Homeに戻る > アタッチメントいろいろその4・・・「JA&クボタ アグリンピック」

アタッチメントいろいろその4・・・「JA&クボタ アグリンピック」

今日は「JA&クボタ アグリンピック」で見たアタッチメントいろいろその4です。だんだん用途もメーカーも、見慣れない、聞き慣れない領域に入ってきています。

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア DC-V120 荷台幅1200mm 価格¥194,400(V-120-M ワンタッチ取付け) ¥166.320(V120-3 3点リンク直装)

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア DC-V120 荷台幅1200mm 価格¥194,400(V-120-M ワンタッチ取付け) ¥166.320(V120-3 3点リンク直装)

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア DC-V120 荷台幅1200mm 価格¥194,400(V-120-M ワンタッチ取付け) ¥166.320(V120-3 3点リンク直装)

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア ●キャスター標準装備 ●20〜30馬力クラスに対応 ●圃場の整地 育苗箱の土取り 堆肥運搬 籾袋運搬 除雪作業

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア 商品説明に除雪作業と書いてあるのが気になります。どうやって使うのだろう?

株式会社 富士トレーラー製作所 新型整地キャリア 商品説明に除雪作業と書いてあるのが気になります。どうやって使うのだろう?


 
以前スズテックという会社のダンプキャリアを見ましたが、それと同じような機械なのだと思います。

YouTube Preview Image

↑ 動画(3分00秒)画面クリックでも再生します。

 

株式会社 富士トレーラー製作所 あぜぬり機 COG01-PM 価格¥753,840(手動スライダー)¥807,840(電動スライダー) 適応馬力:25〜50馬力

株式会社 富士トレーラー製作所 あぜぬり機 COG01-PM 価格¥753,840(手動スライダー)¥807,840(電動スライダー) 適応馬力:25〜50馬力

株式会社 富士トレーラー製作所 ダブルあぜぬり機 マンタセブンTR-B MANTA7 価格¥1,259,280(ワンタッチ取付・折畳み電動) 特長 あぜをつないで端から端まで、塗り残し前進作業 ●MANTAの作業は前進、前進!! ●トラクターの馬力は35〜65馬力くらいまで ●センター尾輪付き ●タイヤ外幅 1800MMまで対応 ●あぜ高さ 25cm・30cm 

株式会社 富士トレーラー製作所 ダブルあぜぬり機 マンタセブンTR-B MANTA7 価格¥1,259,280(ワンタッチ取付・折畳み電動) 特長 あぜをつないで端から端まで、塗り残し前進作業 ●MANTAの作業は前進、前進!! ●トラクターの馬力は35〜65馬力くらいまで ●センター尾輪付き ●タイヤ外幅 1800MMまで対応 ●あぜ高さ 25cm・30cm 

バックで端のあぜを塗る小橋工業の「みんな忘れちゃうからお姉さんがしゃべるんです。・・・あぜ塗りガイアマチック」はバックしなくてはダメだったけど、こちらは前進でできるんですね・・・どうやってやるんだろう・・・それにしてもあぜ塗りは色々なアイディアが出ていて熱いです。
 
YouTube Preview Image

↑バックしなくちゃいけないほうの 模型動画

 

株式会社ササキコーポレーション あぜぬり機 リバースカドヌール KV2300DTX-A1/A2/b/0S 価格¥945,000 適応馬力:25〜45PS(タイヤ外幅:1740mm) あぜ高さ:最大30 cm オフセット幅自動記憶機能 でか文字の見やすい表示で簡単操作

株式会社ササキコーポレーション あぜぬり機 リバースカドヌール KV2300DTX-A1/A2/b/0S 価格¥945,000 適応馬力:25〜45PS(タイヤ外幅:1740mm) あぜ高さ:最大30 cm オフセット幅自動記憶機能 でか文字の見やすい表示で簡単操作。・・・う〜ん・・・各社熱い!

株式会社ササキコーポレーション ライムソワー ML186R-0S 価格¥420,120 適応馬力:20〜40PS 撒布幅:1.8M これが車速連動になると、ML186RSR-0S 価格¥488,160 その他のスペックは同じだそうです。

株式会社ササキコーポレーション ライムソワー ML186R-0S 価格¥420,120 適応馬力:20〜40PS 撒布幅:1.8M これが車速連動になると、ML186RSR-0S 価格¥488,160 その他のスペックは同じだそうです。

小橋工業株式会社 サイバーハロー TXE440T-0L 価格¥1,830,000 用途:代かき 作業幅:440cm 適応馬力:55〜87PS

小橋工業株式会社 サイバーハロー TXE440T-0L 価格¥1,830,000 用途:代かき 作業幅:440cm 適応馬力:55〜87PS

小橋工業株式会社 フレールモア FM187-U 価格¥608,000 用途:残茎・雑草刈り 作業幅:180cm 適応馬力:20〜32PS

小橋工業株式会社 フレールモア FM187-U 価格¥608,000 用途:残茎・雑草刈り 作業幅:180cm 適応馬力:20〜32PS

手前:カンリウ 肥料散布機 まきっこ MF760 価格¥376,920 奥:同じくカンリウ 肥料散布機 まきっこ MF 1002 価格¥436,600(良く見えないですけど多分)

手前:カンリウ 肥料散布機 まきっこ MF760 価格¥376,920 奥:同じくカンリウ 肥料散布機 まきっこ MF 1002 価格¥436,600(良く見えないですけど多分)

カンリウ 肥料散布機 まきっこ MF400 価格¥227,880 ホッパー容量:40リットル 撒布幅:4m 能率:40〜50a/h エンジン:2馬力 ミッション:前進1段

カンリウ 肥料散布機 まきっこ MF400 価格¥227,880 ホッパー容量:40リットル 撒布幅:4m 能率:40〜50a/h エンジン:2馬力 ミッション:前進1段

うねたてブラザース STA-DB40 コードFA000-36608 価格¥248,400 目安馬力:25以上 うねを立てる機械のようですが、メーカーよくわかりません。目安馬力とアバウトなことが書いてあるわりには、コード番号がしっかり書いてあるあたりが謎です。

うねたてブラザース STA-DB40 コードFA000-36608 価格¥248,400 目安馬力:25以上 うねを立てる機械のようですが、メーカーよくわかりません。目安馬力とアバウトなことが書いてあるわりには、コード番号がしっかり書いてあるあたりが謎です。

株式会社広洋エンジニアリング ほうれんそう根切機 TBR-12 価格¥447,120

株式会社広洋エンジニアリング ほうれんそう根切機 TBR-12 価格¥447,120

株式会社広洋エンジニアリング ほうれんそう根切機 TBR-12 文字通りほうれん草の根を切る機械のようですが、使っている様子の写真を見てもイメージがさっぱりわきません。動いている所を見てみたいです。

株式会社広洋エンジニアリング ほうれんそう根切機 TBR-12 文字通りほうれん草の根を切る機械のようですが、使っている様子の写真を見てもイメージがさっぱりわきません。動いている所を見てみたいです。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

明けましておめでとうございます!!今年も撮り虎楽しみにしています♪

冨士トレーラー制作所は新潟県にある会社で、この他にコンバイントレーラーや水田車輪も作ってます。

冨士トレーラーの整地キャリア、ウチにも幅1500のヤツがあります。おそらく30年近く使っていると思います。

我が家では自宅敷地の除雪(ちなみに山形県の日本海側です)、春から秋は軽い物の運搬に使っています。

昔は田んぼの土をバケットの前に付いている鋤(スキ)で取って、稲の育苗培土作りに使っていました。

私が住んでいる地域の農家には、整地キャリアは一家に一台必ずあるような気がします…。

少し話は変わりますが、サンシャインモンローマチックの後半3ページのカタログ、確か送ったと思うのですが…、送れてなかったらすみませんm(__)m

2015年1月3日 9:42 PM | トラクター狂

トラクター狂さん あけましておめでとうございます

整地キャリアはスズテックのものしかないと思っていたのですが
そんなに前から富士トレーラー製作所では製造していたのですか・・・
除雪はバックで雪を掬う感じなのでしょうか?
今年も雪が多そうで大変そうですね
こちらは全くといっていいほど雪は降らないので、少しこちらで分担したいくらいです(ちょっとだけ)

モンローマチックの後半、蹴られちゃったのでしょうか、届いてないんです
1枚ずつなら届くとは思うんですが・・・

2015年1月4日 8:59 AM | nora

先ほど、サンシャインモンローマチックの後半3ページ、1ページずつ送ってみました。

無事届くと良いのですが…。

2015年1月4日 5:55 PM | トラクター狂

トラクター狂さん 届きました ありがとうございます!

2015年1月5日 8:51 AM | nora

>バックで端のあぜを塗る

普通の作業機ではトラクターから作業機までの部分が作業できず手作業が必要なので、リバース作業機が開発されて端まで機械作業が可能になった訳ですが、作業機を左右反転させるというリバース作業機の構造上、リバースさせるとバックで作業する必要に迫られました。

人間という者は横着なもので、作業機をリバース状態に切り替えるのも面倒くさいし、バックで作業するのは技術的にも難易度が高いので、前進のまま端まで作業したいというニーズは相当に高いのでしょう。

うちの近所には特殊3点リンクでリバース作業機を取り付け、作業機の前後水平をきちんと調整しないままリバースさせて「バックだと巧く塗れない。」と曰った強者がいるくらいで、リバース作業機は使う側にも知識と技術が求められます。(これにも「作業機が喋る」という解が提示されています。)

この部門は未だ黎明期のようで、トラクターが回頭しても作業機だけ直進して端まで作業するハイテク作業機と、右側作業で届かない場所は左側作業という左右対称形作業機が、現在提示されている解のようです。

これが「緊プロ」採択されていれば、メーカーの枠を越えた共同開発で最適解のみが提示されたのでしょうが、各社が知恵と技術を競い合っている分野のようなので、もしかしたら今後も更に魅力的な解が提示されるんじゃないかと、ワクワクします。自分自身はリバース作業機すら買えないんですけど(笑)

2015年1月5日 12:58 PM | 愛読者

愛読者さん おはようございます

黎明期でワクワクする感・・・ほんとうですねえ
さらに「緊プロ」(いまだこの語感に慣れませんが)採択されていれば、メーカーの枠を越えた共同開発で最適解のみが提示されたであろうこと
そうなのだろうなあ・・・と思います
どちらにせよ、農機の中で今一番おもしろいのがこの分野なのは間違いないですね!

なにせ初め見たこの機械は「あとはできないから手でやってね!」という機械としてどうなの?と言うものでしたから・・・
それだけにすごく余地が残っている感じです

2015年1月6日 9:13 AM | nora

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/01/03/att_agri-4/trackback/