Homeに戻る > 老舗なのに子供ウケしない・・・残念!NORAD Tracks Santa

老舗なのに子供ウケしない・・・残念!NORAD Tracks Santa

お金にならない投資のようなボランティアのような作業に忙殺されています。ほんとうは、種を蒔いたら水と肥料をやって収穫しなくちゃイケないんですけどね。

もしかして世の中は正月モード突入なんでしょうか・・・

まとまらなかったけどEicherの記事に体力を使ったので、休みということもあり、毒にも薬にもならないようなお話でまとめてみます。

今日はクリスマス!ということで毎年ほぼ恒例のトラックスサンタのお話。

NORAD Tracks Santa

北アメリカ航空宇宙防衛司令部が毎年行っている子供達のためのサンタ追跡プログラム、NORAD Tracks Santa!

北アメリカ航空宇宙防衛司令部が毎年行っている子供達のためのサンタ追跡プログラム、NORAD Tracks Santa!

毎回書いてるんで何なのですが、北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)がもう50年もやっている夢のあるお仕事です。ウィキペディアで調べてみると・・・

ノーラッド・トラックス・サンタ

ノーラッドはクリスマスになると「ノーラッド・トラックス・サンタ」(NORAD Tracks Santa)として、毎年サンタクロースを追跡している。冷戦の真っ只中の1955年から、コーナッド(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継ぎ、2004年で50周年を迎えた[1]。

きっかけは、コロラドにある大手スーパーのシアーズ (Sears) が、子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、間違えた電話番号を載せてしまったことである。その番号は偶然にも当時のCONAD司令長官席へのホットラインで[1]、子供からの電話に、ハリー・シャウプ大佐(1917年9月29日 – 2009年3月14日)が「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」と回答して以来、クリスマスの恒例行事になった。

1998年から毎年クリスマス・イヴになると、サンタクロースの出発を「レーダーで確認」、その飛行を「偵察衛星とイージス艦とサンタカメラネットワークで追跡」し、戦闘機をカナダのユーコンからメキシコのメキシコ・シティーまで飛ばして、「アメリカの領域内にいるサンタを追跡」する[2]。これらの情報を提供するために、多くの軍事スタッフや民間人職員らがボランティアとして、電子メールや電話等の応対を務めている[3]。

インターネットが普及して以降は、公式サイトにて、クリスマス・イヴの夜から行なっている追跡の模様を、動画を用いて中継している。2006年の日本地域の中継では「新幹線や富士山と比較し速度検証した結果、サンタクロースの速度は新幹線の100倍」と言及した。

サンタ追跡には多くの企業が協力しており、2004年から追跡プロジェクトに関わっていたGoogleは[4]、2007年から2011年にかけてノーラッドの公式パートナーとして、Google Earthを用いての現在位置ストリーミング表示やモバイルGoogleマップによる携帯端末からの位置確認などのサービスを提供[5][6]。2012年はマイクロソフトを公式パートナーとして地図サービスにBing Mapsを使用している[7][8]。

なお、シーズン以外の公式ウェブサイトには、休暇中のサンタの画像が表示される。

長々と引用しちゃいましたけど、2004年から追跡プロジェクトに加わったgoogleはけんか別れしちゃったのか、2012年からでしたっけ?独自にグーグルサンタトラッカーというサイトを立ち上げてしまいました。

Google サンタを追いかけよう – Google Santa Tracker

意図的に変えているのかわかりませんが、グーグルのトラッカーはPOPな感じで、ちょっと暗いNORADのトラックスサンタとは違います。

意図的に変えているのかわかりませんが、グーグルのトラッカーはPOPな感じで、ちょっと暗いNORADのトラックスサンタとは違います。

どういうオトナの理由があったのかはわかりません。ただ、サンタトラッカーとトラックスサンタ・・・単語を入れ替えているだけで「本家サンタ」「元祖サンタ」みたいなもの。こんなことではお客さん(子供達)を混乱させるだけです。

しかも、同時に眺めているとプレゼントを配っている場所が違うし・・・

「本家サンタ」VS「元祖サンタ」抗争勃発

大げさに書いちゃいましたが、今まではそれしかなかったからNORADだったのに、ウチの子供達の評価は次第にグーグル優勢になり、結局グーグルさんの勝利。

思惑や商売、名だたる大企業が参加しているから色々やってみたいことがあったのでしょう。でも、ホントはここはぐっとこらえて一本化して欲しかったなあ・・・

NORADは画面が暗くて恐い部分もあるので仕方がないんですが、子供も老舗だからって容赦しないで「ゲームがあるから」とか「かわいいから」でグーグルに乗り換えちゃうんです。そういう問題じゃないだろ!

こんなことだと更に「ニュー・トラックスサンタ」とか「さわやかトラックスサンタ」とか「らくらくトラックスサンタ」とか「ミラクル・トラックスサンタ」とか・・・雨後のタケノコみたいにサンタ追跡が乱立する騒ぎになるんじゃないかと心配しています。

で、僕はNORAD Tracks Santa

やっぱり僕はNORやっぱり僕はNORADです。これやったって北アメリカ航空宇宙防衛司令部の人たちはちっとも儲からないんですから・・・(本来の仕事ではないし、多分。)だから応援したい。ここだって毎年少しずつ進化してますしね。ADです。これやったって北アメリカ航空宇宙防衛司令部の人たちは

やっぱり僕はNORADです。これやったって北アメリカ航空宇宙防衛司令部の人たちはちっとも儲からないんですから・・・(本来の仕事ではないし、多分。)だから応援したい。ここだって毎年少しずつ進化してますしね。


 

YouTube Preview Image

↑地球上に浮いているビデオのマークをクリックするとこんな映像が流れます。
 

どうやら今はスペイン上空のようです。

どうやら今はスペイン上空のようです。(ウチはもう来ちゃいました)

カメラマークをクリックするとこんな風にトピックが表示されます。これはスペインはバスク自治州のビルバオという町ですね。ん??鳥居??何だか気になる。

カメラマークをクリックするとこんな風にトピックが表示されます。これはスペインはバスク自治州のビルバオという町ですね。ん??鳥居??何だか気になる。

ストリートビューで写真が撮られたと思われる位置に行ってみます。町の公園地区?文教地区の真ん中ですね・・・鳥居は見当たらないなあ・・・

ストリートビューで写真が撮られたと思われる位置に行ってみます。町の公園地区?文教地区の真ん中ですね・・・鳥居は見当たらないなあ・・・

写真が撮られたところは博物館の真ん前のようですから、もしかしたら日本展みたいな展示があり、限定で建てられていたものかもしれませんね。

・・・なんだか関係ないところにいっちゃいました。今日はこれでおしまい。サンタ追跡は一本化して子供達を混乱させないようにして欲しい・・・というお話でした。バイバイ!

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2016/12/25/norad-tracks-santa/trackback/