えっ?!花じゃないの? イヌタデ

花じゃないって言うんですけど・・・
花じゃないって言うんですけど・・・

今時分、稲刈りのすっかり終わった田んぼのあぜ道はピンク色に染まっています。イヌタデがボーボーに生えているんです。これはこれでなかなかきれいです。

イヌタデ 走っている車からみてもはっきりわかるようなピンク色。どこのあぜ道もピンクの透明絵の具をさっとひと刷毛塗ったようです。
イヌタデ 走っている車からみてもはっきりわかるようなピンク色。どこのあぜ道もピンクの透明絵の具をさっとひと刷毛塗ったようです。

ウィキペディアによると

イヌタデ

(犬蓼、Polygonum longisetum あるいは Persicaria longiseta)は、タデ科の一年草。道ばたに普通な雑草である。
茎の基部は横に這い、多く枝分かれして小さな集団を作る。茎の先はやや立ち、高さは20-50cm。葉は楕円形。秋に茎の先端から穂を出し、花を密につける。花よりも、その後に見られる真っ赤な果実が目立つ。果実そのものは黒っぽい色であるが、その外側に赤い萼をかぶっているので、このように見えるものである。
赤い小さな果実を赤飯に見立て、アカマンマとも呼ばれる。雑草ではあるが、非常に美しく、画材などとして使われることもある。名前はヤナギタデに対し、葉に辛味がなくて役に立たないために「イヌタデ」と名付けられた。

とあります。

え〜〜っ? あれ、花じゃないの?

イヌタデ これは実?それともつぼみ? 花の写真をぜひ撮らねば・・・
これは実?それともつぼみ? 花の写真をぜひ撮らねば・・・
イヌタデ この日撮った写真の中には花らしきものは写っていませんでした。
この日撮った写真の中には花らしきものは写っていませんでした。
水路をバックにしたイヌタデ ひときわピンクが映えます。
水路をバックにしたイヌタデ ひときわピンクが映えます。
イヌタデの群生 
こういう風に切り取るとなんだか面白い

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。