島茅の正体を考えるその2(仮結論編)

↓昔の産地から引用

茨城県水戸市大場町島地区、石川川の昔のようす想像図

昔、大場町島地区は茅葺き屋根の材料の茅の産地だったそうです。収穫した茅は船に満載して運んだそうですが、こんな風だったかもしれません。想像図、クリックで拡大します。

「昔の島地区は茅や葦の産地だった」(詳しいいきさつはこちらを見てくださいね)という記事で、「島茅(しまがや)」(この字が当てられるのかどうかはわかりませんが)という茅葺き屋根の屋根材が生産されていたと書きました。その「島茅」を自分なりに探してみた・・・その2です。

葦(アシ・ヨシ)です

葦(アシ・ヨシ)です。

葦(アシ・ヨシ)です。

あちこち見ていると、まずヨシはあたりまえのように見られます。しかし、ヨシは別にヨシズを編んだりするのに別に刈ったそうなので、これではない。

ススキです

ススキ 結構背も高いしきれいです。これはこれで使えそう

ススキ 結構背も高いしきれいです。これはこれで使えそう

次に目につくのはススキ。ネットで調べてみるとススキは広く屋根材として使われているので、ススキでも良いはずなんですが、「ススキは長持ちしないが、「島茅(しまがや)」は長持ちする」との証言もありましたので、これではない。

ススキの穂

ススキの穂

で、僕なりに「これではないかなあ」と思ったのがこれ、オギ(荻)です。

オギ 背が高く、穂はススキに似ていますが、大きくふわふわしています。ススキの様に一つの株からわっと生えていなくて、平面的に生えています。

オギ 背が高く、穂はススキに似ていますが、大きくふわふわしています。ススキの様に一つの株からわっと生えていなくて、平面的に生えています。

ウィキペディアによると

オギ(荻、学名:Miscanthus sacchariflorus)とはイネ科ススキ属の植物の一種である。
草丈は1~2.5m程で、河川敷などの湿地に群落を作る身近な多年草である。日本全国や朝鮮半島、中国大陸に分布している。葉は40~80㎝と長く、幅は1~3cm程度であり、中央脈がはっきりしている。花期は9~10月、穂は25~40cm程であり、小穂が多数互生している。茎は硬くて節を持ち、つやがある。
ススキに良く似ているが、オギは地下茎で広がるために、株にならない。また、ススキが生えることのできる乾燥した場所には生育しないが、ヨシよりは乾燥した場所を好む。穂はススキよりも毛が長くて白く、柔らかい。
かつては茅葺の屋根の材料として広く用いられていた。

荻だって・・・萩って言う字に似てるなあ

荻だって・・・萩って言う字に似てるなあ

ススキの仲間なんですね。どうりで似てると思った。似てはいますが、ススキより穂が大きくふわふわの毛があります。そして背が高く、ある程度の材料の長さも揃えられそうです。

オギ

背が高いので見上げるような写真になっちゃってます

オギの穂

オギの穂

荻とススキの穂の違い

荻の穂拡大 雨の降った日に取ってきたので少し濡れています。ホントはもっとふわふわだと思います。

荻の穂拡大 雨の降った日に取ってきたので少し濡れています。ホントはもっとふわふわだと思います。

左オギ右ススキ オギのほうが大きいです

左オギ右ススキ オギのほうが大きいです

左オギ右ススキ オギの毛はかなり長いです

左オギ右ススキ オギの毛はかなり長いです

種部分?を取り出してみました 左オギ右ススキ ススキの種?はピヨ〜ンとアンテナが立っています。

種部分?を取り出してみました 左オギ右ススキ ススキの種?はピヨ〜ンとアンテナが立っています。

引き続き探索するとして、短期的に僕はこのオギを「島茅(しまがや)」としたいんですが、Mさんkobbasanさんどうでしょうか?(背は低めとの証言はありましたが、しょっちゅう刈っていればこれより低くなりそうなので・・・)

他にもスゲなども屋根材として使用されたそうですが、ちょっとこれは目に入りませんでした。また、「シマガヤ」で検索すると、霞ヶ浦特産の屋根材として出てきます。この「シマガヤ」はクサヨシの班入りであるとの記述も見られます。

音だけの話なので、水戸市大場町島地区の「島茅(しまがや)」が、霞ヶ浦特産の「シマガヤ」と同じ物なのか、また、クサヨシの班入りである「シマガヤ」と同じ物なのかわからないですよね。昔のことなので写真もないし・・・引続き気にしてみていたいと思います。なにか気がついたら情報をお寄せください。よろしくお願いします。

水戸市大場町島地区の地理や歴史の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • もう稲わらの顔を見なくていい毎日へのコメント (hyoukou240mより[01/13]) はようございます
  • 管理人よりへのコメント (noraより[01/04]) 六郎田一馬さん 明け
  • 管理人よりへのコメント (六郎田一馬より[01/04]) こんにちは。明けまし
  • 「ラク」「カンタン」はこの頃から・・・クボタサンシャイン「昔のカタログ」へのコメント (作業所ひなの農作業用トラクター! | 作業所ひなのブログより[01/01]) […]
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/28]) noraさんando
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (象印より[12/19]) 実家に帰った時に写真
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) 「フランスとドイツで
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/19]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[12/18]) noraさんhoka
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) FOWERD CON
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[12/18]) noraさん おはよ
  • 管理人よりへのコメント (noraより[12/17]) 六郎田一馬さん こん
  • 超腰高の電話ボックス。眉間にTのクボタグレイツ乗用管理機GT21「撮りトラ@スプリングフェア2018」へのコメント (noraより[12/17]) ぽんこつさん こんば
  • バラバラだった意匠を角ダルマ顔に統一。その余波でSU1301とSU1341が生まれた。シバウラ名の法則私案+シバウラSL1543「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 匿名さん こんばんは
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) hokkaidouj
  • 1965〜1967年(多分)FORD4000メジャー「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 象印さん こんばんは
  • 当時の感覚で1200万円!37馬力のナフィールドユニバーサル3・・・「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/17]) 森本隆志さん こんば
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (noraより[12/17]) ANDOさん  こん
  • 2002年生まれ。ポット乗用6条田植機、みのるRXC-6へのコメント (noraより[12/17]) houkou240m
  • 光や音で伝える、コミュニケーションを変える技術その3「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[12/17]) hyoukou240
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械