ヒシの花その2(大場町のヒシ2011)

ヒシの花

菱の花 せいぜい花の根元が水面より上へ出るか出ないか・・・といった感じです。

去年はなかなか見つけられなかったヒシの花、やっと回路がつながったのか、今が最盛期なのか車に乗っていても目にはいってくるようになりました。

見慣れてくると、今度は目に飛び込んできます。ヒシの花

見慣れてくると、今度は目に飛び込んできます。ヒシの花

手持ちのカメラでは水路のヒシの花を大きく撮れないので、水から引っぱり上げて手元で写真を撮ってみました。水面でアップアップしているような花ですので、花びらは大きく開くことはないみたいです。

この中で咲いているんですけど、パッとはわからないですよね。葉っぱがピカピカしてるんで光を反射しちゃうし。

この中で咲いているんですけど、パッとはわからないですよね。葉っぱがピカピカしてるんで光を反射しちゃうし。

ヒシの花

ヒシの花 もしかしたら虫をお迎えするために、この部分に水が入らないよう、一所懸命守っているのかもしれません。

菱の葉っぱ

ヒシの葉っぱ ピカピカして水を弾きます。

その葉っぱの柄部分についている浮き 水をはじく葉っぱとこの浮きとアンカーでヒシは水面に浮いています。

その葉っぱの柄部分についている浮き 水をはじく葉っぱとこの浮きとアンカーでヒシは水面に浮いています。

根っこ? この紐のような根っこで水底に繋がれています。

根っこ? この紐のような根っこで水底に繋がれています。

ヒシの花

ヒシの花

ヒシが増える場所は一定ではないみたいです。

ヒシが増える場所は一定ではないみたいです。

大場町のヒシの記事へ
大場町のヒシの記事へ

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/08/29/takusanhisihana/trackback/