イタチの位置情報サービス!

イタチ 真っ黒なつぶらな瞳が4つ。穴の中からこちらを伺っています。お〜〜〜〜かわいいじゃん!

イタチ 真っ黒なつぶらな瞳が4つ。穴の中からこちらを伺っています。お〜〜〜〜かわいいじゃん!

飼料稲の稲刈前で、水を落とした田んぼ。その排水口でイタチを見つけました。植物の写真を撮っていたのですが、「チチッ チチッ」と、鳥の声がしてるナ・・・と思っていたら、足の穴からかわいい顔がのぞいていました。2匹います。

小さなイタチが穴から飛び出して、飼料稲の株の間に消えます。「チチッ チチッ」と鳴く声は、稲の上にその位置をフキダシみたいに浮かんで、どこで鳴いているか位置かわかりやすいです。おお!これなら迷路みたいな田んぼの中でも迷わないですみますね!

小さなイタチが穴から飛び出して、飼料稲の株の間に消えます。「チチッ チチッ」と鳴く声は、稲の上にその位置をフキダシみたいに浮かんで、どこで鳴いているか位置かわかりやすいです。おお!これなら迷路みたいな田んぼの中でも迷わないですみますね!

7〜80センチにも伸びた飼料稲はうっそうと茂って、きれいに並んだその株の奥からも兄弟?家族かな?「チチッ チチッ」と、イタチの鳴く声がしています。稲の間から上へ抜けて、フキダシが出て浮かんでいるのが見えるような気がします。

確かにこのような草むらの中では、よく通る声がないとお互い意思の疎通ができませんね。もしかしたら「人間がいるぞ!気をつけろ」と言っているのかもしれません。

イタチの位置情報サービスみたいな感じかな?

イタチの位置情報サービスみたいな感じ?相手の位置と自分の位置の関係がわかるかも

ウィキペディアによると

イタチ(鼬、鼬鼠)とは、ネコ目(食肉目) ネコ亜目(裂脚亜目) イタチ科 イタチ属 Mustela に含まれる哺乳類の総称である。オコジョ、イイズナ、ミンク、ニホンイタチなどがイタチ属に分類される。ペットとして人気のあるフェレットもイタチ属である。
なお、「イタチ」の語は元来、日本に広く棲息するニホンイタチ Mustela itatsi を特に指す語であり、現在も、形態や生態のよく似た近縁のチョウセンイタチ M.sibirica coreana を含みながら、この狭い意味で用いられることが多い。

イタチ類は、オスに比べメスが極端に小柄であることでも知られ、この傾向は小型の種ほど顕著である。メスの体重は、たとえば前述のアメリカイイズナやチョウセンイタチ M.s.coreana ではオスの半分、ニホンイタチではオスの3分の1である。
小柄な体格ながら、非常に凶暴な肉食獣であり、小型の齧歯類や鳥類はもとより、自分よりも大きなニワトリやウサギなども単独で捕食する。反対にイタチを捕食する天敵は鷲・鷹・フクロウと言った猛禽類とキツネである。

ええっ?大きく見るとネコの仲間?ネズミよりはネコに近いのですね。そういわれてみれば、身のこなしとか、ふさふさした尻尾なんかネコみたいといえばネコみたいです。

イタチがくわえている写真は撮り損ねたんですが、カエルです。カエルが食べられるんでは食料に困ることはないですね。

イタチがくわえている写真は撮り損ねたんですが、カエルです。カエルが食べられるんでは食料に困ることはないですね。

イタチ じーっと見てるとだんだん大胆になって、少しずつ出てきました。好奇心はおう盛なようです。

イタチ じーっと見てるとだんだん大胆になって、少しずつ出てきました。好奇心はおう盛なようです。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/08/22/itachi/trackback/