きっとこれは来る!赤と黒のカスタム。三菱GSとGA「撮りトラ」@2019三菱スーパーダイヤモンドフェアin茨城

なぜ行きたかったかというと、カスタムカラーのトラクターが展示されると聞いていたからです。以前見た黒いカスタムに対して少し進化しています。ボディサイドにシルバーのウイングマークが・・・見るほうはどうしてもハーレーを思い浮かべてしまいますが、「イーグルデザイン」ですからね・・・そっちなのでしょう。

先週末に茨城県の土浦市で開催された、2019三菱スーパーダイヤモンドフェアin茨城。急な書類の締め切りで行けず、残念に思っていたところ、お世話になっている伊藤産機さんが写真を送ってくれました。ありがとうございます!

というわけで、今日は三菱トラクターたちの「撮りトラ」です。

 

なぜ行きたかったかというと、カスタムカラーのトラクターが展示されると聞いていたからです。以前見た黒いカスタムに対して少し進化しています。ボディサイドにシルバーのウイングマークが・・・見るほうはどうしてもハーレーを思い浮かべてしまいますが、「イーグルデザイン」ですからね・・・そっちなのでしょう。
なぜ行きたかったかというと、カスタムカラーのトラクターが展示されると聞いていたからです。以前見た黒いカスタムに対して少し進化しています。ボディサイドにシルバーのウイングマークが・・・見るほうはどうしてもハーレーを思い浮かべてしまいますが、「イーグルデザイン」ですからね・・・そっちなのでしょう。実際に見てみたかったなぁ・・・

 

新旧のトラクターとユニフォームの展示。このD1300、第34回国際農業機械展in帯広にも居ましたね!全国を回っているのでしょうか・・・昔のユニフォームということですが、現在にいたるまでにはいくつもあるでしょうから、ずらっと並べたら面白いですよね!
新旧のトラクターとユニフォームの展示。このD1300、第34回国際農業機械展in帯広にも居ましたね!全国を回っているのでしょうか・・・昔のユニフォームということですが、現在にいたるまでにはいくつもあるでしょうから、ずらっと並べたら面白いですよね!

 

できれば他の古いトラクターもレストアして巡回してもらいたいですよね!若い時分にそれらを使ったおじさんたちがきっと喜ぶと思います。
できれば他の古いトラクターもレストアして巡回してもらいたいですよね!若い時分にそれらを使ったおじさんたちがきっと喜ぶと思います。

 

こんなカラフルなインジケーターがついていたのか・・・
こんなカラフルなインジケーターがついていたのか・・・

 

マヒンドラのM-Star75、これも第34回国際農業機械展in帯広に居ました。
マヒンドラのM-Star75、これも第34回国際農業機械展in帯広に居ました。

 

でもキャプションに値段が入っているところが違います。¥5,994,000なり
でもキャプションに値段が入っているところが違います。¥5,994,000なり

 

こちらは白のGA551。これにも絶対ウイングマークを入れたほうがいいと思うのですが・・・やはり白はDBやサトートラクターの色ですから、しっくりきますね。
こちらは白のGA551。これにも絶対ウイングマークを入れたほうがいいと思うのですが・・・やはり白はDBやサトートラクターの色ですから、しっくりきますね。いい感じです。

 

極めつけは内装です。皮巻き風ハンドルは黒と白の切り替えになっています。
極めつけは内装です。皮巻き風ハンドルは黒と白の切り替えになっています。

 

そしてシートはグレートマットブラックのツートン。(多分・・・写真だけ送ってもらっているので、もしかしたら間違っているかもしれません)
そしてシートはグレートマットブラックのツートン。(多分・・・写真だけ送ってもらっているので、もしかしたら間違っているかもしれません)

 

このような内装が通常だと思うんです。(これも多分・・・写真だけ送ってもらっているので、もしかしたら間違っているかもしれません)
このような内装が通常だと思うんです。(これも多分・・・写真だけ送ってもらっているので、もしかしたら間違っているかもしれません)これはどの機体の内装なんだろう・・・

 

 

いかにも商用車という感じですよね?
いかにも商用車という感じですよね? あ!マヒンドラのマーク!M-Star75の内装だったんだ!

 

黒のスペシャルカラーのGAにはビビッドな赤が使われています。これもいいなあ・・・きっと気分が上がります。
そしてこちら。黒のスペシャルカラーのGAにはビビッドな赤が使われています。これもいいなあ・・・きっと気分が上がります。

 

シートは赤黒ツートン。センターには黒いラインです。いいなあ・・・これ。
シートは赤黒ツートン。センターには黒いラインです。いいなあ・・・これ。

 

クルマやバイクのカスタムはメーカーが手がけるのはもちろん、その他にもビルダーががたくさんいて一定の活動があります。また、働くクルマに関しては、トラックもいろいろなタイプのカスタムがなされていますよね?

 

まだまだメーカーが「ちょっとやってみた」という感じです。でも、少し時間が経てば日本でもトラクターのカスタムビルダーが出てきたり、古いトラクターのレストアが盛んになったりするのではないでしょうか。

 

そうなれば古いトラクターがもう少し長生きできるかな・・・などと妄想してしまいます。なにせ、古いものが捨てられれば二度と戻ってこないですから・・・今日はこんなところです。また明日!