1 1,449 1,450 1,451 1,452 1,453 1,454 1,455 1,456 1,457 1,458 1,459 1,549

オコゲは一日にして成らず

結論から言うとこれです。ローマは一日にして成らず。

結論から言うとこれです。ローマは一日にして成らず。

毎日やっていることでも、何も考えないでやっているとちっとも身になっていないというコトなのでしょう。うまくご飯が炊けていても、すべてをコントロールしているわけじゃなく、「結果としてうまく行っていた」ということなんです。応用が効かない。

オコゲなんて簡単にできると思ったんだけどなあ。パリッとしたオコゲを望む量、自在に作るにはやっぱり普段からいろいろ考えて試していないとダメみたいです。大体ビビってアンダーシュートしちゃう。大胆に繊細にいかないと・・・

羽釜で4合炊き、17分炊いてみました。両サイドはこの感じです。

羽釜で4合炊き、17分炊いてみました。両サイドはこの感じです。

大体、鍋と羽釜では水の測定方法が違いそうです。第一関節法(鍋炊きご飯参照)で水を計ると硬めになる感じです。nora妻が、「昔は手のひらを米の面に押し付けて手首まで、と、言われていたけれど、鍋で炊く時には水が多い感じがする」と言っていましたが、「手首まで」が羽釜に特化した水測定法だったのかもしれません。

羽釜+薪炊き+グルグルでオコゲに挑戦!

↑ 動画(1分4秒)画面クリックでも再生します。

面白くて3回もグルグルしてしまったのがマズかったのかな。オコゲはできるにはできたけれど、いかにもビビっている感じがオコゲに出てます。それと蒸らしてからオコゲを取り出したので「パリッと感」がなくなってしまいました。オコゲは綺麗に剥がれるのですがこれではいけません。炊けたらすぐ白い部分は別の器にあけて蒸らし、オコゲはオコゲで取り出さないとダメだったみたいですね。

オコゲ完成写真。

オコゲ完成写真。羽釜の底部分に少しもオコゲらしい部分がありました。しかし、蒸らしてから取り出したので若干「しなっ」としています。

燃料の写真

燃料はこれ。薪割りで出た木屑や木の皮を乾燥させたもの。ストーブのたき付けにも使っています。

簡易かまどの写真

屋外でじっと待ち、いつも出番を待っている簡易かまど。¥3,000ちょっとです。

火の写真

アフガニスタンでは暖をとったり煮炊きをするのに子供が木屑や細かい木片を集めていると聞いたことがあります。そんなに貴重な燃料が、こちらには捨てるほどあるのですから、世の中うまく行かないものです。

羽釜炊き研究員として、次は羽釜用水測定法を適用して、炊けたらすぐ白い部分とオコゲを分離。そして火加減やおろすタイミングは攻めながら引く感じで行ってみようと思います。

鍋炊きご飯の記事へ
鍋炊きご飯の記事へ

ホテイアオイはまだ粘っています

ホテイアオイの花は終わってしまいましたが、その他はほとんど変化はありません。

ホテイアオイの花は終わってしまいましたが、その他はほとんど変化はありません。

昨日のヒシに比べてホテイアオイはまだ粘っています。一部に枯れている部分は見られますが、一時のジュンサイハムシにやられてしまうわけでもなく、巨大化しているように見えます。

一部枯れていますが、元気元気。このまま冬を越してしまうのかもしれません。

一部枯れていますが、元気元気。このまま冬を越してしまうのかもしれません。

そして、大雨が降った後などは今まで見られなかったところにぷかりぷかりと浮いていたりします。

油断ならないホテイアオイ

9月26日の点検時点では見られなかった、揚水機場の調整池にも2〜3株浮いていました。一体どこからやってきたのでしょうか?空を飛んできたとしか思えません。

9月26日の点検時点では見られなかった、揚水機場の調整池にも2〜3株浮いていました。一体どこからやってきたのでしょうか?空を飛んできたとしか思えません。

普段は集団で生活しているホテイアオイですが、天気が荒れると分離して流れていきます。そして流れ着いたその先で繁茂するみたいです。地下茎やランナーで増える植物がありますが、ホテイアオイは漂流で増えるのです。

普段は集団で生活しているホテイアオイですが、天気が荒れると分離して流れていきます。そして流れ着いたその先で繁茂するみたいです。地下茎やランナーで増える植物がありますが、ホテイアオイは漂流で増えるのです。

10/11に見つけたずっと下流まで流れていったホテイアオイ。船と岸の間、汽水域だとだと思われます。これが・・・

10/11に見つけたずっと下流まで流れていったホテイアオイ。船と岸の間、汽水域だとだと思われます。これが・・・

続きを読んでね!の画像

写真と文章で長くなってしまうので畳んでおきます。

(さらに…)

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • デラックスはどの部分?少なくとも70年代生まれのイセキTS1700「撮りトラ」へのコメント (山葵より[08/13]) あっ!このクラッチは
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[08/09]) noraさま 先日
  • Vツインだからこそのこの形。日の本MD200「撮りトラ」へのコメント (シャチより[08/08]) 珍しいですねー 空
  • 「その身になってみないとわからない」家庭稲園バケツ稲プロジェクトその17へのコメント (おじまより[08/07]) スズメは「乳熟期~糊
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/07]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/03]) noraさんhoka
  • 7月発売の新しいワールド、M1010W-SE(スペシャルエディション)は稲作用!「撮りトラ@ダイナミックフェア2018」へのコメント (H2より[08/02]) パソコンなんかでもそ
  • ランボルギーニと同じ顔。DEUTZ FAHR WARRIOR 7250TTV T4F 「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (畠中より[07/31]) ランボルギーニとドイ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (H2より[07/31]) noraさん、そうで
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (山葵より[07/30]) ニュートラルはスリッ
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) やすひろさん こんば
  • ステッカーが焼けて見えないけど、四駆のシバウラS700-Oじゃないかなぁ「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) シャチさん ご無沙汰
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (noraより[07/30]) H2さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 山葵さん こんばんは
  • 当時もオールドスクールだったんじゃないかな?1972~1978 ZETOR4712「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) 六郎田さん こんばん
  • 見たことのない日の本!(当社比)と思ったら、ゴリラ顔のGLだった。日の本NX46「撮りトラ」へのコメント (noraより[07/30]) Blue_Buffa
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (noraより[07/30]) Nocchさん こん
  • クボタの耕うん機KME181、KME201、KME231、K500・・・「昔のカタログ」へのコメント (Nocchより[07/30]) 家が農家で物心付いた
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkkaidoujinより[07/29]) noraさんando
  • 家庭稲園バケツ稲プロジェクトその16「変化少なめ」へのコメント (やすひろより[07/29]) お久しぶりです。
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械