Homeに戻る > 弘道館の桜、せっかく行って撮ってきたので載せようと思って説明書き読んだら結構おもしろい

弘道館の桜、せっかく行って撮ってきたので載せようと思って説明書き読んだら結構おもしろい

水戸藩の藩校弘道館 弘道館鹿島神社の桜。水戸藩第9代藩主徳川斉昭公(烈公)は天保9年(1838)水戸学大道の象徴たる藩校弘道館の仮開館に際して、仁孝天皇の勅許を得て神殿を造営し、同11年(1840)9月、潮田巧蔵に命じて、構内に武甕槌大神を祀る意思を宣言した「弘道館記」を真弓産の大理石に刻らしめ、安政4年(1857)5月9日、常陸国一ノ宮鹿島神宮の御分霊を遷祀し、更に斉昭公が自ら鍛えた「葵くずし八雲鍛え」の太刀を奉納して御神体に擬え弘道館に魂を入れて本会館となりました。(太刀は水戸市指定重要文化財・県立歴史館保管)

弘道館鹿島神社の桜。この社にもあとから述べますがいろいろあるのでした。

水戸のお堀の桜を撮るついでに見てきた弘道館。さらっと流して写真だけ撮ってきたのだけれど、写真に写っていた説明書きを読んだら結構おもしろいのでした。

カメラの使いかた、あとから気がつくこういうメリットもあるんですね。

要石歌碑

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑 入口から入って何となく目に付く大きな楠の下にあります。

要石歌碑 入口から入って何となく目に付く大きな楠の下にあります。

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑の楠

こんな巨大な楠です

水戸藩の藩校弘道館 要石歌碑の楠

歌碑やまわりを覆ってあまりあるくらい、大きくかぶっています。

歌碑脇の看板には・・・

要石歌碑

鹿島神宮の要石になぞらえて建てたこの歌碑はの自選、自筆によるもの。

大和の道は万古不易の大道で日本人の実践すべきものであることを示された。

「行く末もふみなたがへそ 蜻島(あきつしま) 大和の道ぞ 要(かなめ)なりける」

とあります。

この歌碑は要石をかたどっているそうですが、見えてる部分は少なくてもものすごい部分が土に埋まっているそうです。とはいえ、こんな形(断面図だと思いますが)を埋めるのは大変な作業・・・

そして、これを掘るというお話があるそうなんですが、先の見えない作業は人の心をいつの時代でも砕くみたいで、ずっと掘り続けても途中で諦めてしまうぐらいのものだんだそうです。

そういえば地面に埋まっている石、グラグラしているようでも、いざ引っこ抜こうとするとかなり苦労しますもんね。抜けそうでなかなか抜けない歯なんかもそう。

要石、ウィキペディアに記載がありました

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮にある要石 ウィキペディアより

茨城県鹿嶋市の鹿島神宮にある要石 ウィキペディアより

要石(かなめいし)は、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮と千葉県香取市の香取神宮にあり、地震を鎮めているとされる、大部分が地中に埋まった霊石。

伝承
地上部分はほんの一部で、地中深くまで伸び、地中で暴れて地震を起こす大鯰あるいは竜を押さえているという。あるいは貫いている、あるいは打ち殺した・刺し殺したともいう。
そのためこれらの地域には大地震がないという。ただし、大鯰(または竜)は日本全土に渡る、あるいは日本を取り囲んでいるともいい、護国の役割もある。なお、鹿島神宮と香取神宮は、日本で古来から神宮を名乗っていたたった3社のうち2社であり(もう1社は伊勢神宮)、重要性がうかがえる。
鹿島神宮の要石は大鯰の頭、香取神宮の要石は尾を押さえているという。あるいは、2つの要石は地中で繋がっているという。
要石を打ち下ろし地震を鎮めたのは、鹿島神宮の祭神である武甕槌大神(表記は各種あるが鹿島神社に倣う。通称鹿島様)だといわれる。ただし記紀にそのような記述はなく、後代の付与である。武甕槌大神は武神・剣神であるため、要石はしば剣にたとえられ、石剣と言うことがある。鯰絵では、大鯰を踏みつける姿や、剣を振り下ろす姿がよく描かれる。

逸話
古くは「ゆるげどもよもや抜けじの要石 鹿島の神のあらん限りは」と詠われている。江戸時代には、この歌を紙に書いて3回唱えて門に張れば、地震の被害を避けられると言われた。
1255年(建長8年)に鹿島神宮を参拝した藤原光俊は、「尋ねかね今日見つるかな ちはやぶる深山(みやま)の奥の石の御座(みまし)を」と詠んでいる。
古墳の発掘なども指揮した徳川光圀は、1664年、要石(どちらの要石かは資料により一定しない)の周りを掘らせたが、日が沈んで中断すると、朝までの間に埋まってしまった。そのようなことが2日続いた後、次は昼夜兼行で7日7晩掘り続けたが、底には達しなかった。

手水

水戸藩の藩校弘道館 要石を過ぎるとこの水場があります。手水をスマートに使えるといいですね・・・

要石を過ぎるとこの水場があります。手水をスマートに使えるといいですね・・・

弘道館の手水

涼しそう・・・

水戸藩の藩校弘道館の手水

おお!作法がちゃんと書いてあります

手水の作法

1:初めに右手で柄杓を取り、水を汲んで左手を洗い、
2:次に右手を洗い、
3:次に左手に水をため、
4:次に口をすすぎ、
5:次に左手を洗い、
6:最後に、柄杓を立てて柄に水をかけて洗い納めます。

水戸藩の藩校弘道館の手水作法

最後のイラストはこんな風にかわいらしい! 

古井戸

水戸藩の藩校弘道館 井戸

江戸時代の古井戸だそうです

水戸藩の藩校弘道館 井戸

梅の花かなあ・・・

水戸藩の藩校弘道館 井戸

足が折れて接いだのか、それともズレ防止なのか、不思議なことになっています。

水戸藩の藩校弘道館 井戸

井戸の屋根・・・桜が遠くに・・・

水戸藩の藩校弘道館 井戸

銅製ですけどたぶんプレス品

ああ・・・時間がなくなってきちゃった・・・仕事をちょっと片付けて、午後またアップします。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/04/15/koudoukan-mito/trackback/