1960年セル付きワンボデータイプ耕うん機クボタKV型「撮りトラ」

昔撮ったクボタKV形の写真を発見した・・・といっても、前から撮れませんでしたし、暗くてブレていたりしてボツにしていたのでした。レストアされてしまっていて、色もオリジナルかどうかよくわからないところもありますしね。ただ、なぜか当時こんなストリームラインを纏った微妙な色の耕うん機が多数販売されていましたよね。

ここのところ耕うん機づいています。以前「大地のめぐみ」さんにコメントをいただき、気になっていたクボタ耕うん機KV型・・・昔撮った写真に発見しました。

コメントにはこうありました

この耕運機は、セルスタート方式の流線型でとてもユニークなものでした。我が家にもあり(あった)、小さい時から慣れ親しんだものです。
古き良き耕運機として紹介していただければ幸いです

昔撮ったクボタKV形の写真を発見した・・・といっても、前から撮れませんでしたし、暗くてブレていたりしてボツにしていたのでした。レストアされてしまっていて、色もオリジナルかどうかよくわからないところもありますしね。ただ、なぜか当時こんなストリームラインを纏った微妙な色の耕うん機が多数販売されていましたよね。
昔撮ったクボタKV形の写真を発見した・・・といっても、前から撮れませんでしたし、暗くてブレていたりしてボツにしていたのでした。レストアされてしまっていて、色もオリジナルかどうかよくわからないところもありますしね。ただ、ほんのわずかな時期、こんなストリームラインを纏った微妙な色の耕うん機が各社から販売されていたことがあったようです。

例えば日の出式

たわわに実った田んぼの畦道を行く、スマートな耕耘機(後には鋤がついているようです)のポスター。見事に日焼けしています。 上下をセロハンテープ、もしくはドラフティングテープで壁に貼ったのでしょう。そのテープが真っ黒に変色しているところからも時代を感じることができます。 真ん中にいたの押さえが入ってしまっているので、肝心なところが見えず残念ですが、触ると痛みそうで触ることができませんでした。隠れているところは多分、国の何かの試験に合格したこと、そして「日の出式ハンドトラクター」と書いてあることが想像できます。 また一番下にはメーカー名、ブランドロゴと埼玉・川越 片山製作所 とあります。
以前紹介した耕うん機です。たわわに実った田んぼの畦道を行く、スマートな耕耘機(後には鋤がついているようです)のポスター。見事に日焼けしています。
上下をセロハンテープ、もしくはドラフティングテープで壁に貼ったのでしょう。そのテープが真っ黒に変色しているところからも時代を感じることができます。
真ん中にいたの押さえが入ってしまっているので、肝心なところが見えず残念ですが、触ると痛みそうで触ることができませんでした。隠れているところは多分、国の何かの試験に合格したこと、そして「日の出式ハンドトラクター」と書いてあることが想像できます。
また一番下にはメーカー名、ブランドロゴと埼玉・川越 片山製作所 とあります。
ポーズをとる女性は農機お約束のチェック(かなり大きいですが)のシャツ。しかし、とても農作業はできそうもないパンプスを履いています。 ・・・・ そんなことより、このフルカバードの耕耘機、まるっこいデザイン、ホイールキャップはデイッシュ型でめちゃめちゃ格好いいじゃないですか!!!
ポーズをとる女性は農機お約束のチェック(かなり大きいですが)のシャツ。しかし、とても農作業はできそうもないパンプスを履いています。
・・・・
そんなことより、このフルカバードの耕耘機、まるっこいデザイン、ホイールキャップはデイッシュ型でめちゃめちゃ格好いいじゃないですか!!!色もクリームとワインレッドのツートンという微妙な色。

株式會社細王舎工場 メリーティラー

前回紹介した日の出式の耕耘機?ティラー?同様、フルカバードの美しい形です。色が褪せているのでわかりにくいですが、小豆色とクリーム色のツートンではないかと思われます。この時代、農機具といったらこの色の取り合わせ・・・という暗黙のお約束でもあったのでしょうか? そしてまた、およそ農作業とはかけ離れたファッションの妙齢の女性が佇んでいるのも共通です。
これもそうですよね・・・フルカバードの美しい形です。色が褪せているのでわかりにくいですが、小豆色とクリーム色のツートンではないかと思われます。この時代、農機具といったらこの色の取り合わせ・・・という暗黙のお約束でもあったのでしょうか? そしてまた、およそ農作業とはかけ離れたファッションの妙齢の女性が佇んでいるのも共通です。

もちろんイセキも・・・

ヰセキ KF850型 動力耕耘機 表記馬力 8.5ps/2000rpm 最大馬力 10ps/2000rpm 排気量 498cc
『ドンガラだけど・・・イセキ耕耘機KF850・・・「撮りトラ」』の時に見た、ヰセキ KF850型 動力耕耘機 物悲しげなのは、天気が悪くて青っぽく写っているせいです。これも小豆色と言えば小豆色だよなあ・・・

上記の各車に影響を与えた業界の黒船F150

展示プレートには、強制空冷4サイクル倒立2気筒OHV/排気量154cc変速機/前進6段/後進2段/常用出力/5PS/5,000rpm ホンダ初の汎用完成品。耕耘機で世界初のOHV倒立2気筒エンジンは低速重視。自動遠心クラッチとギヤ駆動採用。低重心、手元集中操作で扱いやすさを追求した。とあります。
各車各社に影響を与えた業界の黒船、それがこのF150。『ホンダのテーラー/耕耘機』より。昭和34年、1959年、ホンダ耕耘機F150 展示プレートには、強制空冷4サイクル倒立2気筒OHV/排気量154cc変速機/前進6段/後進2段/常用出力/5PS/5,000rpm ホンダ初の汎用完成品。耕耘機で世界初のOHV倒立2気筒エンジンは低速重視。自動遠心クラッチとギヤ駆動採用。低重心、手元集中操作で扱いやすさを追求した。とあります。

イセキの社史にもこのF150が脅威として異例の取りあげられ方をしています。

これまで車台に別体のエンジンを載せ、ロータリーや車輪をベルト駆動していた耕うん機。ホンダはこれらをスタイリッシュにひとつのボディにまとめ、格安で売り出したのです。

「これは間違いなく売れる」と危機感を持った在来の農機メーカーは後追いでワンボデータイプの耕うん機開発を急いだのでした。

1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!
僕の好きなのはこっちのほう・・・1966年 ホンダ耕耘機 F90 昔の未来の形、全開な感じです。今でもカッコいい。エンジンはなんと空冷4サイクルディーゼル!排気量/479cc/最高出力/9PS/3,000rpm/変速機/前進8段/ 後進2段/当時の価格は¥272,000!高い!
この耕うん機、好きな人が多いと見えてプラモデルまででています。
この耕うん機、好きな人が多いと見えてプラモデルまででています。
Dさんからのいただきもの。もったいなくてなかなか作れない・・・
Dさんからのいただきもの。もったいなくてなかなか作れない・・・

話はクボタ耕うん機KV型に戻ります

ずいぶん回り道をしてしまいました。再塗装されているため、オリジナルの色ではないかもしれませんが、微妙な色のツートンは1960年代初頭のワンボデータイプ耕うん機の流行であったことはおわかりいただけたと思います。(ホンダだけはシルバーと赤のツートンで他とは一線を画すシャープな感じですけど・・・)
ずいぶん回り道をしてしまいました。再塗装されているため、オリジナルの色ではないかもしれませんが、微妙な色のツートンは1960年代初頭のワンボデータイプ耕うん機の流行であったことはおわかりいただけたと思います。(ホンダだけはシルバーと赤のツートンで他とは一線を画すシャープな感じですけど・・・)
銘板を拡大します。 これがKV型とは撮った当時は気がつきませんでした。 クボタ 小型耕耘機 型式KV ennjinn  LU210(と書いてあるのでしょうか?) 回転速度 3600RPM 出力 5.0PS 最大出力 7.5PS
銘板を拡大します。
これがKV型とは撮った当時は気がつきませんでした。
クボタ
小型耕耘機
型式KV
ennjinn
LU210(と書いてあるのでしょうか?)
回転速度 3600RPM
出力 5.0PS
最大出力 7.5PS

あとちょっとなんですが、時間がなくなっちゃいました。この続きはまた明日!

 

 

もしかして1967年生まれのK700と1969年生まれのK700があったんじゃないか?

K700のカタログの一部です。耕うん機を中心に「私を捕まえて♡」追いかける男性「こいつぅー」というような後継が写真に捉えられています。1980年代でも通じるような耕うん機とは全く関係のないファンタジー。女性のファッションも作業する感じではありません。

あ”〜・・・今日もどうでもいいことに考えを巡らせてしまっています。昨日の続きで、クボタの土に挑むライオンです。

クボタの耕うん機Kシリーズは、同じ名前でちょっとずつ違う機種があるような気がしていて混乱していました。

どうも機械は時代の前後関係が気になっていけません。
どうも機械は時代の前後関係が気になっていけません。いくつか耕うん機があったらそれを年代別に並べたくなってしまうのです。こんなことから始まっている以上、今日も時間切れの尻切れとんぼになってしまうのは確実です。

Kシリーズの前後関係を考える

クボタ耕うん機 KMEシリーズ 車両の写真というか、写真を大幅に修正したものだと思いますが、原画を見てみたいです。前足のスタンド、バネが付いているんですね! 自転車のスタンドみたいに跳ね上げられるものだったのでしょうか?
今もっとも気になっているのは、このクボタ耕うん機 K500と土に挑むライオンとのの前後関係。「このクボタ耕うん機 K500」のロゴは同じ書体ですが、年代は色数が少ないというのを抜きにしてもこちらのほうが古そう。
クボタ豪快耕うん機K700のカタログ。なんと今風のカラーです。クボタ耕うん機にミドルネーム「豪快」が挟まっているのも引っかかりますが、〈決定版がついに誕生〉したそうですが、『土に挑むライオン』というのはさらにフックします。
クボタ豪快耕うん機K700のカタログ。ロゴがK500のものと同じなのは確認できると思います。

K500のほうが古いといえるもう一つのポイント

K700のカタログの一部です。耕うん機を中心に「私を捕まえて♡」追いかける男性「こいつぅー」というような後継が写真に捉えられています。1980年代でも通じるような耕うん機とは全く関係のないファンタジー。女性のファッションも作業する感じではありません。
K700のカタログの一部です。耕うん機を中心に「私を捕まえて♡」追いかける男性「こいつぅー」というような光景が写真に捉えられています。1980年代でも通じるような耕うん機とは全く関係のないファンタジー。女性のファッションも作業する感じではありません。
一方こちらはK500の作業風景。ギリギリ若いふたりの耕うん機を中心とした光景と捉えることはできるかもしれません。楽しそうではありますが、ヘビーな農作業デートであり、そのファッションもガッツリ作業着です。どう考えてもK700とK500の間には時間が横たわっています。そしてK500のカタログのほうが古い・・・そう考えるのが自然です。
一方こちらはK500の作業風景。ギリギリ若いふたりの耕うん機を中心とした光景と捉えることはできるかもしれません。楽しそうではありますが、ヘビーな農作業デートであり、そのファッションもガッツリ作業着です。どう考えてもK700とK500の間には時間が横たわっています。そしてK500のカタログのほうが古い・・・そう考えるのが自然です。

エンジンが違う

このK500に載っているのはER50-1型エンジンです。ER形のエンジンはER/ER-1/ER-2とバージョンがあることがわかっています。
このK500に載っているのはER50-1型エンジンです。ER形のエンジンはER/ER-1/ER-2とバージョンがあることがわかっています。
もしかしたらエンジン単体だとこのようにER65型と表記され・・・
もしかしたらエンジン単体だとこのようにER65型と表記され・・・
耕うん機用はこのように枝番が振られるのかもしれません。このER65-1はK700に載せられています。ただ、モンペのK500と同じ年代のK700だと考えています。
耕うん機用はこのように枝番が振られるのかもしれません。このER65-1はK700に載せられています。ただ、モンペのK500と同じ年代のK700だと僕は考えています。
こちらはER65-2。土に挑むライオンのほうのK700に載っているものです。
こちらはER65-2。土に挑むライオンのほうのK700に載っているものです。

K500のカタログの体裁はKME181などと同じ

クボタ耕うん機 K500 操作はテーラーなみの「軽い耕うん機」
クボタ耕うん機 KMEシリーズ 181/201/231のカタログです。K500のカタログはこの体裁と同じ・・・ということは同じ年代のものと考えて良さそうです。KMEシリーズ 181/201/231の発売は1967(昭和42)年。

というわけで、ER50-1を載せたK500は1967(昭和42)年生まれと考えて良さそうな気がします。同じくER65-1を載せたK700(土に挑む前のライオン)も1967(昭和42)年生まれでどうでしょう?

土に挑んだK700はK700Aへ

土に挑んだほうのK700は、調べてみると運輸省型式認定番号は農652号。イセキクボタL200Rや三菱R2000の後、TB23やTS2400の前で、1969年生まれということに矛盾はありません。
土に挑んだほうのK700は、調べてみると運輸省型式認定番号は農652号。イセキクボタL200Rや三菱R2000の後、TB23やTS2400の前で、1969年生まれということに矛盾はありません。
今日の材料はこのクボタKA700A型(耕うん機?)です。
そしてTさんに送ってもらったクボタKA700A型です。
ちゃんと押えてもらった運輸省型式認定番号は 小型特殊自動車 運輸省型式認定番号 農767号 クボタK700A型 とあります。喜んで誕生年確認作業を始めたわけなのですが・・・
ちゃんと押えてもらった運輸省型式認定番号は
小型特殊自動車
運輸省型式認定番号 農767号
クボタK700A型
とあります。

K700Aの生まれは1972年〜1973年あたり

単純に運輸省型式認定番号だけで言ったら農765、1973年にシリーズが完成したクボタL4ケタ末尾00シリーズのL200のすぐ後ろ。1972年発売のヰセキTS2800の農794より前ですから、1972年〜1973年に発売されたと考えるのが妥当です。
単純に運輸省型式認定番号だけで言ったら農765、1973年にシリーズが完成したクボタL4ケタ末尾00シリーズのL200のすぐ後ろ。1972年発売のヰセキTS2800の農794より前ですから、1972年〜1973年に発売されたと考えるのが妥当です。

そして1976年のK7となっていったのでは?

農研機構の安全鑑定を調べてみると、1976年にK7という耕うん機が登録されています。運輸省型式認定番号と安全鑑定の差が3年。その差は大きいです。しかもK7という名前からK700の先祖とも考えられます。となるとそのあと発売されたであろうK700Aとの差はもっと広がるはずです。
農研機構の安全鑑定を調べてみると、1976年にK7という耕うん機が登録されています。
K7という耕うん機をネットで探してみると、K700Aよりあか抜けない形。きっとこちらがお兄さんでしょう。
K7という耕うん機をネットで探してみると、K700Aよりあか抜けない形。でも、こちらが弟と考えるしかないでしょう。乗用トラクターが普及し、耕うん機への情熱が市場からも生産する会社からも失われてしまったということじゃないでしょうか?

現時点では・・・

1967年 ER50-1/ER65-1搭載のK500/K700

1969年 ER50-2/ER65-2搭載のK500/K700

1972年あたり GA85搭載のK700A

1976年 K7

こんな感じで手を打っておきます。それではまた明日!