DAKAR2019始まっています

毎年やっているのでなんとなく・・・DAKAR2019始まっています。

 

今年はクロスカントリーではなく、ペルー国内のみ。リマを1/6に出て、1/17にリマに戻るルート。 10ステージ5000キロ、70パーセントのサンドシチュエーションで3000キロのSSって・・・ハードです。 ピスコ、サン・ファン・デ・マルコマの3つのエリアで競われると書いてありますね。

今年はクロスカントリーではなく、ペルー国内のみ。リマを1/6に出て、1/17にリマに戻るルート。
10ステージ5000キロ、70パーセントのサンドシチュエーションで3000キロのSSって・・・ハードです。
ピスコ、サン・ファン・デ・マルコマの3つのエリアで競われると書いてありますね。

 

しかし今日は5日目のレストデイです。バイクはレストデイでホンダのリッキー・ブラベックがトップ。ただし, 2位のKTMサム・サンダーランドとは1分しか離れていません。 4輪はナッサー・アル-アティア(トヨタ・ハイラックス)がトップで、2位のステファン・ペテランセルに24分差をつけています。

しかし今日は5日目のレストデイです。バイクはレストデイでホンダのリッキー・ブラベックがトップ。ただし,
2位のKTMサム・サンダーランドとは1分しか離れていません。
4輪はナッサー・アル-アティア(トヨタ・ハイラックス)がトップで、2位のステファン・ペテランセルに24分差をつけています。

 

↑例によってここがどこだか探したくなっちゃいます。

 

整然とバスやトラックが並んでいますね! ペルーのアレキパというところのようですが、2012年にもこの場所は使われていました。何とか特定できそうです。

 

 

輸送に便利な空港の近くで、広い場所を持っているところ・・・そこがビバーク地です。高速道路らしき道路の脇に広いグラウンド・・・わかった!アルフレッド・ロドリゲス国際空港の隣の空き地だ!!

 

 

 ↑なんと空軍基地です。

 

場所が特定できてスッキリしたところで、ビバーク地の映像のスナップショットです。人々も休むけど、ヘリも休む・・・という図ですね。なんだかおもいろいです。

場所が特定できてスッキリしたところで、ビバーク地の映像のスナップショットです。人々も休むけど、ヘリも休む・・・という図ですね。なんだかおもいろいです。

 

この映像の中でもう一つ気になったのがこれ。 INECOのレーシングトラックの整備風景です。 エンジンフードがこのように開いて、さらにキャビンはこのようにチルトするんですね!エンジンが丸出しです。 よくはわかりませんが、パイプフレームのように見えます。もともと荷台はただの箱で、中身はほとんど入っていませんから、もしかしたらレーシングトラックって大きなバギーみたいなものかもしれません。

この映像の中でもう一つ気になったのがこれ。
INECOのレーシングトラックの整備風景です。
エンジンフードがこのように開いて、さらにキャビンはこのようにチルトするんですね!エンジンが丸出しです。
よくはわかりませんが、パイプフレームのように見えます。もともと荷台はただの箱で、中身はほとんど入っていませんから、もしかしたらレーシングトラックって大きなバギーみたいなものかもしれません。

 

IVECOのレーシングトラック、走っている姿がこれです。ボンネットに目が行ってしまいました。FPTと書いてありますよね!

IVECOのレーシングトラック、走っている姿がこれです。ボンネットに目が行ってしまいました。FPTと書いてありますよね!

 

FPTは、フィアット・パワートレイン・テクノロジーズの略でした。

FPTは、フィアット・パワートレイン・テクノロジーズの略です!

 

Wikipediaによると・・・

Fiat Powertrain Technologies ( FPT )は、イタリアのFIATグループの子会社で、エンジンとトランスミッションを製造する会社として2005年に設立されたようですが、2013年以降はオランダ、アムステルダムに本拠を置く、フィアット・グループ・オートモビルズの傘下となっているみたいです。

 

New Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、これだけでも「カタマリ感」はわかってもらえると思います。何もかもが太ク大きい・・・

以前見たNew Holland T8.435です。比較対象物がないと大きさが全くわからないと思いますが、超巨大ハーフクローラ・トラクターです。このエンジンがFPT製でした。

 

話がそれてしまいました。T8.435のエンジンは、そのFPTのCursor 9という、9L(正確には8700cc)の6気筒24バルブコモンレールターボディーゼルで、最大435馬力、定格380馬力だそうです。

話がそれてしまいました。T8.435のエンジンは、そのFPTのCursor 9という、9L(正確には8700cc)の6気筒24バルブコモンレールターボディーゼルで、最大435馬力、定格380馬力だそうです。

 

 

↑FPT Industrial Cursor (なんと16L!)の動画が上がっていました

 

トラクターに使われているFPT CursorディーゼルはどうもIVECOのトラックにも載っているみたいなんです。(もちろん仕様は違うのでしょうが・・・)だからボンネットにデカデカとFPTとロゴマークが貼付けてあったんですね!

 

 

今日はこんなところです。また明日!

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (畠中農園より[08/01]) つい先日クボタのM8
  • 化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • 顔の裏側!!クボタSL450「撮りトラ」その2@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[07/28]) 農機さん おはようご
  • 化学工業と樽や壷。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[07/28]) Dさん おはようござ
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) H2さん おはようご
  • スライドモアの草刈りは今シーズン3度目。出動回数では7回目へのコメント (noraより[07/28]) みみずくさん おはよ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械