1 2 3 4 5 6 7 8 822

農業機械

トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」

今日はひさびさに北海道上富良野町にあるスガノ農機の『「土の館」 土と犂の博物館』でando、hokkaidoujinさんと見た、ドイツトラクターD40Lのトラクターシートに注目して「撮りトラ」です。

 

今まで見たトラクターの中で一番好き!と言ってもいいイチオシの顔。何年も考えて「これはオーナーがFローダを取付けるために自分で改造した」と結論付けたわけですけど、それでもD40L愛は変わりません。

今まで見たトラクターの中で一番好き!と言ってもいいイチオシの顔。何年も考えて「これはオーナーがFローダを取付けるために自分で改造した」と、結論付けたわけですけど、それでもD40L愛は変わりません。

 

機種名:フンボルトドイツトラクタ 形式・仕様:D-40L 45馬力 製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ 製造年度:1959(昭和34)年 使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。 空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。 酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。 販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

絵まで描いて・・・

 

自分のモトクロスジャージにアイロンプリントまでしています。

自分のモトクロスジャージにアイロンプリントまでしています。

 

こいつを見るのは二回目。

こいつを見るのは二回目。

 

キャプションを見てみましょう。

キャプションを見てみましょう。

 

機種名:フンボルトドイツトラクタ
形式・仕様:D-40L 45馬力
製造社・国:フンボルトドイツ社 ドイツ
製造年度:1959(昭和34)年
使用経過:1959(昭和34)年頃から輸入され、道内の導入がはじまる。
空冷エンジンで、厳冬期でも調子がよく使えた。
酪農家に多く入り、40年を過ぎた今も各地で多く使われている。
販売は、共立(株)が一手に行い、一般の呼び名は、共立ドイツトラクタと言われていた。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

以前近所で見たDEUTZ D4505に似ていますよね。型番の桁数はずいぶん違いますけど。DEUTZ D4505はtractordata.comによると、1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

 

読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。空冷3気筒ディーゼルエンジンです。

読み方はよくわかりませんが、クロークナー・フンボルト・ドゥーツ社とでも言いましょうか・・・略してKHD。空冷3気筒ディーゼルエンジンです。

 

そしてこれがD40Lの鉄椀シート。ドイツ製のトラクターは結構シートスプリングに工夫をしたものが多いですが、これはちょっと変わっています。

そしてこれがD40Lの鉄椀シート。ドイツ製のトラクターは結構シートスプリングに工夫をしたものが多いですが、これはちょっと変わっています。

 

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面の角度が変わらない、リンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面がストロークした時に角度の変わらないリンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!ただし、ストローク量は大したことはなさそうです。

 

後ろから見るとこうなっています。もしか2本の支柱の渡りが座面下にある1本だけだとしたらガタガタしそうです。

後ろから見るとこうなっています。もしか2本の支柱の渡りが座面下にある1本だけだとしたらガタガタしそうです。

 

前出のD4505と比べてみます。

 

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

DEUTZ D4505です。動かなくて、これから直すそうなんですけど、50年近く前のものにしては程度がイイ! こちらのほうが新しいのに、シートの作りの時代は戻ってしまっている感じなんです。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

座面の形はトラクターシートというよりは雪かき見たいな形。若干中途半端な感じ。

 

今日はこの写真から。tractordata.comによればDEUTZ D4505は1965年〜1967年。空冷3気筒2.6リッターディーゼル、40馬力/2300rpm。

シートの下はこのようになっています。ショックアブソーバーやバネの類いは見当たりません。プレス加工されたシート受けのしなりで衝撃を逃がそうとする構造のようです。もしストロークするとしたら座面の角度は変わってしまいますよね? いままで見てきたドイツ製のトラクターは結構複雑な構造のものが多かったですが、こちらは至ってシンプル。

 

2つの支柱の間をシートが上下するしくみです。スプリング+ダンパー、もしくはダンパーのみか、ショックアブソーバーつきです。座面の角度が変わらない、リンク式は多いですが、同じ座面の角度が変わらないタイプでも、この垂直式は珍しい!

もう一度D40Lのシートに戻ります。角柱といい、ちょっと厚めの座面を支えるフラットバーといい、材料が頑丈そうでオーバースペック気味な印象です。会社で作るとしたら単純に材料の強度で持たせようとするより、曲げたりして薄くても形で持たせようとしそうです。見たことのない垂直ストロークということもあるのでオーナーの手作りのような気がしてきました。

 

もし、シートもヘッドライトもオーナーの手作りだとしたら、あまり例のない独自構造ですから相当ユニークな考えの持ち主だったと考えられます。想像のみで何の証拠もないですけど。

 

今日はここまでです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

 

概ね人気ナシ・・・「撮りフネ」その3

今日は昨日の続き、「撮りトラ」ならぬ「撮りフネ」。同じエンジンが付いていて走るものなのですが、トラクターに比べると見る人が少なく、概ね人気がありません。

 

エンジンなんて人が住めるくらいの大きさな訳だし、おもしろいと思うんですけど・・・ただ、外観を撮る場合カメラのフレームに入れてしまうので、見かけ上の大きさは変わらくなり、「大きい」という凄さは消えてしまうのでしょう。

 

大きいのも小さいのもどっちもイイ!

 

コマツ茨城工場で行われたコマツ茨城工場フェアで見た、コマツダンプトラックHD1500-7。これは荷台がないのだけれど、144.1トン積みで、12気筒ターボディーゼル45リッター!の馬力はいいかげんにしろよの1406馬力!

荷台のないコマツダンプトラックHD1500-7です。大きいですよねえ・・・すごく大きいのにミニュチュアに見えるのが不思議。スケール感がおかしくなります。

 

コマツ茨城工場で行われたコマツ茨城工場フェアで見た、コマツダンプトラックHD1500-7。これは荷台がないのだけれど、144.1トン積みで、12気筒ターボディーゼル45リッター!の馬力はいいかげんにしろよの1406馬力!

比較が子供だともっとわかりにくいかなあ・・・このブロックひとつでスポーツバックくらいある感じ。単純に大きいものは面白い!

 

というわけで「撮りフネ」続けちゃいます。

 

こちらの船は?

こちらの船は?

 

写真を拡大してみると「えいふく丸」という船名です。それと直接関係ないですが、下にある風車かプロペラのマーク、他の船にも付いているんです。これは単に描いてみた・・・というものではなく、

写真を拡大してみると「えいふく丸」という船名です。それと直接関係ないですが、下にある風車かプロペラのマーク、他の船にも付いているんです。これは単に描いてみた・・・というものではなく、「描かなくちゃいけない」もしくは「描くことがが標準」のマークなのではないでしょうか?プロペラ船の意味だとか、スクリューが1個のものは一つ。スクリューが2つのものは2つ描くとか・・・

 

調べてみると、公益財団法人「日本海事広報協会」のWEBページ、海と船、なるほど豆辞典に【船体に描かれたマークの意味】と言うところにいろいろ書かれていました。ちょっとリアルで似ていない部分もありますが、スラスターマーク・・・というやつかもしれませんね。

調べてみると、公益財団法人「日本海事広報協会」のWEBページ、海と船、なるほど豆辞典に【船体に描かれたマークの意味】としていろいろ書かれていました。ちょっとリアルで似ていない部分もありますが、スラスターマーク・・・というやつかもしれませんね。

 

Wikipediaによればサイドスラスターと言って、 船を横方向に動かすための動力装置である。接岸や離岸の際に使用することで、時間や手間を省き、安全を確保することを目的に、比較的大きな船に装備されることが多い。 ということだそうです。そして、 サイドスラスターが設置されている船では、設置されている部分の喫水線上に、円の中にスクリューを示すマークを描き、スラスターの存在位置を明示することが求められる。これは小型船が、サイドスラスターを使用中の船の側方を通航する場合に、思わぬ水流を受けて事故が起きないようにするためである。 だそうです。

Wikipediaによればサイドスラスターと言って、

船を横方向に動かすための動力装置である。接岸や離岸の際に使用することで、時間や手間を省き、安全を確保することを目的に、比較的大きな船に装備されることが多い。

ということだそうです。そして、

サイドスラスターが設置されている船では、設置されている部分の喫水線上に、円の中にスクリューを示すマークを描き、スラスターの存在位置を明示することが求められる。これは小型船が、サイドスラスターを使用中の船の側方を通航する場合に、思わぬ水流を受けて事故が起きないようにするためである。

だそうです。

 

Wikipediaではこれがスラスターマークだそうですから、結構勝手に自分の思うスラスターマークを描いているのかもしれませんね。

Wikipediaではこれがスラスターマークと言っていますから、結構勝手に自分の思うスラスターマークを描いているのかもしれませんね。海事広報協会のマークとは若干違います。

 

すっかり横道にそれてしまいました。 www.marinetraffic.comで調べてみると 船種は貨物 2013年製 全長76.02m 全幅12m 積載量1700t となっています。 WEBページの写真にもはっきりとプロペラマークが写っていますね!

すっかり横道にそれてしまいました。
www.marinetraffic.comで調べてみる
船種は貨物
2013年製
全長76.02m
全幅12m
積載量1700t
となっています。
WEBページの写真にもはっきりとプロペラマークが写っていますね!

 

あちらの岸壁には2隻停泊しています。苫小牧港は大きく複雑なので見ていて楽しいです。 まず手前のオレンジの船は・・・

あちらの岸壁には2隻停泊しています。苫小牧港は大きく複雑なので見ていて楽しいです。
まず手前のオレンジの船は・・・

 

「ほくと」という名前です。津久見・・・大分県の???

「ほくと」という名前です。津久見・・・大分県の???

 

www.marinetraffic.comで調べてみると 船種は車両運搬船 2015年製(新しい!) 全長179.9m 全幅27m 積載量6300t となっています。 九州で作った車両を北海道へ運んでいるのかもしれませんね。今日もこの「ほくと」は北海道近辺を航行しています。

www.marinetraffic.comで調べてみると
船種は車両運搬船
2015年製(新しい!)
全長179.9m
全幅27m
積載量6300t
となっています。
九州で作った車両を北海道へ運んでいるのかもしれませんね。今日もこの「ほくと」は北海道近辺を航行しています。

 

そして「ほくと」の先に停泊していた青い船。拡大すると「りゅうえい」という文字が見えます。

そして「ほくと」の先に停泊していた、クレーンつきの青い船。拡大すると「りゅうえい」という文字が見えます。

 

www.marinetraffic.comで調べてみると 船種は貨物 2011年製(意外と新しい!) 全長80.42m 全幅15m 積載量1095t となっています。

www.marinetraffic.comで調べてみると
船種は貨物
2011年製(意外と新しい!)
全長80.42m
全幅15m
積載量1095t
となっています。
スラスターマークとバウマークがはっきりわかる写真が載っています。船体のほとんどをクレーンが占めている面白い船です。

 

本当はもっと写真があるのですが、続けると誰も来なくなってしまうので忘れたころにまたやることにします。それではまた明日!

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (やすひろより[06/19]) noraさん MF
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) 六郎田一馬さん おは
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」へのコメント (noraより[06/17]) H2さん おはようご
  • 色々工夫して使いやすく・・・マッセイファーガソンMF135・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (noraより[06/17]) やすひろさん おはよ
  • ちょっとエイジングが効きすぎ?サーモンピンクのクボタSMZ95パワクロ「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • 小さいキカイも手を(外観に?)抜かない。ヤンマー管理機いろいろ@ダイナミックフェア2017へのコメント (noraより[06/17]) 野良犬さん おはよう
  • トラクターのシートに注目!ドイツD40L・・・「撮りトラ@土の館」へのコメント (六郎田一馬より[06/16]) こんにちは。d40l
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/07]) 発動機のシャチさん 
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (発動機のシャチより[06/07]) これはエアクリーナの
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (noraより[06/07]) 伊藤産業機械(株)さ
  • インパネに付く謎の部品。これは?気になる(継続調査中)シバウラSE7340T「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[06/07]) これはやはり燃料フィ
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[06/05]) 社史ともいえた、クボ
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[06/05]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[06/03]) hokkaidouj
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (noraより[06/03]) H2さん こんばんは
  • クボタの中心?たくさんのバリエーション!スラッガーSL24/SL35/SL54/SL60「撮りトラ@ダイナミックフェア2017」へのコメント (H2より[06/03]) いまトラクターの発売
  • なんとシバウラのフルクローラ!シバウラK-20「昔のカタログ」へのコメント (H2より[06/02]) 三菱のGCR1380
  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (noraより[05/26]) Dois mesmo
  • 共立背負動散DM-9・・・「古いキカイ」へのコメント (Ozielより[05/26]) Eu encontr
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械