1 2 3 4 5 6 16

明治150年記念、日本を変えた千の技術博

日本を変えた千の技術博番外編「稲」その2

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見たブログのテーマにぴったりの稲の展示その2です。

 

昨日はヒトの世界はもちろん、技術の世界にも多様性が必要なように、イネの品種についてもひとつの品種に偏ることのない多様性が必要だよというお話でした。

 

様々なイネの品種が展示されています。 旭 明治・大正期の代表的な品種 南日本に普及した。

様々なイネの品種が展示されています。


明治・大正期の代表的な品種 南日本に普及した。

 

左から 愛国 明治・大正期の代表的品種。当時の三大品種のひとつ。 中:亀の尾 明治・大正期の代表品種。多くの良食味品種のルーツ。 右:農林1号 昭和初期の代表品種。コシヒカリの親。

左;愛国
明治・大正期の代表的品種。当時の三大品種のひとつ。
中:亀の尾
明治・大正期の代表品種。多くの良食味品種のルーツ。
右:農林1号
昭和初期の代表品種。コシヒカリの親。

 

左:走坊主(そうぼうず) 採用年:1924(大正13)年 人工交配による北海道初の品種。 左から3番目:富国 採用年;1935(昭和10)年 初の北海道以外の品種との交雑種。当時の道内作付け1位。 左から3番目:ゆきひかり 採用年:1984(昭和59)年 以前の奨励品種のひとつ。冷害に強い。 右端:きらら397 採用年:1990年 長所は良食味であり、初期生育が良く、穂数確保が容易(ウィキペディアより) 左:走坊主(そうぼうず) 採用年:1924(大正13)年 人工交配による北海道初の品種。 左から3番目:富国 採用年;1935(昭和10)年 初の北海道以外の品種との交雑種。当時の道内作付け1位。 左から3番目:ゆきひかり 採用年:1984(昭和59)年 以前の奨励品種のひとつ。冷害に強い。 右端:きらら397 採用年:1990年 長所は良食味であり、初期生育が良く、穂数確保が容易(読めなかったのでウィキペディアより)

左端から愛国、亀の尾、農林1号ときて左から4番目;農林22号
昭和20、40年代の代表品種。コシヒカリの親。
右端:日本晴
かつての主力品種で多収性で栽培しやすい。

 

左端;ササニシキ 宮城を中心に東北の良食味品種。現在は減少。 中:ひとめぼれ 東北地方の主力品種で耐寒性が強い。 右端:ヒノヒカリ 西日本の主力品種で食味が良い。

左端;ササニシキ
宮城を中心に東北の良食味品種。現在は減少。
中:ひとめぼれ
東北地方の主力品種で耐寒性が強い。
右端:ヒノヒカリ
西日本の主力品種で食味が良い。

 

稲作限界の北上 弥生時代、北部九州に伝わった水田稲作は、時を経ずして本州最北端の青森県まで到達した。しかしながら、その後永きにわたって、津軽海峡を渡ることはできなかった。北海道での稲作は一部を除き1799(寛政11)年以降の蝦夷地幕府直轄統治時代、幕府の積極的施策により道南地方でほぼ定着する。その後、1873(明治6)年に中山久蔵が恵庭市島松で赤毛種を用いた稲作に成功して、石狩・空知地方に稲作が普及する。1886年に北海道庁が設置されて以来、稲作に関する試験研究が本格的にスタートした。そして、1915(大正4)年には、北海道農事試験場で、多収、良質、いもち病耐病性、寒冷気象に耐える早熟性などを目標に、組織的な育種が開始された。 とあります。

稲作限界の北上
弥生時代、北部九州に伝わった水田稲作は、時を経ずして本州最北端の青森県まで到達した。しかしながら、その後永きにわたって、津軽海峡を渡ることはできなかった。北海道での稲作は一部を除き1799(寛政11)年以降の蝦夷地幕府直轄統治時代、幕府の積極的施策により道南地方でほぼ定着する。その後、1873(明治6)年に中山久蔵が恵庭市島松で赤毛種を用いた稲作に成功して、石狩・空知地方に稲作が普及する。1886年に北海道庁が設置されて以来、稲作に関する試験研究が本格的にスタートした。そして、1915(大正4)年には、北海道農事試験場で、多収、良質、いもち病耐病性、寒冷気象に耐える早熟性などを目標に、組織的な育種が開始された。

とあります。

 

左端:赤毛 採用年:1905(明治38)年←読みにくいので間違っているかも 北海道での稲作開始期に用いられた在来種。 左から2番目:坊主 採用年:1909(明治42)年 赤毛から改良された品種で、栽培可能地が飛躍的に拡大した。 その隣は走坊主と続く

左端:赤毛
採用年:1905(明治38)年←読みにくいので間違っているかも
北海道での稲作開始期に用いられた在来種。
左から2番目:坊主
採用年:1909(明治42)年
赤毛から改良された品種で、栽培可能地が飛躍的に拡大した。

その隣は走坊主と続く

 

左:走坊主(そうぼうず) 採用年:1924(大正13)年 人工交配による北海道初の品種。 左から3番目:富国 採用年;1935(昭和10)年 初の北海道以外の品種との交雑種。当時の道内作付け1位。 左から3番目:ゆきひかり 採用年:1984(昭和59)年 以前の奨励品種のひとつ。冷害に強い。 右端:きらら397 採用年:1990年 長所は良食味であり、初期生育が良く、穂数確保が容易(ウィキペディアより)

左:走坊主(そうぼうず)
採用年:1924(大正13)年
人工交配による北海道初の品種。
左から3番目:富国
採用年;1935(昭和10)年
初の北海道以外の品種との交雑種。当時の道内作付け1位。
左から3番目:ゆきひかり
採用年:1984(昭和59)年
以前の奨励品種のひとつ。冷害に強い。
右端:きらら397
採用年:1990年
長所は良食味であり、初期生育が良く、穂数確保が容易(読めなかったのでウィキペディアより)

 

人々の求めるイネを、作付けしやすい気候の場所はもちろん、長いことイネ自体を作れなかった北海道でも作れるように改良してきた長い歴史があるということですね。

 

そういえば本展の中でもその技術は紹介されていました

 

このケースに入った3つの籾たち・・・かつて冷害から多くの日本人を救った時代のお米の祖先だそうです。 タイトルは、陸羽132号なくして皆のご飯なし!

このケースに入った3つの籾たち・・・かつて冷害から多くの日本人を救った時代のお米の祖先だそうです。
タイトルは、陸羽132号なくして皆のご飯なし!

 

左:農林1号(陸羽132号の子) 農林1号 籾 1931(昭和6)年品種登録 農商務省農事試験場陸羽支場において森多早生と陸羽132号を交配し、雑種第5代種子から新潟県農事試験場で育成された。陸羽支場では稲塚権次郎らが、新潟では並河成資や鉢蝋清香らにより育成された。 第二次世界大戦前後の食料生産に貢献し、その後の多くのイネの祖先となった。 中:陸羽132号 籾 1921(大正10)年品種登録 陸羽20号と亀の尾4号から「交雑育種法」によって陸羽支場で寺尾博、仁部富之助や稲塚権次郎らによって育成された。陸羽132号は亀の尾よりも冷害に強い。 右:亀の尾4号 籾 冷害に強い「亀の尾」からの純系分離で育成された品種。陸羽132号の親。「亀の尾」は、冷害でほとんどのイネが実らない中、実をつけた稲穂を発見した阿部亀次治が、その籾を原種として育成し誕生させた。

左:農林1号(陸羽132号の子)
農林1号 籾 1931(昭和6)年品種登録
農商務省農事試験場陸羽支場において森多早生と陸羽132号を交配し、雑種第5代種子から新潟県農事試験場で育成された。陸羽支場では稲塚権次郎らが、新潟では並河成資や鉢蝋清香らにより育成された。
第二次世界大戦前後の食料生産に貢献し、その後の多くのイネの祖先となった。

中:陸羽132号 籾 1921(大正10)年品種登録(陸羽132号)
陸羽20号と亀の尾4号から「交雑育種法」によって陸羽支場で寺尾博、仁部富之助や稲塚権次郎らによって育成された。陸羽132号は亀の尾よりも冷害に強い。

右:亀の尾4号 籾(陸羽132号の親)
冷害に強い「亀の尾」からの純系分離で育成された品種。陸羽132号の親。「亀の尾」は、冷害でほとんどのイネが実らない中、実をつけた稲穂を発見した阿部亀次治が、その籾を原種として育成し誕生させた。

このように綿々とつながっているというわけです。これから先、温害?が続くようなことがあっても、それに備えて日本を救うイネの品種が研究されているのでしょうね。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

日本を変えた千の技術博番外編「稲」

今日は国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・その番外編。特別展以外の通常展示で見たブログのテーマにぴったりの稲の展示です。

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

特別展はこんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

品種改良と社会的要請 明治期から戦後しばらくの間、食料増産という社会情勢のもとでは、より収量の多い品種が求められたか、昭和40年代になり米余りの現象が見られるようになると食味の向上が重視されるようになった。北海道では昭和30年代に米の生産量では日本一になったものの、寒冷性を優勢させた早生種であるため食味に関する評価は高くなかった。懸命の努力の結果、これまでの北海道米とは違う画期的な食味を持ち、かつ全道で安定した栽培が可能な耐冷性を兼ね備えた「きらら397」が生み出された。その後、食味と収穫性の更なる向上を目指した「ゆめぴりか」などの品種が開発され、高い評価を得ている。 このように、品種改良の方向性はその時代の社会的背景の影響を受けつつ、より品質の高い米を目指して日本の各地で努力が続けられている。

まずはパネルから・・・

品種改良と社会的要請

明治期から戦後しばらくの間、食料増産という社会情勢のもとでは、より収量の多い品種が求められたか、昭和40年代になり米余りの現象が見られるようになると食味の向上が重視されるようになった。北海道では昭和30年代に米の生産量では日本一になったものの、寒冷性を優勢させた早生種であるため食味に関する評価は高くなかった。懸命の努力の結果、これまでの北海道米とは違う画期的な食味を持ち、かつ全道で安定した栽培が可能な耐冷性を兼ね備えた「きらら397」が生み出された。その後、食味と収穫性の更なる向上を目指した「ゆめぴりか」などの品種が開発され、高い評価を得ている。
このように、品種改良の方向性はその時代の社会的背景の影響を受けつつ、より品質の高い米を目指して日本の各地で努力が続けられている。

 

まずはパネルから・・・ イネと技術の発展 日本のイネに関しても、昔からの各地の気候にあったさまざまな品種が生み出され、栽培されてきた。そこには日本のバイオテクノロジーの原点を見ることができる。しかし現在では、かつてあった多くの品種は顧みられることなく、消費者に人気のある特定の銘柄だけが作付け面積を増やしている。多様性が減少しているのは自然界の話だけではない。先祖がつくった技術体系と品種の多様性を維持するために、私たちの努力が必要とされている。 とこのように書かれ、日本に存在してきた様々なイネの品種を培ってきた技術の産物である多様性と捉え、経済製だけを考えあるひとつに収束した結果、他のものが途絶えることの危機感を訴えています。確かに過去、このようなことが幾度となく起きてきましたものね。一度途絶えてしまったものは復活させることが難しいですから・・・ 本州と北海道品種の比較 これは、本州の代表的な栽培品種である「コシヒカリ」と「ササニシキ」を、北海道の環境で育てたものである。右側に展示している北海道の代表的な品種「きらら397」と同時期に作付けを行い、「きらら」が収穫を迎えた時に刈取りを行った。この時点で、コシヒカリ、ササニシキとも収穫できる状態ではない。収穫時期まで待つと霜害にあう。このため、本来、熱帯性の植物であるイネを夏の短い寒冷地で育てるには、品種改良によって生育期間を短くする必要がある。 とあります。写真ではわかりにくいですが、「きらら」が黄色くもう収穫できるのに対し、「コシヒカリ」と「ササニシキ」はまだ青く未成熟な写真が示され、気候によって品種改良が必要であることが説かれています。多様性が失われた状態で「今」人気のある品種ばかりを作っていると、気候が変動したり、嗜好が変わったりした場合に対応ができなくなる・・・ということなのでしょうね。

イネと技術の発展
日本のイネに関しても、昔からの各地の気候にあったさまざまな品種が生み出され、栽培されてきた。そこには日本のバイオテクノロジーの原点を見ることができる。しかし現在では、かつてあった多くの品種は顧みられることなく、消費者に人気のある特定の銘柄だけが作付け面積を増やしている。多様性が減少しているのは自然界の話だけではない。先祖がつくった技術体系と品種の多様性を維持するために、私たちの努力が必要とされている。

とこのように書かれ、日本に存在してきた様々なイネの品種を培ってきた技術の産物である多様性と捉え、経済製だけを考えあるひとつに収束した結果、他のものが途絶えることの危機感を訴えています。確かに過去、このようなことが幾度となく起きてきましたものね。一度途絶えてしまったものは復活させることが難しいですから・・・

本州と北海道品種の比較
これは、本州の代表的な栽培品種である「コシヒカリ」と「ササニシキ」を、北海道の環境で育てたものである。右側に展示している北海道の代表的な品種「きらら397」と同時期に作付けを行い、「きらら」が収穫を迎えた時に刈取りを行った。この時点で、コシヒカリ、ササニシキとも収穫できる状態ではない。収穫時期まで待つと霜害にあう。このため、本来、熱帯性の植物であるイネを夏の短い寒冷地で育てるには、品種改良によって生育期間を短くする必要がある。

とあります。写真ではわかりにくいですが、「きらら」が黄色くもう収穫できるのに対し、「コシヒカリ」と「ササニシキ」はまだ青く未成熟な写真が示され、気候によって品種改良が必要であることが説かれています。多様性が失われた状態で「今」人気のある品種ばかりを作っていると、気候が変動したり、嗜好が変わったりした場合に対応ができなくなる・・・ということなのでしょうね。

 

すみませんっ!!!時間がなくなっちゃいました。この続きは明日ということで・・・

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 16

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/18]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) FOWERD CON
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) noraさん おはよ
  • 管理人よりへのコメント (noraより[12/17]) 六郎田一馬さん こん
  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[12/17]) ぽんこつさん こんば
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 匿名さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) hokkaidouj
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 象印さん こんばんは
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 森本隆志さん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) ANDOさん  こん
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (noraより[12/17]) houkou240m
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[12/17]) hyoukou240
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械