1 2 3 4 5 6 13

#レッドブルボックスカートレース2019

出られるかどうかわからないけど、「お米たべてー!TEAM」は今回もチャレンジします!#レッドブルボックスカートレース

今年はまたレッドブルボックスカートレースが開催されるそうです。参加できるかどうかは主催者の腹次第なので何とも言えませんが、お祭り好きの我々「お米たべてー!TEAM」としてはチャレンジしないわけには行きません。(2017年の前回、「お米たべてー!TEAM」がどうだったかは、こちらのリンクから→レッドブル・ボックスカートレース2017

 

ゲームクリアに(レッドブル・ボックスカートレースの特設WEBページにアクセスしてみればどういうことかわかります)ちょっと苦労しましたが、エントリーキットが届きました。

ゲームクリアに(レッドブル・ボックスカートレースの特設WEBページにアクセスしてみればどういうことかわかります)ちょっと苦労しましたが、エントリーキットが届きました。

 

前回はギリギリの申し込みだったので、申し込み用紙しか貰えませんでしたが、今回は早めに申し込んだので豪華なエントリーキットにやっとお目にかかれました。

前回はギリギリの申し込みだったので、申し込み用紙しか貰えませんでしたが、今回は早めに申し込んだので豪華なエントリーキットにやっとお目にかかれました。

 

これが欲しかったんです・・・エンピツと鉛筆削り・・・消しゴムはないんだなあ・・・

これが欲しかったんです・・・エンピツと鉛筆削り・・・消しゴムはないんだなあ・・・刃の部分、Eに王冠のマーク・・・MADE IN GERMANYです。さすがだなあ・・・

 

ネットでどんなメーカーか探してみました。アイゼンというメーカーです。

ネットでどんなメーカーか探してみました。アイゼンというメーカーです。

 

WEBページもありました。1921年ドイツのバイアースドルフというところで創業された会社です。

WEBページもありました。1921年ドイツのバイアースドルフというところで創業された会社です。

 

ブレードはアイゼン社、MADE IN GERMANYでしたがボディはMADE IN CHINAでした。

ブレードはアイゼン社、MADE IN GERMANYでしたがボディはMADE IN CHINAでした。

 

前回は割と軽い気持で『この地に住んでいるのでやっぱり「お米たべてー!」かな?』とテーマに選んだのですが、実際その頭で出かけていって、話を聞いてみると都会の人達は驚くほどお米を食べていません。

 

今回、レースに出場するカートのモチーフは米袋・・・といってもワラで編んだ米俵でもないし、スーパーで売ってる10kgとかのビニールのやつでもない、紙でできた30kg入りの米袋。もしかしたら一般の人は見たことがなかったりして・・・

自分にとっては比較的身近な紙の米袋をカートのモチーフしたけれど、それを知っている人は「地方から出てきて実家が農家です」のような人しかいませんでした。

 

お米を入れる紙の米袋はとっても丈夫。(ホームセンターで中古の米袋が束になって売ってます)米を入れて口をクルクルっと巻いて、ヒモで縛る。それだけで逆さにしたってお米はこぼれないのがちょっと不思議。で、農家のヒトのこの袋の扱いが、見てるととってもカッコいいんです。何と説明したらいいのでしょう・・・

う〜ん・・・

 

実は僕「お米たべてー!」号ができあがる頃、テンパっていたり雨続きだったりで、完成写真を撮っていないんです。この写真も友達に貰ったもの。

これでは「お米たべてー!」のアピールもイマイチ届かなかったかもしれません。

 

軽い気持でやったことですがよくよく考えるに、日本中で穫れて、日本中で穫れるということは地元のものを食べるわけだから輸送に燃料を使うこともない。大雨時のバッファにもなって、結構生き物も育んで、景観的にも見目麗しくて、良いことばかり・・・

 

これは今回再チャレンジするにしても同じテーマ、「お米たべてー!」でやっていくしかないよな・・・主催者に「新鮮みがない」ということで落とされる可能性が大だとしても・・・という僕なりの結論になったのでした。

 

というわけで、再チャレンジのテーマも「お米たべてー!」です。ご覧のみなさんは企画が通るよう祈ってください!よろしくお願いいたします!

 

 

レッドブル・ボックスカート・レースの出走権を獲得しました!「お米たべてー!」TEAM #レッドブルボックスカートレース

やった!「お米たべてー!」TEAMはレッドブル・ボックスカートレース2017)に引続き、REDBULL BOX CART RACE TOKYO 2019の出走権を獲得して一般部門の50台の枠に滑り込みました!

 

あの嵐の本戦から2年・・・再びチャレンジできることになりました。 あ!ボックスカートレースとは、手作りのカートで坂道を下る、まさにくだらないレースで、そのスピードとカートの出来、そしてパフォーマンスを競うものなんです。詳しくはリンクをクリックしてみてくださいね!

あの嵐の本戦から2年・・・(詳しいことは過去のリンクで→レッドブル・ボックスカートレース2017)再びチャレンジできることになりました。
あ!ボックスカートレースとは、手作りのカートで坂道を下る、まさにくだらないレースで、そのスピードとカートの出来、そしてパフォーマンスを競うものなんです。詳しくはリンクをクリックしてみてくださいね!
https://soapboxrace.redbull.com/jp/ja/

 

お知らせはメールで・・・本文はこんな感じです。

 

おめでとうございます!
あなたのチームは、レッドブル・ボックスカート・レースの
出走権を獲得しました!

今回、我々が日本全国からクリエイティビティー溢れるドライバーを募集したところ、
予想を遥かに上回る数の応募がありました。
その中でも、あなたの発想力、独創性、そして正真正銘のクレイジーさは際立っていました。
つまり、あなたとあなたのピットクルーの皆さまは、袖をまくり、シートベルトを締め、
猛スピードで疾走するレッドブル・ボックスカート・レースに挑めることが確定したというわけです!

出場チームの一覧はコチラよりご覧いただけます。
https://soapboxrace.redbull.com/jp/ja/

あなた方は幾千にもおよぶ車愛好家たちを楽しませるヒーローとなるのです。
ご質問や気になることがございましたら、
レッドブル・ボックスカート・レース事務局まで遠慮なくご連絡ください。

近日中に「ドライバーズ・ブリーフィングキット」を郵送でお送りします。
また今後、事務局からコースやルール、パフォーマンスに関する詳細、
会場へのマシン搬入方法や注意事項、各種お知らせをお送りしますので、
しっかりメールをチェックしてください。

今この瞬間から、いよいよレッドブル・ボックスカート・レース出場へのカウントダウンが始まります。
さあ、デザインに翼をさずけましょう!

 

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。

前回、「都会の人にはクラフト紙の米袋がピンとこなかった」という反省点を元に、誰もがひと目でわかる「おにぎり」「rice ball」で訴えてみようと思いました。カート名は『おむすびころりん』。北陸で地震がありましたけど、物資の輸送が止まっても保存の効く米は有効です。やっぱり、みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。一人一人が一日おにぎりを一つ食べるだけだってかなり違ってくると思うんです。田舎の人はそれが逆にピンとこないかもしれませんが、多くの人は一日一回も米を食べていなくて、一週間に数回なイメージです。野菜とかパスタとかパンとか食べていて・・・

 

いざ出走権ゲット!となって、よくよく考えたらこのマシン、前方の視界がめちゃめちゃ悪い!! ライバルが多いですが、一応最速を目指しているんで、視界が悪いのは辛いなあ・・・

野菜とかパンとかパスタ、おいしいし、パンや野菜はともかくパスタなんかは保存も利くしいいのですけど、お米もその仲間に入れて!ってことです。田んぼがアイドリングしないくらいみんなが食べてくれると・・・
そんなことより、いざ出走権ゲット!となって、よくよく考えたらこのマシン、前方の視界がめちゃめちゃ悪い!!(まんまおにぎり)
ライバルが多いですが、一応最速を目指しているんで、視界が悪いのは辛いなあ・・・

 

カンパでも労力提供でもお米提供でも大歓迎です。応援よろしくお願いします!

カンパでも労力提供でもお米提供でも大歓迎です。応援よろしくお願いします!

 

 

あ!スポンサーのバナーも貼っておかなきゃ。(前回のですけど)

あ!スポンサーのバナーも貼っておかなきゃ。(前回のですけど)

 

 

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 13

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (noraより[04/02]) H2さんn こんにち
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (noraより[04/02]) Naruさん こんに
  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[04/02]) あかささん こんにち
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[04/02]) ANDOさん こんに
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (noraより[04/02]) H2さん こんにちは
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (H2より[04/02]) おぉ、10周年ですか
  • おかげさまで毎日書いて10周年へのコメント (Naruより[03/31]) 10周年おめでとうご
  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) 山葵さん お返事遅れ
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (ニ田翔より[03/11]) このトラクターを見る
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械