世界で売れたチェコ生まれ。エキセントリックなカレンダーでおなじみの井関ZETOR3011・・・「撮りトラ」

今日は「撮りトラ」。スガノ農機「土の館」で見た、井関農機株式会社が輸入販売していたチェコスロバキア製ZETOR3011です。

と、知ったように書いていますが、去年初めて気がついたメーカーなのでした。このZETORというメーカーについては、『世界で売れたチェコ生まれ。Zetor(ゼトル)トラクタ 2011←たぶん「撮り虎」』の記事を見てくださいね!

有名メーカーだと思うのですが、なじみのないメーカー(当社比)

流れでおなじみの・・・とタイトルに書きましたが、本当はカレンダーにフックしただけです。

カレンダーです。もう少しニコやかにできないものでしょうか? ここには載せられませんが、同じ構図の「トップレスバージョン」も発見しました。すごいこと考えるなあ・・・
カレンダーです。もう少しニコやかにできないものでしょうか? ここには載せられませんが、同じ構図の「トップレスバージョン」も発見しました。すごいこと考えるなあ・・・

なにせこうですから・・・美女が仏頂面で商品の前に立ち、ほぼそのすべてを隠してしまっています。なかなかなじみがないです。

井関ZETOR3011 オーソドックスで安心できるその形。ゴールドがかったプラチナ色のフレームがゴージャス。前輪はトレッドと車高も変えられたかもしれませんね。
井関ZETOR3011 オーソドックスで安心できるその形。ゴールドがかったプラチナ色のフレームがゴージャス。前輪はトレッドと車高も変えられたかもしれませんね。
井関ZETOR3011
さて、お楽しみのキャプションを読んでみましょう・・・

機種名:ゼトアトラクタ
形式・仕様:3011型 37馬力
製造社・国:ゼトア社 チェコ
導入年度:1968(昭和43)年 145万円

使用経過:井関農機株式会社がポルシェトラクタの後、ゼトアを輸入販売していた。
1960(昭和35)年、MFの25馬力を購入したが、馬力不足のためゼトアに更新した。
1995(平成7)年まで軽作業に使用した。

とあります。なぜか売買契約書のコピーが貼ってあります。もちろん、興味のある部分のひとつにトラクターの値段というものがあるわけなのですが、それを知らせた上に契約書を貼付けるというサービスの良さ! もうほんと、ここのキャプション大好きです!

145万円と言われれば「そうだったんだな」と思いますが、こうやってダメ押しというか、契約書まで持ち出されると、動かすことのできない事実として、当時の営業と買い主の絵がタバコの煙とともに立ちのぼってくるような気がしてくるのが不思議です。

井関農機はウィキペディアで見てみると、1962年にポルシェトラクターの輸入を始め、1966年まで行っていたそうなので、その後このZETORトラクターの輸入を始めたんですね。

1964年から「ヰセキトラクターTBシリーズ」の生産が始まっているので、新車のZETORとTBシリーズを同時に見ることもあったかもしれません。

“世界で売れたチェコ生まれ。エキセントリックなカレンダーでおなじみの井関ZETOR3011・・・「撮りトラ」” の続きを読む