ハーベスタはこのように使われていたのか!コンマ/クボタハーベスタ「昔のカタログ」

今日は昔のカタログシリーズ。昨日の『自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」』からの続きです。

 

『コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・』の記事で、今間製作所が「昭和40年代、自走自脱(ハーベスタ)を日本で初めて販売して一世を風靡した会社です。」だと教えてくれたトラクター狂さんに、その自走自脱(ハーベスタ)のカタログを送っていただきました。

 

その中に『当時の脱穀作業の様子がよくわかる」というコメントと一緒に脱穀機のカタログもありました。

 

クボタ全自動脱穀機のカタログです。コンマ製なのかどうかはわかりません。

クボタ全自動脱穀機のカタログです。コンマ製なのかどうかはわかりません。
昨日の記事に伊藤産機さんからも

『たいていの場合は、バインダーとハーベスターをセットでお持ちになっていて、バインダーで稲刈り後にいったんおだがけし、乾燥してからハーベスターを持っていて、田んぼで脱穀していました。』

とコメントを頂きました。確かに、おだがけで乾燥した稲をトラックに積んで家に持ち帰るより、脱穀機を田んぼには込んでしまったほうが早いです。しかも、この画像を見るとエンジンが別体で、別に置かれ、ベルトで脱穀機とつながれています。脱穀機自体はガランドウでしょうからそんなに重そうでもありません。なんとか2〜3人で運べそうです。なるほど・・・そのように使われていたのですね。

 

「何とか運べる」といっても、足場の悪い田んぼに重いエンジンと脱穀機を運び入れるのは喜ばしい作業ではなかったはずです。エンジンも付いて、自分を自分で運べる脱穀機、つまり「ハーベスタ」が売り出されれば皆飛びつくわけですよね!

 

生コギもスムーズにできます と書いてあるので、強制乾燥前提の機械かと思ったのですが、そうじゃなく、普通に自然乾燥のバインダーとセットで使われていたということがわかりました。 5のスマートな脱こく機 優美なオールスチール製で耐久力も抜群です。 という文句がおもしろいです。これ以前の脱穀機は木製でしょうから、このようなRの表現は難しかったでしょう。

生コギもスムーズにできます
と書いてあるので、強制乾燥前提の機械かと思ったのですが、そうじゃなく、普通に自然乾燥のバインダーとセットで使われていたということがわかりました。

5のスマートな脱こく機
優美なオールスチール製で耐久力も抜群です。

という文句がおもしろいです。これ以前の脱穀機は木製でしょうから、このようなRの表現は難しかったでしょう。

 

以前見たこんな機械もどのように使うか見えてきました

 

①米・麦、脱穀機 昭和15年〜40年頃まで使用 ②四輪荷馬車 昭和15年〜40年頃まで使用

こちらは美原農機具生活用具歴史館で見た木製の脱穀機。

米・麦、脱穀機 昭和15年〜40年頃まで使用 ②四輪荷馬車 昭和15年〜40年頃まで使用とあります。

これも現場に持っていったのでしょうね・・・

 

 新潟県燕市の笹川農機の足踏み脱穀機 FS-410 現金価格¥47520 北陸方面も納期メーカー多いですね。

新潟県燕市の笹川農機の足踏み脱穀機 FS-410 現金価格¥47520
これなら動力も要らないです。そんなに重くもないでしょうから現場に持っていくのも苦になりません。あ!もしかしたらこれでは選別もできないでしょうから、現場に唐箕を持っていく必要があったかもしれません。

 

常澄産コシヒカリ/飼料稲の生産 水戸市大場町島地区生産組合

これですね!

 

 新潟県燕市の笹川農機の足踏み脱穀機 FS-410 現金価格¥47520 これと同じもの、コンバインの中にはいってますよね。そばでも大豆でも米でも、これがあれば少量でも簡単に脱穀できるなあ。

同じく新潟県燕市の笹川農機の脱粒機 まめっ子 S-Ⅲ 価格¥189000 豆の脱穀機でしょうか。これは動力別体式のようです。おもしろいのは運搬用の車輪の付いたキャリアがオプションにあること。やはり現場で使うのが一般的みたいです。

 

写真を拡大してみるとこのようになっています。キャリアがあればさらに移動が簡単です。

写真を拡大してみるとこのようになっています。キャリアがあればさらに移動が簡単です。

 

人力の足踏み式脱穀機はオールスチールでも片手万円。豆用ですが、それが動力式になると一気に4倍近くの約19万円。これに動力も必要になりますから、時間を金で買う感覚です。

 

同じ作物をつくるのにも、効率や予算に応じてこんなにも機械があるということがわかりました。それがそっくり機械化の歴史になっているようでそれも興味深いです。

 

まだ続きがあるのですが、今日はここまで。また明日!

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (ぽんこつより[12/13]) わー! 2018年
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (匿名より[12/13]) 農機遍歴やってるんで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) それと、今月末に英国
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/09]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/08]) 3気筒ディーゼルです
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (森本隆志より[12/06]) 懐かしいですね、日本
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/03]) ご無沙汰しています。
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (houkou240mより[12/03]) おはようございます
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (hyoukou240mより[11/17]) おはようございます。
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (山葵より[11/16]) 左の木箱が誘導コイル
  • プロトタイプは韓国製!クボタ・コンバインDIONITH DR6130S(2019年新春、プルモデルチェンジ予定!)@ダイナミックフェア2018へのコメント (匿名より[11/03]) 訂正はしていますがこ
  • ほぼ半世紀前!三菱耕耘機カタログ「昔のカタログシリーズ」へのコメント (カントリーボーイより[10/29]) クボタの耕運機でコメ
  • ミニチュアはベター、フルサイズはベスト。1977(昭和52)年生まれ(多分)日の本ベストE28「撮りトラ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/24]) 日の本のMB型は、何
  • 四角いのはいいぞ!クボタトラクタM1-65・・・「撮りトラ」へのコメント (能宗 勇治より[10/22]) トラクターのヒッチの
  • L35R、でもL35としか書いていない。昭和42年(1967年)生まれクボタL35R「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[10/19]) こんにちは、左のヤン
  • クルマじゃなくてトラクターそのもの「ウィリス・ジープ追加撮りトラ@土の館」へのコメント (匿名より[10/12]) これのエンジンは、ガ
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (H2より[10/10]) 今回は出走順を見つけ
  • 世界最速の『おにぎり』(多分)#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) 好きな具は昆布さん 
  • 「お米たべてー!」TEAMはゼッケン8。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) H2さん こんにちは
  • さあ、仕上げよう!「お米たべてー!」TEAM、ボックスカートのつくりかた。#レッドブルボックスカートレース #redbullsoapboxraceへのコメント (noraより[10/09]) ゴンザリオさん こん
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械