えっ?ゴミじゃないの?(ウナギとりの道具)

ウナギとりの道具「タカスポ」

ウナギとりの道具「タカスポ」

目に入っているのに見えてない、意識していないもの・・・いろいろあります。先日、目に入っていたのに見えてなかったもの。ウナギとりの道具「タカスポ」です。何でタカスポというかと聞けば、「竹筒だからだよ」って・・・竹筒→タカスポ? 似てるけど、かなり違うよぉ・・・てっきりゴミだと思っていました。

浮かべといたら割れちまうぞ・・・とIさん 「えっ?ゴミじゃないの?」

浮かべといたら割れちまうぞ・・・とIさん 「えっ?ゴミじゃないの?」

大場町島地区は汽水湖(汽水沼?)である涸沼から海へ流れている涸沼川と、その涸沼側に流れ込んでいる石川川に囲まれています。その涸沼川は海水が流れ込んでいるために、シジミや海の魚も取れて漁も盛んに行われています。その漁の一つにウナギ漁もあるのだそうです。

「違うよ。見せてやっから」Yさんが引き寄せます。

「違うよ。見せてやっから」Yさんが引き寄せます。

ウナギとりの道具

ウナギ、入ってないかな〜 ♪

いないわ・・・残念!

いないわ・・・残念!

以前別の道具も紹介しましたが、このゴミだと思った竹筒もウナギとりの漁具だったのでした。

原理としては単純で、

1:竹の節を抜いて筒にしたもの、片方の端を網で塞いで、もう片方を開け放しておく。
2:中にエサを入れてポイントに沈めておく。
3:たまに見に行って、引き上げ、中にウナギが入っていたらいただく

・・・こんな具合です。

こんな具合か? 想像図

ウナギはこのように捕まるのでは?ウナギはこのように捕まるのでは?ウナギはこのように捕まるのでは?ウナギはこのように捕まるのでは?ウナギはこのように捕まるのでは?

Sさんの仕掛けを見てうなるIさん。Iさんは別のタイプのものを作っているそうです。

Sさんの仕掛けを見てうなるIさん。Iさんは別のタイプのものを作っているそうです。

この道具は個人個人でウナギと対話しながら作るもので、人それぞれ・・・道具にポリシーとその人となりが表れているのでした。これはSさんのウナギとりですが、Iさんはこれとは違うものを作っているそうです。 続く

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/02/04/unagitori-sono2/trackback/