1 1,491 1,492 1,493 1,494 1,495 1,496 1,497 1,498 1,499 1,500 1,501 1,582

ごはんを炊く

nora妻です。

運動会の昼食当番の話を書いていて思ったのですけれど、このブログを読んでいらっしゃるみなさんのお宅では、一度にどのくらいの量のお米を炊きますか?
このあたりでは、ほとんどのお宅に一升釜があります。ガスにしろ電気にしろあたりまえのようにあります。3世代、4世代家族が多いので日常的に1升くらい炊くのだと思います。

我が家では、一回に4合弱炊くと親子4人の夕飯と夫婦二人の朝ご飯をまかなえます。子供たちは朝はパン、昼は給食ですし、夫婦二人のお昼は麺類がほとんど。ですから日常的に炊くお米の量はほぼ4合です。

昼食当番の記事で、当番さん達は1升の米を炊いて持ち寄ると書きましたが、我が家で1升の米をいっぺんに炊くことはめったにありません。3年くらい前の昼食当番のときは5合炊きの電気炊飯器で2回炊きました。タイマーセットで1回目を、それが炊きあがったらすかさず2回目の炊飯に。でも炊きあがるのに1時間近くかかるので、2回目ができあがる頃には最初のものが若干冷めてしまったのが残念でした。

鍋で米を炊く写真

よく、土鍋で炊くなどという話がありますが、鍋で炊いても十分おいしいです。昔の炊飯器しか知らないせいもありますが・・・

そこで今回は、一度に1升分が炊けるようにいろいろ考えました。
2年ほど前に電気炊飯器が壊れてしまい、現在は厚手のステンレス鍋で毎日ご飯を炊いています。これと同じくらいの大きさの鍋がもう一つあるので、二つ同時に使えばOKかと思いましたが、これらの鍋では4合までは大丈夫でも5合はちょっと無理でした。

次に考えたのは直径が30cm程の大きな鋳物の鍋で容量的には1升でも大丈夫な感じです。ただガスコンロの火力がちょっとパワー不足で全体にムラなく炊き上げるのは無理そう。

最後に思いついたのは圧力鍋です。圧力鍋で炊いたご飯がおいしいことは経験済みなので、これでどのくらいの量までいけるか試してみました。5合は楽勝!6合も全く問題なし!でした。1升まで試してみたかったのですが、食べ切るのが大変そうなので実験はここまで。当日はこの圧力鍋で6.5合と、いつものステンレス鍋で炊き慣れている3.5合という配分で一度に炊来上げることができました。しかも炊飯時間は蒸らしも含めて30分あれば十分です。

圧力鍋炊飯 6合半

圧力鍋では6合半炊きます。これで合わせて1升です。圧力鍋のほうがよりもちもちつやつやするような気がします。

実は運動会の2~3日前に『一升炊きの炊飯器貸してあげるよ~』と言ってくれた方がいたのですが、せっかくいろいろ試してみたし、慣れないものを使って水加減などを失敗するのが怖かったので、気持ちだけありがたく頂きました。

いろんな鍋炊きご飯

鍋でご飯を炊く写真

キャンプでご飯を炊くと二回に一回は芯ができてしまいます。修行せねば。

簡易かまどの写真

同じく野外で薪使用ですが、これなら失敗しません。

炎の写真

しかし、必要以上に火に見入ってしまいます。

炎の写真

一瞬でも同じ形、状態がないのでおもしろいですが、焦げ付き注意です。

鍋炊きご飯の記事へ
鍋炊きご飯の記事へ

大場町島地区の秋

春からずっと見てきていると、秋って仕舞の季節という気がしてきます。

色々な植物、動物がだんだんと冬支度を整えて、ひっそりと静かに息をひそめていく。そんな感じです。カマキリは卵を残し、カメムシはきっと暖かいねぐらでも見つけたのでしょう、見当たりません。カエルは丸太の下に潜り込んでしまいました。うるさいくらい鳴いていた秋の虫の声も聞こえません。

田んぼもすっかり静かでたまに田んぼを耕しているトラクターがあるくらいです。農作業もカエルもヘビも虫も植物もみんなみんな仕舞って春に備えてひっそり。

9/18日の記事、「カラスウリ中心の世界」でとりあげたカラスウリも来年に向けての準備は済ませてしまったみたいです。

カラスウリの写真

ウリボウみたいなカラスウリの状態が見たい方は、上のリンクで過去の記事を辿ってみてください。

カラスウリの記事をまとめてご覧になるにはこちら

10/18日の記事「草刈り」終盤の攻防でアキノノゲシを調べた時にどなたかが、「ロゼットで冬を越す」と書いていらっしゃいました。「なんじゃあ?ロゼットって!?」と思い、調べてみたのです。ロゼットってこういうことでした。しかし、こんなにいちいち引っかかっていては、何もかも時間がかかってしょうがありませんね。

ロゼットとは

ロゼットとはこういうことでした。放射状にぺったんこと地面にはり付いて冬を越すこと?もしくはその状態だそうです。タンポポなんて枯れもせず、しぶとく冬、この状態でいるのを見ることがありますね。

このタンポポ、冬が厳しく、風の強いところなどはこうやっているうちに春が来てしまって、「でも寒いしなあ・・・どうしよう・・・」と思ってるうち季節に乗り遅れそうになり、慌てて花を咲かせるんだと思うんです。平たいタンポポ見たことがあります。

あわてて咲くタンポポ

あわてて咲くタンポポ。茎を出す暇がありません。ぺったんこです。

また、「アケビ(まだ青いです。意味があるのか動画あり)」で紹介したアケビはちゃんと熟れていました。

熟れたアケビの写真

パックリと口を開いています。色がほんのり紫色でたいへんきれいです。

熟れたアケビの写真

よく見ると中身の果実は鳥につつかれて所々穴があいています。

そしてジュズダマも・・・

10/20ころのジュズダマの写真。

10/20ころのジュズダマの写真。もう終わりっていう感じです。

カキの写真

こうやって柿がなっているのはにぎやかな状態なのになんだか物悲しいですねえ。

柿の写真

空の色はもう冬です。

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。
続きを見るをクリックして下にひらいて見てくださいね!!

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 当時の熱が並んでる。昔のトラクターのカタログその2・・・「撮りカタログ@土の館」へのコメント (鈴木青龍より[10/19]) あートヨタのトラクタ
  • Special Paintのイーグルデザイン。三菱GA551(かなあ)「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[10/19]) アメリカ国旗やカナダ
  • スライドモアの草刈りも4年目へのコメント (H2より[10/19]) スライドモアはPTO
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) 追伸 今年時間
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[10/17]) noraさんhoka
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (かんとれより[10/16]) この青のラインは、フ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (noraより[10/15]) トラクター狂さん こ
  • 80年代の虹。クボタ RAINBOW S1-600SD「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[10/15]) こんばんは。
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (noraより[10/15]) ゴンザリオさん 凄い
  • RED BULL BOX CART RACE 「お米たべてー!」号モデルができるまでへのコメント (ゴンザリオより[10/14]) 二回目の書き込みをさ
  • 馬力によってはそんなに変わらないが、年代によってずいぶん変わる。それはヘッドランプ!へのコメント (CRAFTS DESIGNより[10/14]) ミニマリストランプ
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) hyoukou240
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) おじまさん こんにち
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • FORD6600「撮りトラ」へのコメント (noraより[10/11]) 浜田さんでしょうか、
  • 今度はクボタの希望。レクシアNew Shining Hope HOPE97 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[10/11]) H2さん こんにちは
  • フィンランド生まれのヴァルトラ、N134Dスマートタッチ続き「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (hyoukou240mより[10/11]) おはようございます。
  • ISHIKAWAの謎、ついに解明かっ!クボタL240「撮りトラ」へのコメント (おじまより[10/10]) おめでとうございます
  • こんなに大きくなって・・・フィンランド生まれのヴァルトラ、N134D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[10/09]) N134のあとにDが
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械