いただいたヒガンバナ、法面の補修に使わせていただきました。

それから、彼岸花を植えた法面にトラックが突っ込んだというので見てきました。トラックのタイヤがこのように通過したみたいです。

3月に市民の方からいただいたヒガンバナ、イメージしていた使い方と少しズレましたが、クルマが突っ込んで壊れた法面の補修に使わせていただきました。

 

Aさんはヒガンバナをプランターで育てていて、増えすぎたヒガンバナを捨てるところだったそうです。とても立派な球根を100球ほどいただいてきて、とりあえず庭に穴を掘っていけておきました。それにしてもニラと見まがうようなヒガンバナです。田んぼの法面に植えたものは、どんなに条件が良いところもこんなに大きくなっていません。
2019年度の総会前、市民の方から「増えすぎてしまったので有効活用してくだし」と、いただいたヒガンバナの球根。総会前の活動で植えようと思っていたのですが・・・

 

毎年おなじみのこの写真。暖かい年は左端の木に花がついているのですが、まだつぼみですね。こんなに寒そうな写真は初めてかもしれません。
当日はかなりの雨。ちょっとMUSTの活動に追加してヒガンバナの球根を植えるのはちょっと・・・という状態でパスしていました。

 

ところがうまい具合?に、このヒガンバナの法面にクルマが落ちて法面が崩れ、埋めるついでにヒガンバナを補植することになりました。

 

それから、彼岸花を植えた法面にトラックが突っ込んだというので見てきました。トラックのタイヤがこのように通過したみたいです。
こんなふうにクルマが落ちて法面が崩れたんです。

 

どうも道の向こう側からやってきて電柱をかすってこちらにまっすぐ飛び込んだみたいです。
落ちたほうはたいしたことないのですが・・・

 

このようすなら大したケガもしなかったでしょう。ヒガンバナは丈夫だしまた植えればいいですけど、もしケガでもしたら当人も大変です。
そのあとクルマを引き揚げる時点でだいぶやっつけてしまいました。

 

削れた部分に土を盛ったので球根の出番です。この時期、ヒガンバナの球根を売っているところはありません。ある意味ラッキーです。
削れた部分に土を盛ったので球根の出番です。この時期、ヒガンバナの球根を売っているところはありません。ある意味ラッキーです。

 

本当は新しい場所に植えたかったのですが、有効に使うことができました。球根を提供してくださったAさん、ありがとうございました。
本当は新しい場所に植えたかったのですが、有効に使うことができました。球根を提供してくださったAさん、ありがとうございました。

 

今日はこんなところです。また明日!

2020年度の活動がスタート!通水試験、パイプラインの清掃など

この花です。もう一度いいます。ノウルシです。

昨日お伝えした通り、日曜日はかんがい期の機器への注油や通水試験でした。2020年度、環境保全会の活動のスタートでもあります。去年はたしか4/1でしたが、今年はちょっと遅く4/5でした。

 

まずは揚水機場のポンプを動かし、各種注油や実際に水を汲み上げる通水試験です。改めて見てみると、揚水機場のドアに水害のときについたラインがクッキリと残っています。
まずは揚水機場のポンプを動かし、各種注油や実際に水を汲み上げる通水試験です。改めて見てみると、揚水機場のドアに水害のときについたラインがクッキリと残っています。ドアノブから2〜30cm下のところですね。

 

底に線が引いてあります。床から760mmのところまで水が来たんですね・・・
底に線が引いてあります。床から760mmのところまで水が来たんですね・・・

 

考えてみれば水害時にこれだけ水の来た場所なので、藁が寄っていてもおかしくないですね・・・
考えてみればこれだけ水の来た場所なので、当然揚水機場も水に浸かっているわけです。

 

小屋の中にも水のあとがついています。
小屋の中にも水のあとがついています。

 

ほぼ床置の晋君ポンプは交換。
ほぼ床置の晋君ポンプは交換。

 

ポンプのモーターはコイルの巻き直しの修理をしたそうです。だから外側もペンキを塗り替えられ、キレイになっています。
ポンプのモーターはコイルの巻き直しの修理をしたそうです。だから外側もペンキを塗り替えられ、キレイになっています。

 

おお!なんだかネジも光ってる!
おお!なんだかネジも光ってる!

 

揚水機場の機器への注油です。ただ、今日は動画をつないだだけで終わりです。まじめに仕事をしないとヤバいことになってきました。
今年はあまりやることもないのですが、Mさん軸受けの調整などをしていました。

 

問題なくポンプが回り出すと田んぼの蛇口を付け忘れたところから勢いよく水が吹きだしています。あんな小さなモーターなのにたいしたもんです。
問題なくポンプが回り出すと田んぼの蛇口を付け忘れたところから勢いよく水が吹きだしています。あんな小さなモーターなのにたいしたもんです。

 

ここでも・・・
ここでも・・・

 

通水試験/パイプラインの清掃2020(島地区に水が来た!)

 

↑冒頭の花名の名前、間違えてました。タウルシじゃなく、ノウルシ(うろ覚えじゃダメですね)

 

この花です。もう一度いいます。ノウルシです。
この花です。もう一度いいます。ノウルシです。

 

地区内に何カ所もあるパイプ内の泥を圧で外に出すためのバルブを開けていきます。皆さんどこにそのバルブがあるのか、よく知ってらっしゃる・・・
地区内に何カ所もあるパイプ内の泥を圧で外に出すためのバルブを開けていきます。皆さんどこにそのバルブがあるのか、よく知ってらっしゃる・・・

 

バルブを開けると黒い水がドウドウと流れてきます。
バルブを開けると黒い水がドウドウと流れてきます。

 

で、その水が澄んでくるまで待ってバルブを締め、その区間の清掃が終了します。
で、その水が澄んでくるまで待ってバルブを締め、その区間の清掃が終了します。

 

その繰り返しでぐるっと地区内を回ります。
その繰り返しでぐるっと地区内を回っておしまい。

 

先日の「今年はツクシが少ないのではないか問題」ですが、田んぼのまわりは普通にツクシがあり、しかもスギナはまだそんなにありませんでした。うちの庭だけの問題だったみたいです。
先日の「今年はツクシが少ないのではないか問題」ですが、田んぼのまわりは普通にツクシがあり、しかもスギナはまだそんなにありませんでした。うちの庭だけの問題だったみたいです。

 

 

今日はこんなところです。また明日!