今年の積雪は8日遅れ

雪が降った!・・・ちょっとだけ

雪が降った!・・・ちょっとだけ

めったに雪も降らない、ましてや積もることもない水戸市大場町ですが、去年雪が降り、積もったのは1/16日のことでした。そして今年は昨日、1/24日に去年から8日遅れてほんの少し、雪が初めて積もりました。

備えがないのでこんなわずかな雪でも、ちょっとどうしようか・・・なんて

備えがないのでこんなわずかな雪でも、ちょっとどうしようか・・・なんて

地球温暖化のせいか、以前に比べて雪が積もることは量といい回数といい減ってきたと感じていますが、それだけに雪への備えは皆無と言ってよく、なかなか心配なものです。

朝日が昇ります

朝日が昇ります

ついでに、そこそこ寒いのに北海道の人に呆れられるぐらい断熱対策や暖房器具はプアだし・・・北の人からは関東だと思われ、関東圏の人からは東北だと思われ、それが証拠にリンゴもミカンもできる・・・ここ茨城はなかなかユニークな(僕は南東北だと思います)ところです。

冷え込んで氷も張っています。早朝から大洗の防災無線は「スリップ事故に注意」と放送しています。大洗町の住人が雪道に慣れていなくて、水戸市の住人は慣れている・・・というわけではないはずなのに、水戸の防災無線は無言を貫いています。ガンバレ!水戸の防災無線!

冷え込んで氷も張っています。早朝から大洗の防災無線は「スリップ事故に注意」と放送しています。大洗町の住人が雪道に慣れていなくて、水戸市の住人は慣れている・・・というわけではないはずなのに、水戸の防災無線は無言を貫いています。ガンバレ!水戸の防災無線!

僕のクルマの滑り止めはチェーンくらいなもので、大して役には立ちません。雪が降ったら仕事は休み、数センチの雪で事故多発なんて、雪の多い地方からしたら「ケッ」ってなもんですね。

女の人はクルマを押すのが好き?

今では夏タイヤのクルマがスタックするほど雪が降ることはめったにありませんが、スタックと言えば不思議に思うことがあります。

「蜘蛛の糸」じゃないけど一所懸命クルマを押していて、「ハッ」と気がつくとわらわらと女の人が後に続いてクルマを押している。(もちろん知らない人)どちらかといえば、男の人は興味がなさそうに見ているだけ。

「蜘蛛の糸」じゃないけど一所懸命クルマを押していて、「ハッ」と気がつくとわらわらと女の人が後に続いてクルマを押している。(もちろん知らない人)どちらかといえば、男の人は興味がなさそうに見ているだけ。

僕はクルマの脱出が大好きなのでハマったクルマは必ず押すことにしていますが、僕の感触ではスタックしたクルマを押してくれるのは断然女の人のほうが多い。

町中できれいな服を着ていても汚れるのを構わず、スタックしたクルマにまるで吸い寄せられるように飛び入りで脱出作業に加わるのは女の人ばかり。もしかしたらお神輿を担ぐようなふうに思っているのでしょうか?

これは冬に限ったことではなく、夏は砂浜でスタックしたクルマを大喜びで押すのは女の人です。一緒に来た彼のほうは、砂浜の奥に入りすぎたその下心もあって意気消沈してしまうのは致し方ないところではありますが・・・

とにかく、8:2で女の人は脱出好き。(なぜそうなのかはわかりませんけど)

ダカールラリーで「男ライン」「女ライン」という話題を取りあげましたが、これはカッコ付けて派手に見せるということと、派手でなくてもいいから確実に目的を遂行するということを「男」「女」という言葉で対比させたものだと思います。

「男ライン」が最初に目に飛び込んで光っています。少々危険な感じが、よりその魅力を引き立たせています。しかし、ちょっと待って! 誰も見ていないところでは男らしさを強調したところでメリットがありません。もしかしたら安全な「女ライン」のほうがかえって速いかもしれません。視野の広さはここでも必要です。

「男ライン」が最初に目に飛び込んで光っています。少々危険な感じが、よりその魅力を引き立たせています。しかし、ちょっと待って! 誰も見ていないところでは男らしさを強調したところでメリットがありません。もしかしたら安全な「女ライン」のほうがかえって速いかもしれません。視野の広さはここでも必要です。

ということは、派手ではないが確実な手法をとり、万が一のスタックにも大喜びで楽しく対処する・・・もしかして女の人は最強のDune-crosserなのではないでしょうか?

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/01/25/sekisetsu/trackback/