1910円のフォードソントラクターその2・・・「撮りトラ@土の館」

今日は昨日からの続き、北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』で見た、フォードソン トラクター「撮りトラ」その2です。

80年前のトラクタ 1922年(大正11)英国のフォードソン社で製作した内燃機関初期のもの、ガソリンで始動石油に切り替える。22馬力。 大正12年八雲町の徳川農場導入、主にモアーで牧草刈り作業。昭和30年に元山牧場で譲り受けプーリーの動力作業に長年仕様後、大切に保存していた。「国内でも希少価値の高い産業遺産の1台」  フォードソントラクタ 1922年(大正11) フォードソン社製(アメリカ)F22馬力 クランクハンドルでガソリンで始動、石油に切替え、内燃機関としては初期の80年前のもの。 1923年(大正12) 八雲町徳川農場で導入、国内で2〜3台めのもの。当時の価格1910円は米140俵ほどの時代、付近の農家の驚きの様子が八雲町史に記されている。徳川農場閉鎖になり、そのち元山氏が譲り受け、使用後保存していた。 国内現存機種では希少価値の高い産業遺産の一台。
80年前のトラクター、これを見ると、この頃なかった電子部品をのぞいて基本的部分はずっと引き継いで今があることがわかります。
フォードソントラクタ 1922年(大正11) フォードソン社製(アメリカ)F22馬力 クランクハンドルでガソリンで始動、石油に切替え、内燃機関としては初期の80年前のもの。 1923年(大正12) 八雲町徳川農場で導入、国内で2〜3台めのもの。当時の価格1910円は米140俵ほどの時代、付近の農家の驚きの様子が八雲町史に記されている。徳川農場閉鎖になり、そのち元山氏が譲り受け、使用後保存していた。 国内現存機種では希少価値の高い産業遺産の一台。  FORDSON TRACTOR  Year: 1922(Taisho 11) Manufacturer: Fordson(America) Output: 22ps Fuel: Starts with gasoline, runs on kerosene  One of the first internal combustion tractors built over 80 years ago. The Tokugawa Farm in Yagumo-cho purchased two Fordsons in 1923(Taisho 12), at a time when there were only 2 or 3 in the country. The surrounding farmers were amazed at this extravagant acquistition because the price of 1910 Yen was equivalent to 140 bushels of rice at time. Eventually it came into the hands of MR. Motoyama who has been preserveing its condition. Even now, it is one of very few models of its type, making it a true industrial treasure.
1922年に1910円・・・キャプションの英字部分には2台同時に導入したともとれる表現があります。当時の自動車を見ても、手を抜いたと見えるところはひとつもないので、最新の技術を全部投入した感じ。それが畑を疾走?する姿にみんなたまげたに違いありません。
1926年のイギリス車、ベントレーだそうです。(ウィキペディアより)フォードソンと比べてちょっと繊細に見えるくらいです。
1926年のイギリス車、ベントレーだそうです。(ウィキペディアより)フォードソンと比べてちょっと繊細に見えるくらいです。
フォードソントラクタ 1922年(大正11) フォードソン社製(アメリカ)F22馬力 クランクハンドルでガソリンで始動、石油に切替え、内燃機関としては初期の80年前のもの。 1923年(大正12) 八雲町徳川農場で導入、国内で2〜3台めのもの。当時の価格1910円は米140俵ほどの時代、付近の農家の驚きの様子が八雲町史に記されている。徳川農場閉鎖になり、そのち元山氏が譲り受け、使用後保存していた。 国内現存機種では希少価値の高い産業遺産の一台。  FORDSON TRACTOR  Year: 1922(Taisho 11) Manufacturer: Fordson(America) Output: 22ps Fuel: Starts with gasoline, runs on kerosene  One of the first internal combustion tractors built over 80 years ago. The Tokugawa Farm in Yagumo-cho purchased two Fordsons in 1923(Taisho 12), at a time when there were only 2 or 3 in the country. The surrounding farmers were amazed at this extravagant acquistition because the price of 1910 Yen was equivalent to 140 bushels of rice at time. Eventually it came into the hands of MR. Motoyama who has been preserveing its condition. Even now, it is one of very few models of its type, making it a true industrial treasure.
リヤタイヤのパターン・・・現在のパターンと逆なので、土が車両の内側に入っちゃうような気がするんですけど僕の思い違いかな・・・
フォードソントラクタ 1922年(大正11) フォードソン社製(アメリカ)F22馬力 クランクハンドルでガソリンで始動、石油に切替え、内燃機関としては初期の80年前のもの。 1923年(大正12) 八雲町徳川農場で導入、国内で2〜3台めのもの。当時の価格1910円は米140俵ほどの時代、付近の農家の驚きの様子が八雲町史に記されている。徳川農場閉鎖になり、そのち元山氏が譲り受け、使用後保存していた。 国内現存機種では希少価値の高い産業遺産の一台。  FORDSON TRACTOR  Year: 1922(Taisho 11) Manufacturer: Fordson(America) Output: 22ps Fuel: Starts with gasoline, runs on kerosene  One of the first internal combustion tractors built over 80 years ago. The Tokugawa Farm in Yagumo-cho purchased two Fordsons in 1923(Taisho 12), at a time when there were only 2 or 3 in the country. The surrounding farmers were amazed at this extravagant acquistition because the price of 1910 Yen was equivalent to 140 bushels of rice at time. Eventually it came into the hands of MR. Motoyama who has been preserveing its condition. Even now, it is one of very few models of its type, making it a true industrial treasure.
太いバイプが上下に伸びてラジエターに繋がっています。下から入った冷たい水が暖まって上から出て行くんですね!
フォードソントラクタ 1922年(大正11) フォードソン社製(アメリカ)F22馬力 クランクハンドルでガソリンで始動、石油に切替え、内燃機関としては初期の80年前のもの。 1923年(大正12) 八雲町徳川農場で導入、国内で2〜3台めのもの。当時の価格1910円は米140俵ほどの時代、付近の農家の驚きの様子が八雲町史に記されている。徳川農場閉鎖になり、そのち元山氏が譲り受け、使用後保存していた。 国内現存機種では希少価値の高い産業遺産の一台。  FORDSON TRACTOR  Year: 1922(Taisho 11) Manufacturer: Fordson(America) Output: 22ps Fuel: Starts with gasoline, runs on kerosene  One of the first internal combustion tractors built over 80 years ago. The Tokugawa Farm in Yagumo-cho purchased two Fordsons in 1923(Taisho 12), at a time when there were only 2 or 3 in the country. The surrounding farmers were amazed at this extravagant acquistition because the price of 1910 Yen was equivalent to 140 bushels of rice at time. Eventually it came into the hands of MR. Motoyama who has been preserveing its condition. Even now, it is one of very few models of its type, making it a true industrial treasure.
ラジエターがそのまま顔! ラジエターキャップもでかい! ボコボコ湧いた時のためにバネがついてるのかな

“1910円のフォードソントラクターその2・・・「撮りトラ@土の館」” の続きを読む