ハーベスタってどんな機械?@ダイナミックフェア2017

毎日寒いです。今日あたりからまた雪が降りそうという予報・・・「雪がある」という前提だとあきらめもつくのですが、「降るか降らないか」とか「日陰に雪がある」などという状況だと、場合によっては行動が制限されてイヤになっちゃいます。雪がある前提の地域の方からすると贅沢言ってますよね。

今日はMさんに連れて行ってもらったダイナミックフェア2017で見た、クボタ・ハーベスタHS-61とその他中古機械たちです。

 

中古のクボタ・ハーベスタHS-61です。中古機械の展示は所狭しと機械が並べてあるので狭いです。全体の形を見たいと引いてこの程度。近くから見ても、引いてみてもどういう機械だかよくわからないです。

中古のクボタ・ハーベスタHS-61です。中古機械の展示は所狭しと機械が並べてあるので狭いです。全体の形を見たいと引いてこの程度。近くから見ても、引いてみてもどういう機械だかよくわからないです。

 

銘柄:クボタ 機種:ハーベスタ 形式:HS-61 価格(税込):¥390,000 購入初年度H14年

銘柄:クボタ 機種:ハーベスタ 形式:HS-61 価格(税込):¥390,000 購入初年度H14年

 

ハーベスタってどんな機械?

 

色々なものが突き出していて、見慣れない機械なためどちらが前でどちらが後ろかも判然としません。そこでクボタのサイトで取説を見てみました。

色々なものが突き出していて、見慣れない機械なためどちらが前でどちらが後ろかも判然としません。そこでクボタのサイトで取説を見てみました。

 

こんな機械なんだ・・・やっとわかりました。中を見ると「こぎ胴」とか「脱穀」などの言葉が出てきますから、コンバインかな? でも、刈取る刃が付いていません。どうも脱穀だけするコンバイン?刈取りしないコンバインをハーベスタと呼ぶみたいです。

 

-61はガソリンエンジンのようで、空冷4サイクル立形ガソリンエンジン 247cc 4.4馬力/1800rpm とあります。

主要諸元を見ると、HS
-61はガソリンエンジンのようで、空冷4サイクル立形ガソリンエンジン 247cc 4.4馬力/1800rpm とあります。

 

刃のないコンバインといいましたが、今まで見てきたコンバインはディーゼルエンジンでものすごく馬力も大きいし、走る工場のように大きな騒音とたくさんの仕事をしていました。小さな247ccのエンジンで刈取りはしないといってもそれらをこなせるんだなあ・・・

 

一体どういう状況で使うのか想像付きません。中を更にちょっと読んでみると、束になった稲刈りしたあとの稲をバラしてこの機械に突っ込み、脱穀してくれる機械だとわかりました。

 

そうか!稲架掛けして乾燥させた稲を脱穀する機械なんだ!

 

稲木の近くまで走っていって、そこで止まって脱穀するから、やることはひとつ。「走って」「刈って」「脱穀」する僕の見慣れたコンバインほどパワーは必要ないんだ! な〜るほど。

 

その他の中古機械

 

www.kanekokk.co.jp は攻撃に対して脆弱な古いセキュリティ技術を使用しています。攻撃者は保護された情報を簡単に暴露できます。サイトを安全に訪れるには、この Web サイトの管理者にサーバの問題を修正してもらう必要があります。・・・だそうです。

金子農機の送風用集塵機「チリとるもん」TM420B 中古価格¥100,000 一体どんな風に使うのかWEBサイトで調べようと思ったら、「接続が安全ではありません」・・・と「ノートン先生」に言われてしまいました。Web サイトが不適当なレベルのセキュリティを処理しようとしています。
www.kanekokk.co.jp は攻撃に対して脆弱な古いセキュリティ技術を使用しています。攻撃者は保護された情報を簡単に暴露できます。サイトを安全に訪れるには、この Web サイトの管理者にサーバの問題を修正してもらう必要があります。・・・だそうです。

 

こちらは昨日のちくし号農機製作所の色とそっくり!でもメーカーはサシナミ。サシナミの人参洗機 DUW150-8F 中古価格¥430,000

こちらは昨日のちくし号農機製作所の色とそっくり!でもメーカーはサシナミ。サシナミの人参洗機 DUW150-8F 中古価格¥430,000

 

何だか時間がなくなってきちゃいました。中古機械なかなか進まなくてすみません。明日こそ早く起きて全部やっつけます!

 

それではまた明日!

 

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2018/02/01/cyuuko_iroiro/trackback/