冒険者の末路(ホテイアオイ)

前回、水路のホテイアオイの冬を見てきましたが、今度は川へ行ったホテイアオイの話です。

ぎゅうぎゅうで息が詰まったのでしょう。自分の領域を広げようと、9月、台風シーズンに仲間の元を離れ、水路を流れて川へたどり着いたホテイアオイの集団のほうはどうなっているのでしょう。

台風シーズン、安住の地を求め未知の海へ漕ぎだしたホテイアオイだったが・・・

台風シーズン、安住の地を求め未知の海へ漕ぎだしたホテイアオイだったが・・・

安住の地なのか?新大陸発見!

これが安住の地なのか?

これが安住の地なのか?

そして繁栄

どこへ行ってもギュウギュウに増えてしまいます。

どこへ行ってもギュウギュウに増えてしまいます。

10月くらいにはちゃっかり増えていました。

10月くらいにはちゃっかり増えていました。

なぜか陸に上がってもなんてことはないようでした。

なぜか陸に上がってもなんてことはないようでした。

つかの間の夢 血筋はここで途絶えた・・・

さすがに雪がずいぶん降った今年の冬です。今回は生き延びることはかなわなかったようです。

さすがに雪がずいぶん降った今年の冬です。今回は生き延びることはかなわなかったようです。

なぜか陸に上がっていたホテイアオイもこのように枯れ切っていました。

なぜか陸に上がっていたホテイアオイもこのように枯れ切っていました。

ホテイアオイはヒシのように実を残して冬を越すのではなく、とにかく多数の中からほんの少しでも生き残って、暖かくなったら爆発してやろう・・・という戦略のようです。こちらに流れ着いた部隊は全滅したようですし、水路で繁栄していた部隊も駆除されたようですから今年はどうなるのでしょうか・・・注目です。

ホテイアオイの記事へ
ホテイアオイの記事へ

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/02/19/boukensya/trackback/