イセキコンバイン『太郎』HL2200・・・「昔のカタログ」

ダカールラリーは休息日。

ホンダが首位をキープしているものの、なんだか雲行きが怪しくなってKTMにやっぱりやられそうな勢い・・・ちょっとだけ興味を失って、ダカールマガジンをと88番や71番、そして295番のチェックをしておしまいという毎日です。

それから#295、4輪バギーの彼は交通事故の後遺症で左手が動かず、右手1本でレースをしているとのこと・・・ビックリです。
過去の事故の後遺症で右手が動かないという4輪バギーの295番、リザルトが残ってないなあ・・・トラブルかケガかそれとも記載漏れか・・・心配です。

というわけで、今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」です。

以前送ってもらったのはイセキコンバイン『太郎』HL1800・・・今回のは同じ3条刈りでも少し馬力が大きいHL2200です。

今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
表紙 農家の庭先、なんてことはない日常の一コマにコンバインを配置しています。ものすごく自然な雰囲気・・・先日のイセキコンバイン太郎1800も子供が遊ぶ庭先(同じ家でしょうかねぇ )にコンバインの構図でしたね・・・作った人の意図が強く伝わってくる感じです。

ゆとりの早じまい・・・「もうおわったのけ?」という声が聞こえてきそうです。

おじいさんおばあさん、それから奥さんの服装がものすごく自然なだけに、若干おとうさん?のオーバーオールに違和感を覚えますけど、きっと新しいコンバインが来たら、こうやって小さな子を運転席に座らせて家族で夢を語ったりしたはずですよね?

こういう昭和な外壁の家(新建材とでも呼ぶのでしょうか、茶色いマットな質感の縦目地)、今でも街中でよく見ます。売れたんだろうなあ・・・

今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
乗り手を選ばない新自動メカA.C.F(こぎ深さ制御)
今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
この新自動メカA.C.F(こぎ深さ制御)で言っている、深すぎ、浅すぎはこういうことでしょうかねえ・・・
今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
自由に選べるワラ処理機・・・5角形、5つの花弁のレイアウト
今日はトラクター狂さんに送ってもらったイセキコンバイン「太郎」のカタログです。田植機の「早苗」、トラクターの「耕太」「耕二」、そしてコンバインの「太郎」・・・なぜ太郎?の「太郎」HL2200です。
ワンレバーでゆとりの操作 ACステアリング 刈取り部の上下調節および方向修正が1本のレバーでできる独特の操縦桿。油圧作動式ですから、軽いタッチでスムーズに操作でき、特に回行時の条合わせに便利です。

“イセキコンバイン『太郎』HL2200・・・「昔のカタログ」” の続きを読む