昔の島地区は茅や葦の産地だった

茨城県水戸市大場町島地区、石川川の昔のようす想像図
昔、大場町島地区は茅葺き屋根の材料の茅の産地だったそうです。収穫した茅は船に満載して運んだそうですが、こんな風だったかもしれません。想像図、クリックで拡大します。

大場町島地区では「島茅」と呼ばれた、直径せいぜい3ミリか4ミリで背が低め、細くてしなやかでとっても丈夫、茅葺き屋根に最適だった茅を生産していた。地域には「茅手」(かやで)と呼ばれる屋根葺き職人や、茅手を束ねる親方もいて、これで屋根を葺くととってもきれいだった・・・という話を聞きました。

「島茅」は、Sさんが言うには「ヤワラ」(野原と書くのではないか?という話です)にたくさん栽培されるように自生していたもので、今でも生えていると思う・・・と、いうことなので見つけたら紹介したいと思います。(ただし、話している人たちの年が年ですので、「最近」は最低でも10〜20年前。ですから「今」と言われても、これがまったくあてにならないのですが・・・。)

ススキや、葦で屋根を葺くこともあった中(これらは雨が漏ったり、長持ちしなかったりしたそうですが)、丈夫で長持ちの「島茅」は評判で、Sさんに言わせれば、「船に満載して、水府橋(水戸のお城があったあたり)まで持っていったりしたんだよ」とのことでした。

20年にいっぺんの屋根の葺き替えや、さらにある一部の補修、また、一軒の屋根には膨大な茅が必要だったこと、家の数などを考えると、当時としては地域の茅は地域でまかなっていたはずで、何キロも運ぶというのは今で言う輸出くらいのインパクトがあるのではないでしょうか。

ゆうに10キロ以上!もしかして泊り仕事?

石川川をくだって、さらに涸沼川へ、那珂川の合流地点へ出たら、那珂川をさかのぼり、水戸の中心部へ出る。こんなルートを取ったのではないでしょうか。
石川川をくだって、さらに涸沼川へ、那珂川の合流地点へ出たら、那珂川をさかのぼり、水戸の中心部へ出る。こんなルートを取ったのではないでしょうか。

荷物満載の重い船で那珂川をさかのぼるのですから、相当時間がかかったのではないか?と、想像されます。

そして葦のほうは?

葦の葉っぱにとまるハグロトンボのオス
葦の葉っぱにとまるハグロトンボのオス

そして、葦のほうは(こちらは今でも簡単に見ることができます)ヨシズを編んだりするのに使われていて、昔はどこの家でもヨシズを編んでいて(たぶん販売したのでしょうね)、子供たちは葦の薄皮を剥くアルバイトに精を出したそうです。

「島茅」もそうだったそうですが、大量に使うためには生えている葦を刈る権利を「ヨシコ入札」呼ばる入札で買い、刈って使ったのだと今度はMさんが話してくれました。(このお金は地域に入ったのかな?)

そんな葦を刈る時のスペシャルグッズ

鎌で刈った鋭い葦の切り口でケガをしないためのスペシャルグッズ。「葦下駄」広め高めの下駄を作って作業に望んだのだ・・・とのこと
鎌で刈った鋭い葦の切り口でケガをしないためのスペシャルグッズ。「葦下駄」広め高めの下駄を作って作業に望んだのだ・・・とのこと

水戸市大場町島地区の地理や歴史の記事をまとめてご覧になるにはこちら