水辺の生き物(スジブトハシリグモ)

水辺をピョンピョン走り回っているクモがいました。岸から水面へ、走ったり飛んだりして結構沖まで出て行って、輪を書いて岸へ戻ってきます。網を張らないクモの仲間、スジブトハシリグモのようです。写真はすべてクリックで拡大します。

体長が2.5センチほど、結構大きなクモです。
体長が2.5センチほど、結構大きなクモです。
そのスジブトハシリグモをアカガエルが狙っています。このアカガエルも、ニホンアカガエルはレッドリストで軽度懸念に指定されているそうです。
そのスジブトハシリグモをアカガエルが狙っています。このアカガエルも、ニホンアカガエルはレッドリストで軽度懸念に指定されているそうです。
波に任せてゆらゆらと近づくアカガエル。両者微妙な間をとります。危険な距離に近づくまでハシリグモは逃げません。足には自信があるようです。
波に任せてゆらゆらと近づくアカガエル。両者微妙な間をとります。危険な距離に近づくまでハシリグモは逃げません。足には自信があるようです。
何ともわざとらしいさりげなさ。アカガエルがクモを狙っています。
何ともわざとらしいさりげなさ。アカガエルがクモを狙っています。
このようにたくさんのスジブトハシリグモが水面に浮かんでいて、人が動くと一斉に水面をピョンピョン飛んで逃げます。
このような感じでたくさんのスジブトハシリグモが水面に浮かんでいて、人が動くと一斉に水面をピョンピョン飛んで逃げます。
このクモは補食した獲物の体液を吸うのではなく、本当に口を使って食べてしまうそうです。
このクモは補食した獲物の体液を吸うのではなく、本当に口を使って食べてしまうそうです。

キリギリスの仲間クサキリ

水路の脇の草原でクサキリと思われるキリギリスの仲間を見つけました。いちおう水辺の生き物としてこちらに写真を上げておきます。目の玉が白くて、なんだか宇宙人みたいな顔です。
水路の脇の草原でクサキリと思われるキリギリスの仲間を見つけました。いちおう水辺の生き物としてこちらに写真を上げておきます。目の玉が白くて、なんだか宇宙人みたいな顔です。

そのクサキリの平泳ぎ動画(なかなかうまいです)

↑ クサキリの平泳ぎ動画(26秒)画面クリックでも再生します。

生き物を見かけるたびに一応レッドリストをチェックするようにしています。誰が決めるのかよくわかりませんが、うっかりしていると見かける生き物ほとんどがリストに載っている・・・なんて事態にならないとも限りませんよね。しかし、それに対してどうどう対処したらよいのか、と考えても答えはなかなか出てきません。

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

“水辺の生き物(スジブトハシリグモ)” への2件の返信

  1. 高校が同窓のfskです。
    k田君のメールでブログを知りました。

    バッタが泳ぐのを初めて見ました。
    クモが水の上を走る!!
    なんだか別世界のようです。
    子供の時にも見た事がありません。
    気をつけて観察をしないと、見えてこない世界があるんですね。
    活動頑張って下さい。

    1. fskさん コメントありがとうございます 高校の同窓生!!
      k田は先日ハゼ狙いなのにウグイを釣って帰りました

      バッタは、泳ぐというより草刈りに驚いて
      (事故で)水に落ち、溺れていたのかもしれません

      でも、傍目にはとても悠々と
      まるで平泳ぎの北島さんみたいに
      ずいぶんと理にかなった平泳ぎの動きだったので
      思わず撮ったものなんです

      ホント!注意して見ないと、気がつかないことってあります
      今度からたまに覗いてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。