1 2 3 4 5 6 76

イセキTJV885と新旧ハーフクローラいろいろ@「O特派員と行くバーチャルツアーその18」

今回ライドアフリカツインと重なり行けなかった、ダイナミックフェア2019(JAグループ茨城の第45回農機・生産資材大展示会)。毎年行っていたのに抜けてしまうのは悔しいので、Oさんに特派員をお願いしていました。

 

O特派員と行くバーチャルツアーその17は「撮りトラ」イセキのハーフクローラTJV885、それだけではつまらないので、今まで見てきた各車のハーフクローラ部分のみを切り出してお送りします。

 

イセキTJV885CGLWX3Cです。調べてみたらエンジンはDEUTZ!DEUTZ TCD3.6 4気筒水冷4サイクルOHVディーゼルターボ+DOC+SCR 3620cc  定格88馬力/2200rpm 最大98.5馬力/2000rpm なのでした。

イセキTJV885CGLWX3Cです。調べてみたらエンジンはDEUTZ!DEUTZ TCD3.6 4気筒水冷4サイクルOHVディーゼルターボ+DOC+SCR 3620cc 定格88馬力/2200rpm 最大98.5馬力/2000rpm なのでした。

 

早速値段です。 ISEKI トラクタ TJV885CGLWX3C 消費税8% ¥11,159,640 消費税10% ¥11,366,300

早速値段です。
ISEKI トラクタ
TJV885CGLWX3C
消費税8% ¥11,159,640
消費税10% ¥11,366,300

 

値段もそこそこに、TJV885のハーフクローラ部分です。転輪はクローラにテンションを掛けているフレームに吊り下げるような形で並んでいます。

値段もそこそこに、TJV885のハーフクローラ部分です。転輪はクローラにテンションを掛けているフレームに吊り下げるような形で並んでいます。

 

TJV885の駆動輪。2分割式でクローラのギザギザにローラーを引っ掛けるような作りになっています。

TJV885の駆動輪。2分割式でクローラのギザギザにローラーを引っ掛けるような作りになっています。

 

これはどこのトラクターでしょう?ヰセキとは違って向こうの見えない重厚な形。動輪は3分割になっていますね。

これはどこのトラクターでしょう?ヰセキとは違って向こうの見えない重厚な形。動輪は3分割になっていますね。

 

形も左右対称の正三角形です。これも転輪は吊り下げ型でヰセキと同じような感じです。

形も左右対称の正三角形です。これも転輪は吊り下げ型でヰセキと同じような感じです。

 

答えは2011年に見た2011年 EG105 ヤンマー初のハーフクローラートラクタでした。

答えは2011年に見た2011年 EG105 ヤンマー初のハーフクローラートラクタでした。

 

KL5150クローラ部分

こちらは駆動輪が歯車状です。こちらも3分割ですね。

 

クボタKL 5150

ここがクローラ部分です。正三角形ではありませんね。転輪は吊り下げ型になっていず、架台を軸が貫通している感じです。

 

主人公はクボタKL 5150とニプロWRS3810Nです

このクローラの持ち主はクボタKL 5150でした。

 

青空仕様のニューグランフォースレンコン仕様 FT280BMAP-PCR1 価格¥3,769,200

これはまたユニークな形。。動輪は三分割、転輪がすごく遠く、小さく見えます

 

先日は茨城県が生産量日本一のレンコンのためのレンコン仕様FT280を紹介しました。こちらは足長君でしたが、今度は短足君。用途によって色々な仕様が存在してますね。

これは茨城県が生産量日本一のレンコンのための、クボタレンコン仕様FT280でした。

 

こちらはかなりメカニカル。カッコいいです。動輪は3分割。

こちらはかなりメカニカル。カッコいいです。動輪は3分割。

 

このクローラの持ち主は、2012年に見たヤンマーのEG225でした。

このクローラの持ち主は、2012年に見たヤンマーのEG225でした。前の年に見たEG105が左右対称の正三角形だったのから少し進化した感じです。

 

こちらも動輪が三分割。ここまでは三分割主流です。

こちらも動輪が三分割。ここまでは三分割主流です。

 

このクローラの持ち主は2012年に見たクボタFT25でした。

このクローラの持ち主は2012年に見たクボタFT25でした。

 

今日はいろいろあって時間がなくなっちゃいました。明日に続きます。

 

 

当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」

今日も田植機考古学。昨日の続きです。トラクター狂さんが前回と同じ「機械化農業」72年3月号からヰセキPF20の商品説明&写真を送ってくれました。情報が各部から補強され嬉しいかぎりです。トラクター狂さん、ありがとうございます!

 

やっぱり田植機はおもしろくないですかねぇ・・・(見る人が極端に減ります)もともと訪問者の少ない週末なので続けてしまいます。 〔機構とその調整〕 ①株間=株間は、スプロケットを交換し、チェンを延長(または短縮)することによって調節する。 ②植込み深さ=フロートの取付け穴を変えることによって2段階に調節できる。 ③植付け本数=苗の生育状況によって、植付け本数を調節しなければならない場合は、苗送りギヤーを組みかえる。

やっぱり田植機はおもしろくないですかねぇ・・・(見る人が極端に減ります)もともと訪問者の少ない週末なので続けてしまいます。
〔機構とその調整〕
①株間=株間は、スプロケットを交換し、チェンを延長(または短縮)することによって調節する。
②植込み深さ=フロートの取付け穴を変えることによって2段階に調節できる。
③植付け本数=苗の生育状況によって、植付け本数を調節しなければならない場合は、苗送りギヤーを組みかえる。

 

 

⑤植込み杆(←てこって読むんですね!!!)=植付けクラッチレバーを「切」にした時、植込み杆の停止位置が、植込み杆の下がり行程の4図の範囲で停止するよう、植込み諌稈(←今度はこの字になっています。調べてみると読みはカン/わら。稲や麦などの穀物の茎とのこと)駆動チェンで位置決めしておく。 〔運転時の注意〕 ①植付け時の圃場状態は、手植えよりやや固めがよい(人が歩いてみて、足跡が消えない程度。水かげんは、全面浅水(0.5〜2cm)が良い。 ②植付け苗の水分は、やや控えめが良い。苗が湿りすぎだと、苗がすべりすぎたり、苗の継ぎ足し補給のとき苗がもり上がり、植付け精度がさがる。乾き気味の苗は、分離するときに苗床がくずれる。(5図)。 ③左右の苗が同量に減らないときは、苗取口スキマの調節が不良。 ④フロートの全面を有効に使う。特にフロート後尾が土中に沈まないこと。 価格=176,000円

⑤植込み杆(←てこって読むんですね!!!)=植付けクラッチレバーを「切」にした時、植込み杆の停止位置が、植込み杆の下がり行程の4図の範囲で停止するよう、植込み諌稈(←今度はこの字になっています。調べてみると読みはカン/わら。稲や麦などの穀物の茎とのこと)駆動チェンで位置決めしておく。
〔運転時の注意〕
①植付け時の圃場状態は、手植えよりやや固めがよい(人が歩いてみて、足跡が消えない程度。水かげんは、全面浅水(0.5〜2cm)が良い。
②植付け苗の水分は、やや控えめが良い。苗が湿りすぎだと、苗がすべりすぎたり、苗の継ぎ足し補給のとき苗がもり上がり、植付け精度がさがる。乾き気味の苗は、分離するときに苗床がくずれる。(5図)。
③左右の苗が同量に減らないときは、苗取口スキマの調節が不良。
④フロートの全面を有効に使う。特にフロート後尾が土中に沈まないこと。
価格=176,000円

 

イセキのサイトドリームギャラリーには、PF20型の鮮明な写真が載っていました。 このPF20の形状については既出のイセキの社史「井関農機60年史」174pに興味深い記述があります。 また、基本型を先行他社に追従して「1輪全景苗タンク式」とするか、当社独自の「2輪後傾苗タンク式」とするかが、設計スタッフを二分する争点になり、いずれとも決しかねた。結局、徹底的な比較検討のすえ後者を選択したのであるが、これが当社田植機を大成功に導くものとなった。

イセキのサイト、ドリームギャラリーにあったPF20型
昭和46年、1971年の176,000円です。当時の大学初任給が46,400円とどこかのサイトにありました。今年の初任給は210,200円だそう。その比率で行くと現在の感覚で約800万円!約80万円ということになります。
ちょっと信じられない感覚・・・今なら50馬力から60馬力くらいの大きめのトラクターを買う感覚ですよね。昔は農機が高かった。ちょっと前の記事、カンリウ人力田植機が販売されたというのもわかります。動力式田植機に手がでない人はたくさんいたに違いありません。(計算間違いをなおしました。これなら何とか手が出るかなぁ)

 

実は今日のトピックは「田植機は高かった」その一点。それではまた明日!

実は今日のトピックは「田植機は高かった」その一点。それではまた明日!

 

 

1 2 3 4 5 6 76

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • クボタM125D・・・「撮りトラ」へのコメント (あかさより[03/26]) 持ってます
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[03/23]) テストです。2度失敗
  • 昭和8年生まれの唐箕はいまだ現役!種籾の選別2020へのコメント (H2より[03/23]) うちにもまだ唐箕あり
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) なおしておきます!
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (noraより[03/15]) みみずくさん がくっ
  • 当時の感覚で約80万円!発売価格¥176,000のヰセキ最初のフロート式超軽量動力田植機PF20「さなえ」へのコメント (みみずくより[03/15]) >現在の感覚で
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (noraより[03/12]) ニ田さん こんにちは
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (noraより[03/12]) 福家さん、情報ありが
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (noraより[03/12]) トラクター野郎さん 
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ビリーさん こんにち
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) ヒデさん こんにちは
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (noraより[03/12]) 山葵さん お返事遅れ
  • クボタトラクターM8030「撮りトラ」ついでにM30/M50/M70シリーズ比較へのコメント (ニ田翔より[03/11]) このトラクターを見る
  • 細王舎のメリーティラーは「羊」と関係が深かった(つづき)へのコメント (福家より[02/26]) はるか以前に聞いた事
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (noraより[02/25]) 伊藤さん こんにちは
  • 昨日の記事は訂正!ヰセキ「耕太」は10人兄弟へのコメント (トラクター野郎より[02/21]) 耕太の年式を見分ける
  • 6100と名前がつくものには6100/6100SE/6100B/6100RC(D?)と4種類ある(あるいはもっと?)JD6100「撮りトラ」へのコメント (ビリーより[02/21]) こんにちは。注意書き
  • シバウラトラクターS100「撮りトラ」へのコメント (ヒデより[02/16]) 私もこのトラクター使
  • ZETOR5714は水田仕様の日本限定バージョンでは?ヰセキZETOR TZ5714「撮りトラ」へのコメント (山葵より[02/13]) 強烈な朝顔ハンドルは
  • マニュアルシフトは限定品? 『Sトラ』クボタSL55Limited「撮りトラ@JA全農いばらき主催のスプリングフェア2019」へのコメント (伊藤三晃より[01/27]) つくばのクボタのとこ
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械