1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 14

2月2011

カワウ

カワウちゃん

アオサギなどに比べると翼が小さく、飛ぶのは辛そうです。

石川川や涸沼川でよく見られるカワウです。この鳥はオオバンと同じように水に潜るのが上手だそうですが、そのために、飛行性能を犠牲にしているのでしょうか、アオサギなどが飛んでいるときは、羽ばたく回数も少なく、悠々としているように見えるのに対して、カワウはバタバタと、見ているこっちが辛くなるくらいものすごく忙しそうです。直線的に力技で飛んでいる感じで、アオサギのように器用に首をたたんだりしません。あちらを立てればこちらが立たず。大きな羽は水に潜るのには邪魔になるのかもしれません。

ウィキペデイアほかによると、

カワウ(川鵜、学名:Phalacrocorax carbo)は、ペリカン目(Sibley分類ではコウノトリ目に属する)・ウ科に分類される鳥類の一種。名前の由来は文字通り「川」に生息する「鵜」である。ただし、河川のみならず、河口付近や浅海域でも普通に見ることができる。

また、1970年頃に一回ずいぶんと数が減ったそうですが、カワウによる被害のニュースなども目にすることがあるくらいに今は持ち直しているようです。また、その糞は古くから肥料として利用されていたそうです。

朝は川のほうへ向かって出勤する姿が 夕方は山のほうに向かって帰宅する姿を良く見かけます。

朝は川のほうへ向かって出勤する姿が 夕方は山のほうに向かって帰宅する姿を良く見かけます。

カワウは目がみどり!

カワウは目がグリーンです。

カワウは目がグリーンです。オレンジ/白と書きましたけど、もしかしたらクチバシがこんな色なのかもしれません。たとえば大きい口を少しでも小さく見せるようにお化粧しているとか・・・

写真を拡大して見ていると、カワウは目がきれいなグリーンです。それにクチバシの先はかなりきつくカギ型になっていて、「捕まえた魚は絶対に逃がさない!」という強い意志を感じます。それにしても、どういう必然性なのか、鳥の目はみどりだの赤だの黄色だの、派手な色も多いようです。

翼が小さいせいなのか、弾丸のように滑空するカワウ。急いでどこへ行くのでしょう?

翼が小さいせいなのか、弾丸のように滑空するカワウ。急いでどこへ行くのでしょう?

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

おしゃれだけど、やっぱり怖いアオサギさん

アオサギさんの飛ぶ姿

ホントにおおきいなァ アオサギさんは飛んでいる時も眉毛?か髪の毛?がたなびいて優雅です。

このあいだ、たまたま近くを飛んでいるアオサギさんの写真を撮ることができました。大きな羽で空気を押さえて真ん中の胴体を持ち上げる・・・しばらくするとその胴体が重くて落っこちてくるので、また大きな羽で空気を押さえて足がかりにして持ち上げる・・・その動作の繰り返しです。

幅が広く、大きな翼のあの形を見ていると、「アオサギが飛ぶことができる」ということを間違いなく実感できます。実際に飛んでいるのであたりまえなのですが、羽の一枚一枚もすごく幅広く大きく、空気をいちいち捕まえられそうで、自分でもあの翼をつけたら飛べそうな気がしてきます。

アオサギさんが飛んでいます。

でかい!の一言です。

アオサギさんが飛んでいます。

落っこちてきたら空気を押さえて体を上に持ち上げます

アオサギさんの飛ぶ姿

また体がずり落ちてくるので、それにそなえて抵抗にならないよう、そろそろと翼を持ち上げておきます。

やっぱり目は怖いっす

ウィキペディアのアオサギの項によると

全長88-98cm。翼開張150-170cm。体重1.2-1.8kg。上面は青みがかった灰色の羽毛で被われ、和名の由来(漢字表記の蒼はくすんだ青色のことも指し、中国語名と同一)になっている。種小名cinereaは「灰色の」の意で、英名(grey)と同義。また淡灰色の長い羽毛(飾羽)が混じる。下面は白い羽毛で被われ、胸部の羽毛は伸長(飾羽)する。頸部から胸部にかけて黒い縦縞が入る。頭部は白い羽毛で覆われ、眼上部から後頭にかけて眉状の黒い筋模様(眉斑)が入る。後頭は眉斑と繋がるように黒い羽毛が伸長(冠羽)する。雨覆の色彩は灰色で、初列雨覆や風切羽上面の色彩は黒い。人間でいう手首(翼角)の周辺には2つの白い斑紋が入る。雌は雄に比べるとやや小型で、冠羽と飾羽が短い。
虹彩は黄色。

とあるので、鳥を見る上でもしかしたら目の色とか目の位置とかポピュラーな見方なのかもしれませんね。

やっぱり恐竜 目は怖いっす。

やっぱり恐竜 目は怖いっす。

ダイサギ(たぶん)の記事でも書きましたが、全く同じような目、想像以上に開くクチバシ、何を考えているのかわからない顔の作りです。顔だけ見る限りにおいては、とてもフレンドリーなヤツとは思えません。

しかし、飛んでいる姿は美しい

そして大きく頭上を旋回して飛び去っていきます。

そして大きく頭上を旋回して飛び去っていきます。

今度はもっときれいに撮ってやるからなっ!!

今度はもっときれいに撮ってやるからなっ!!

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械