アオジ(たぶん、でも揺れてます)

アオジと思われるホオジロの仲間の写真

アオジと思われるホオジロの仲間の写真

前回あなたのお名前は?で書いたのですが、あれからまた写真が撮れたので、ホオジロの仲間「アオジ」として再び登場させます。でも、図鑑で見ると「シマノジコ」にも似ていて、やっぱりよくわからないです。この木のてっぺんがお気に入りのようで、家のまわりをぐるっと回って最後にいつもここで〆ています。

地面に降りてエサを突っついたりする姿や、鳴き声はすごくジョウビタキに似ているのですが、少し声が小さい感じです。ジョウビタキがイヤでも耳に入ってくるのに比べて、耳を澄ませないと聞こえない感じです。そういえば、ジョウビタキ、どこへ行ってしまったのでしょう?まさに入れ替わりで同じようなヒトがやってきた趣があります。

アオジと思われるホオジロの仲間の写真

お気に入りの枝の上で。背中はこんな感じです。ちょっと御髪が乱れています。

きっと何回も見るうちに図鑑でも「これだっ!!」ってわかるようになるのでしょう。人だって一回見かけただけじゃあ次見かけても同じヒトかどうか確信が持てませんものね。とにかく「たくさん見ればわかる」って感じでしょうか。

アオジと思われるホオジロの仲間の写真

朝早いうちから家の周囲を回って夕方まで・・・ちょっと凍えて朝日を待つアオジちゃんです。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/02/03/aoji/trackback/