グリーンシェード

日本代表の試合、息詰まる展開ではありましたが、ずっと安心してみていられました。目指していたものとは違うかもしれませんが、ベスト16おめでとうございます。そして、面白い試合の数々ありがとうございました。

いつもはキュウリのグリーンシェード、ちょっと前の写真ですが、今年は朝顔にしてみました。まだまだ完成するまで先は長いです

今風にグリーンシェードというのでしょうか?植物の日よけの話です。前にも書いたように、この辺りの家は東に面して建っているので、台所は大体西向きで、夏の夕方はほんとうに辛いのではないでしょうか?そのため、何年か前から西側にグリーンシェードを作っています。

去年は日よけにキュウリを植えて、このようになっていました
キュウリはとれているのに・・・

日除けにずっと子供たちの好きなキュウリを植えていたのですが、日よけとしての性能は今ひとつでした。。窓から手を出して収穫できるという、お手軽な楽しさはあってたのしかったのですが、今年は朝顔を植えてみました。キュウリは庭の畑に植えてもらってもうぼつぼつとれています。農家の人に見られると恥ずかしいのですが、曲がっていても、おデブでも、採りたてなら塩も付けずに子供はかぶりついてくれます。朝顔は午前中に日陰になるせいなのか、成長が遅いような気がします。もう働いて欲しい日が何日かあるのに、まだまだ小さくてちゃんと伸びるのか心配しています。

去年のグリーンシェード。台所の窓まであがってくるのを見るのが楽しみでした。カエルがやってきて、窓の明かりによってくる虫を食べて、日に日に太っていって・・・毎日毎日、見ていても全然飽きません。クリックで拡大します

稲の苗その後part2、だんだん育ってきました(動画で紹介します)

暑い日が続くと、ばばっと伸びちゃいます
暑い日が続くと、ばばっと伸びちゃいます

ちょっと暑くなると、稲に限らず、子供とか雑草とかも急に大きくなるような気がします。

こちらは動画

4月30日から6月28日までの田んぼの変化をスライドショーにしました 画面クリックでも再生します。

こうやって時系列に田んぼのようすを見る機会というのは、地元の皆さんもあまりないようですし、自分がおもしろいので、どんどん後ろに動画をつなげて最後まで行ってみたいと思います。このあと稲がどんどん大きくなって、黄色くなって刈り取って・・・一度に見たらおもしろいと思いませんか?もちろん、何の役にも立ちませんが。

4月30日から6月28日までの田んぼの変化をもう少し近くに寄って記録した動画 画面クリックでも再生します。

梅雨の晴れ間のすごいとしか言いようがない稲の緑です。人間は忘れっぽいので、毎年見ているけれども、毎回驚いて、そして感動してしまいます。なんてお得なんでしょう!「記録」というのは、このような「記憶」を薄めたり、打ち消したりする作業なのかもしれません。それでも1日1日の何でもない変化を、時間を縮めて一度にみるとやっぱり興味深い。これは植物や自然に限らず人間の営みに付いてもそうで、長い期間の工事を、やはり同じように記録する仕事に携わった時にそう思いました。稲も人間も、一所懸命になってやったことが形になる・・・その過程が想像できるようにまとめたとき、「記録」も意味を持ってくるのだと思います。

田植えの記事をまとめてご覧になるにはこちら