,270 荷重 前輪(kg) 900 荷重 後輪(kg) 1,370 全長(本体のみ・mm) 3,475 全巾(標準状態・mm) 1,740 軸距(標準状態・mm) 1,620 輪距 前輪最大 1.725 輪距 前輪最小 1.330 輪距 後輪最大 1.800 輪距 前輪最小 1.425 最低地上高(mm) 460
売り文句は

ゼトアトラクターは、世界的に有名な機械技術を持つチェコスロバキヤで生まれました。
すぐれた各部機構、強力無比なエンジンの装備—理想的な機体構造でどんなに過酷な条件下でも、常に最高の作業性能を発揮!合理化に前進する日本農業の担い手として、みなさまのご期待にお応えできるのがこのゼトアトラクターです。

とあります。

 

次のページは色々な意味でとても興味深いです・・・ まずは左の図。ゼトアマチックの説明なのだと思いますが、どこかで見たような絵・・・そう、ファーガソンシステムです!
次のページは色々な意味でとても興味深いです・・・
まずは左の図。ゼトアマチックの説明なのだと思いますが、どこかで見たような絵・・・そう、ファーガソンシステムです!

 

A catalogue of ferguson 35. In 1957?1958? Tokyu which was a Japanese importer published it.
これぞ60年代といった趣のファーガソン35のカタログ・・・ファーガソン35はtractordata.comによると1960年〜1965年、同じくtractordata.comによればZETOR3511/4511は1968年〜1972年ですから、ファーガソン35はZETOR3511/4511より先を走っていたことになります。それをふまえてページをめくってみると・・・

 

おっ?!・・・これは
ファーガソンシステムの説明の図です。なんとな〜くは理解できますけど、僕には正確には理解できていない感じが常に残ってしまいます。とにかく比較的小型で軽いトラクターが目一杯その力を(主に牽引力で)発揮できるという画期的なシステムだったようです。

 

両者は微妙に違うのですが、上の2つの図はクルマがゼトアに変わっただけで全く同じですよね?よっぽどファーガソンシステムの説明が当時よくできていたのだと想像できます。
両者は微妙に違うのですが、上の2つの図はクルマがゼトアに変わっただけ(向きも違うか・・・)で全く同じですよね?よっぽどファーガソンシステムの説明が当時よくできていたのだと想像できます。

 

「農具にかかる重量は後輪に誘導され、より強力な牽引力 を発揮します」 ファーガソン・トラクター独特の油圧装置によりますと作 業員の調節で農具を自動的に希望の深さに保つ事が出来ま す。更に独特の三点支持装置に依って農具に掛る重量が後 輪に誘導されますから特別にタイヤに水を入れるとか、鉄 塊を取付ける必要はなく、農具に重量が掛れば掛る程牽引 力は増大し、従来此種トラクター馬力では不可能視されて いた作業を容易たらしめました。
以下ファーガソンシステムの説明です。

「農具にかかる重量は後輪に誘導され、より強力な牽引力 を発揮します」 ファーガソン・トラクター独特の油圧装置によりますと作 業員の調節で農具を自動的に希望の深さに保つ事が出来ま す。更に独特の三点支持装置に依って農具に掛る重量が後 輪に誘導されますから特別にタイヤに水を入れるとか、鉄 塊を取付ける必要はなく、農具に重量が掛れば掛る程牽引 力は増大し、従来此種トラクター馬力では不可能視されて いた作業を容易たらしめました。

 

隠れていて読めないのですが、こちらはゼトアマチックの説明。 ドラフトコントロール ミックスコントロール 作業機の負荷が大きくなればなるほど牽引力が大きくなるという説明だと思います。多分。
隠れていて読めないのですが、こちらはゼトアマチックの説明。

ドラフトコントロール
ミックスコントロール
作業機の負荷が大きくなると、作業機を少し持ち上げてトラクションを増やす・・・負荷が大きくなればなるほど牽引力が大きくなるという説明だと思います。多分。

 

「農具の土壌に喰込む力はトップ・リンク(上部連結桿) を通じて前輪を押え牽引力を増大します。」 独特の油圧装置及三点結合法を用いた所謂ファーガソン・ システムに依る農作業に於ては、トラクター車体に特別の 重量を加える事なく、農具に掛る自然の力を旨く利用する 事に依って小馬力で大馬力に相当する作業を容易にする事 が出来ます。
以下ファーガソンシステムの説明です。

「農具の土壌に喰込む力はトップ・リンク(上部連結桿) を通じて前輪を押え牽引力を増大します。」 独特の油圧装置及三点結合法を用いた所謂ファーガソン・ システムに依る農作業に於ては、トラクター車体に特別の 重量を加える事なく、農具に掛る自然の力を旨く利用する 事に依って小馬力で大馬力に相当する作業を容易にする事 が出来ます。

 

ゼトアマチックのほうでは また作業機に加わる土壌抵抗がトップリンクを伝わって前輪を押える作用をするので、走行の安定性が増します。 みたいなことが書いてあるようです。
ゼトアマチックのほうでは

また作業機に加わる土壌抵抗がトップリンクを伝わって前輪を押える作用をするので、走向の安定性が増します。

みたいなことが書いてあるようです。

 

ゼトアトラクターのほうが10年近く若いですから、カタログの文句もあっさりと簡略化されています。そして、ファーガソンシステムでは「システム」であった機構の名前も、「ゼトアマチック」と「マチック」が付けられています。

 

「マチック」というとautomatic

自動的とか自動的に作動する機械や装置。自動拳銃や自動変速装置など。

 

かたや「システム」というと

多くの物事や一連の働きを秩序立てた全体的なまとまり。体系。もっと狭くは、組織や制度。

 

受け取る僕のイメージとしては、「マチック」は〜的というほんわかとしたムード、対して「システム」はかっちりとしたまとまった機構というイメージ。モンロー的、ゼトア的、もっというと日本語の「式」に相当するかもしれません。

モンロー式、ゼトア式、インプル式・・・曖昧で何を指しているかよくわからない日本人である僕にピッタリの表現が「マチック」だとわかります。やっぱり日本人は「マチック」だ!

 

その後日本の農機では、モンローマチックを筆頭に「マチック」が優勢になってしまいましたし、デヴィット・ブラウンだってセレクタマチックやインプルマチックで「マチック」を採用しています。この勝負、農機の世界では「マチック」の優勢勝ちといったところなのでしょう。

 

長々とマチックの話をしてしまいました。もう一つ、このページの突っ込みどころはこの絵です。 「ちょっとどうしたの?」というくらいのやる気の無さ・・・リンケージドローバーなんか「なんで絹さやの絵が載ってるの?」などと思っちゃいましたもん。でも、コンプレッサー、便利そうだな・・・
長々とマチックの話をしてしまいました。もう一つ、このページの突っ込みどころはこの絵です。
「ちょっとどうしたの?」というくらいのやる気の無さ・・・リンケージドローバーなんか「なんで絹さやの絵が載ってるの?」などと思っちゃいましたもん。写真を撮ったけどうまく行かなかったのかな・・・コンプレッサー、便利そうだな・・・

 

ゼトア3511 種類ディーゼル 冷却方式 水冷 サイクル数 4 シリンダー数 3 内径×行程(mm) 95×110 総行程容積(cc) 2,340 圧縮比 17:1 出力(ps) 37.0 PTO回転数主軸2000rpm モータースピード rpm 542 PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード rpm 226〜1211 PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード左回転 rpm 297 定格回転数(r.p.m) 2,000 車両総重量(kg) 1,530 全長(本体のみ・mm) 3,266 全巾(標準状態・mm) 1,652 全高(mm) 1,935 ホイールベース(mm) 1,918 最低地上高(mm) 400 ゼトア4511 種類 ディーゼル 冷却方式 水冷 サイクル数 4 シリンダー数 4 内径×行程(mm) 95×110 総行程容積(cc) 3,120 圧縮比 17:1 出力(ps) 49.5 PTO回転数主軸2000rpm モータースピード rpm 542 PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード rpm 226〜1211 PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード左回転 rpm 297 定格回転数(r.p.m) 2,000 車両総重量(kg) 2,035(多分) 全長(本体のみ・mm) 3,555 全巾(標準状態・mm) 1,790 全高(mm) 1,970 ホイールベース(mm) 2,125 最低地上高(mm) 436
次のページが気になってしまいますが・・・

ゼトア3511
種類 ディーゼル
冷却方式 水冷
サイクル数 4
シリンダー数 3
内径×行程(mm) 95×110
総行程容積(cc) 2,340
圧縮比 17:1
出力(ps) 37.0
PTO回転数主軸2000rpm モータースピード rpm 542
PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード rpm 226〜1211
PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード左回転 rpm 297
定格回転数(r.p.m) 2,000
車両総重量(kg) 1,530
全長(本体のみ・mm) 3,266
全巾(標準状態・mm) 1,652
全高(mm) 1,935
ホイールベース(mm) 1,918
最低地上高(mm) 400

ゼトア4511
種類 ディーゼル
冷却方式 水冷
サイクル数 4
シリンダー数 4
内径×行程(mm) 95×110
総行程容積(cc) 3,120
圧縮比 17:1
出力(ps) 49.5
PTO回転数主軸2000rpm モータースピード rpm 542
PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード rpm 226〜1211
PTO回転数主軸2000rpm グラウンドスピード左回転 rpm 297
定格回転数(r.p.m) 2,000
車両総重量(kg) 2,035(多分)
全長(本体のみ・mm) 3,555
全巾(標準状態・mm) 1,790
全高(mm) 1,970
ホイールベース(mm) 2,125
最低地上高(mm) 436

 

エンジンはユニット型のようになっているので、全部ボア・ストロークが95×110になっているんですね!6気筒エンジンもあるのでしょうか・・・
エンジンはユニット型のようになっているので、全部ボア・ストロークが95×110になっているんですね!6気筒エンジンもあるのでしょうか・・・

 

ネットでゼトアのエンジンのカタログを見つけました。標準でエアコンプレッサーがついてるのでしょうか???
ネットでゼトアのエンジンのカタログを見つけました。標準でエアコンプレッサーがついてるのでしょうか???

 

農機だけでなく、建設機械などにも搭載されていたようですね!
農機だけでなく、建設機械などにも搭載されていたようですね!

 

今日はこんなところです。ではまた明日!