Homeに戻る > カワラヒワ(たぶん)2014

カワラヒワ(たぶん)2014

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

カワラヒワ(たぶん)目のまわりが派手なのでオスなのかもしれません

まだ葉の出ていない柿の木に見慣れないスズメ大の小鳥がとまっています。

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

後ろ姿が特徴的

羽根の先だけ白黒ダンダラ模様。お腹の色は菜の花色を暗くしたような色とうぐいす色のグラデーション。目のまわりは暗い色のアイシャドー。太めの嘴はピンク色です。

以前に調べた時は「カワラヒワ」と判断したのですが、しょっちゅう見るわけではないので忘れていました。とにかく、やけに手先の白黒模様が目立つ鳥です。

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

こんな風に見える?

ウィキペディアによれば

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 “Oriental Greenfinch” は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

形態
体長は約 14cm 、翼開長約24cmでスズメと同大だがやや小さい。全体的に黄褐色で、太い嘴と、翼(初列風切と次列風切)に混じる黄色が特徴的である。

とあります

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

生き物や植物が目に付く季節になってきました

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

カワラヒワ:鳴き声は「キリリ、コロロ」等と聞こえるらしいですが、未確認です

カワラヒワ(河原鶸、学名:Carduelis sinica)はスズメ目アトリ科に分類される鳥類の一種である。英名 "Oriental Greenfinch" は東洋にいる緑色のアトリ類の意味。種小名sinicaは支那(中国)の意味である

関係ないですけど、軽く山に登ってきたので筋肉痛です

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2014/04/13/kawarahiwa2014/trackback/