Homeに戻る > 尻尾にホワホワの毛 シオヤアブ

尻尾にホワホワの毛 シオヤアブ

シオヤアブ 木にとまってじっとしています。漢字で塩屋虻と書くそうですが、尻尾が白いからだとか・・・ということは塩屋さん(塩を売っているお店屋さん)ということなんでしょうね。

シオヤアブ 木にとまってじっとしています。漢字で塩屋虻と書くそうですが、尻尾が白いからだとか・・・ということは塩屋さん(塩を売っているお店屋さん)ということなんでしょうね。

庭の木にでっかいアブを見つけました3センチほどのスマートな機体で、なぜかしっぽにホワホワの白い毛があります。ものすごく目立つなあ・・・

家の中へ戻ってカメラを取ってきても十分間に合うほどおとなしい?のでした。

シオヤアブ ちょいと高いところなので、手がプルプルしちゃってうまくピントが合いません。

シオヤアブ ちょいと高いところなので、手がプルプルしちゃってうまくピントが合いません。

調べてみるとムシヒキアブの仲間で(漢字で虫挽き虻・・・すごい名前!!)シオヤアブというのでした。白いホワホワの毛はオスだけにあるようです。どうも強いと大人気のアブのようで、たくさんの記事をネット上で読む事ができます。

すっごく気になって撮ったホワホワなんですが、白飛びしてしまった・・・残念!

すっごく気になって撮ったホワホワなんですが、白飛びしてしまった・・・残念!

なんだか小さな虫にその人なりの思い入れのある「強さ」を投影しているのがすごくおもしろいです。虫自体は意識していないはずですが、どんなに小さな世界でも「第一人者」は人を引きつけるのだなあ・・・と思いました。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/07/13/shioyaabu/trackback/