鳥プールは今日も大盛況 コサギ/チュウサギ

鳥プール。サギの仲間がたくさん・・・大盛況です。

鳥プール。サギの仲間がたくさん・・・大盛況です。

以前にも書いた、鳥プール。前回から引用すると、

稲の背丈がずいぶん高くなり、つい最近田植え(飼料稲だと思います)したところとの差がずいぶん大きくて、一角だけぽっかりと水面が覗いている場所があります。そんなところは、まわりに目隠しのついた、エサもとれるし遊べる、鳥たちのプールになっています。

今日もサギのお客さんで大盛況です。

コサギ

コサギたち

コサギ

コサギたち

サギの仲間は種類ごとに分かれるのではなく、色々な種類がまとまって緩い集団を作るみたいです。ですから、ここでも色々な種類が見られます。数はコサギが多いみたいです。

チュウサギ

真ん中に立っているのはチュウサギでしょうか?

真ん中に立っているのはチュウサギでしょうか?

チュウサギ 夏

拡大してみました。

右端で口を開いているのも、チュウサギじゃないかと思うんです。

右端で口を開いているのも、チュウサギじゃないかと思うんです。

アオサギの若鳥も?

色がハッキリしていない感じなので、アオサギでもまだ若いのだと思います。でも、大きさはいっちょまえ。鳥プールでは一番大きいです。

色がハッキリしていない感じなので、アオサギでもまだ若いのだと思います。でも、大きさはいっちょまえ。鳥プールでは一番大きいです。

夏は恋の季節?

サギたちは夏羽になると、飾り羽根のついたものが目立つようになります(オスなのかな?)。とりたてて誰かに見せているようには見えないのですが、何気ない仕草の中、飾り羽根を透かして日が差し込んだりして、大変きれいです。

白鷺が、クジャクみたいに羽を広げるのを見ました クジャクというのは大げさかもしれませんが・・・クリックで拡大します

白鷺が、クジャクみたいに羽を広げるのを見ました クジャクというのは大げさかもしれませんが・・・エサをついばんでいる時に思わず開いちゃった感じです。威嚇するわけでもなし、誰かに見せる風でもなし、自分では気がついていない感じなのがおもしろいです。

やっぱりやっぱり目が怖い

鳥プール

何気なく写真を拡大してみると、サギの目はある人にそっくり!

失礼ながら、似てません?

大変に失礼とは思いますが、パッと見て、東洲斎写楽さんの描いたこの絵、市川蝦蔵「竹村定之進」って感じです。くっとわずかに開いた口の端といい、おでこに皺が寄っちゃうぐらいエサ?を小さな目で狙っているようすといい、なんだか見栄を切っているみたいです・・・

サギの記事をまとめてご覧になるにはこちら

野鳥の記事をまとめてご覧になるにはこちら

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/07/22/pool_kosagi/trackback/