Dakar2011 etap-13 (長い競技も今日で終わりです)

第13ステージ コルドバ > ブエノス・アイレス( 走行距離: 826 km)

リエゾン(移動区間): 645 km  SS(競技区間): 181 km

もう結果は出てしまいましたが、長い競技も今日で終わりです。みんな走るのは大好きでしょうが、正直お腹いっぱいでしばらくはいい・・・というような気持になっているのではないでしょうか。競技区間は181km、この数字、もう大体のオーダーが決まってしまって、目指すはゴールのみという競技者にとってうれしい数字でしょう。

チームランドクルーザー三橋選手は「今日はゴールまでクルマを運ぶのみ」とつぶやいています。その宣言通り、この日総合23位でゴール。セレモニーを残していますが、彼のダカールラリーは、総合12位、市販車部門ディーゼルクラス優勝というすばらしい成績でした。

また、同僚の寺田選手は総合32位市販車部門ディーゼルクラス5位という、これもまた堅実な成績で終えた模様です。

昨日の映像ですがけっこうすごいことに・・・

前夜の雨が低地にたまり、10キロほどの区間が泥だらけになったそうです。ここはホントに走りづらそう・・・(SSはこの区間キャンセルになったみたいです)

今日も今日とてこんなところ・・・地平線の端まで泥です。
今日も今日とてこんなところ・・・地平線の端まで泥です。
力のあるマシンだからこんなに浮いていますが、非力なマシンだったらもっと深く埋まって苦労したと思います。
力のあるマシンだからこんなに浮いていますが、非力なマシンだったらもっと深く埋まって苦労したと思います。
大変そうです。
大変そうです。
なかなか見られない、給油ポイントの映像。ここではランチコントロールと言うか、しばらく休むことがタイムスケジュール上決められています。ちょっとしたスナックを食べたり、簡単な整備をしたり、ちょっと一息つく時間ではないでしょうか。
なかなか見られない、給油ポイントの映像。ここではランチコントロールと言うか、しばらく休むことがタイムスケジュール上決められています。ちょっとしたスナックを食べたり、簡単な整備をしたり、ちょっと一息つく時間ではないでしょうか。
4輪はもっとすごいことになっています。トゥルトゥルでまっすぐに走りません。
4輪はもっとすごいことになっています。トゥルトゥルでまっすぐに走りません。
そしてこの泥煙?!しかし、高地から涸れ川、低地には泥と、なんと変化に富んだルートなのでしょう!
そしてこの泥煙?!しかし、高地から涸れ川、低地には泥と、なんと変化に富んだルートなのでしょう!

とにかく、今日で競技自体は終わりです。「皆さんお疲れさまでした!」としか、いいようがありません。

ダカールラリー2011の記事へ
ダカールラリー2011の記事へ

Dakar2011 etap-12

第12ステージ サン・ホアン > コルドバ( 走行距離: 678 km)

リエゾン(移動区間): 123 km  SS(競技区間): 555 km

今日のSSはほとんど平地を走った後、2000Mくらいへ駆け上がりーゴールする、やはり長い555kmのルート。チームランドクルーザー三橋選手はSSの中で一番低いチェックポイント9を26位で通過。総合では已然12位を保っています。このままで行ってくれないかなあ。

今日の映像だと思いますが上がっています

標高600M〜700Mくらいのところから、ずっと涸れ川の中を走って降りてゆくのではないでしょうか?映像ではものすごいスピードで走っていますが、涸れ川はけっこう小さなギャップがあって危ないんです。ふかふかの土の部分や、溝、そしてたまにゴロゴロ石のある所など(川ですからね)交互に出てきて神経を使います。轍も走りにくく、しかも両側が高いので鍋の底みたいに暑い!!ここを延々と走るなんてぞっとします。

これとなったらこればかり、あれとなったらあればかり・・・そんなイメージですねえ。きょうもきっとこればかりなんでしょう。
これとなったらこればかり、あれとなったらあればかり・・・そんなイメージですねえ。きょうもきっとこればかりなんでしょう。
きょうはこれかっ!!
きょうはこれかっ!!
こんなところです。こんな状況をこのライダーはめちゃくちゃ速い!
こんなところです。こんな状況をこのライダーはめちゃくちゃ速い!
ヘリコプターと並走の映像が印象的!レーシングトラックの速さがよくわかります。
ヘリコプターと並走の映像が印象的!レーシングトラックの速さがよくわかります。
たまには川岸にも出るのでしょう。しかし今度は逆にヘリコプターが川に入って並走して撮っています。羽がないと見ることのできない映像・・・迫力がありますね。
たまには川岸にも出るのでしょう。しかし今度は逆にヘリコプターが川に入って並走して撮っています。羽がないと見ることのできない映像・・・迫力がありますね。
地元の人は観戦ポイントをよく知っています。ここなら、ずっとずっと向こうからマシンがやってくるのが見える・・・これは楽しそうだなあ。
地元の人は観戦ポイントをよく知っています。ここなら、ずっとずっと向こうからマシンがやってくるのが見える・・・これは楽しそうだなあ。

ダカールラリー2011の記事へ
ダカールラリー2011の記事へ