1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

明治150年記念、日本を変えた千の技術博

産業を変える技術、航空機「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

休みの日は見に来る人も少ないので今日は趣向を変えて・・・国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

第3章は「暮らしを変える技術」でしたが、第4章は「産業を変える技術」です。 車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。 とあります。

第4章は「産業を変える技術」です。

車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。

とあります。今日は4章の中の航空機です。

 

二式一一五〇馬力発動機 1943(昭和18)年12月製造 発動機番號 第2828號 中島飛行機が製造し、第二次世界大戦中、零戦や隼など多くの飛行機に装備された発動機。 とあります。

二式一一五〇馬力発動機
1943(昭和18)年12月製造
発動機番號 第2828號
中島飛行機が製造し、第二次世界大戦中、零戦や隼など多くの飛行機に装備された発動機。
とあります。

 

「栄」という名でも知られているそうです。

「栄」という名でも知られているそうです。

 

空冷星形エンジンの冷却フィンは薄く細かくて、「これでもか!」というくらい細部に立っていて美しいです。空冷トラクターがシンプルで整備性が良さそうなのに対してこちらは手を出すのがはばかられそうな感じ。

空冷星形エンジンの冷却フィンは薄く細かくて、「これでもか!」というくらい細部に立っていて美しいです。空冷トラクターがシンプルで整備性が良さそうなのに対してこちらは手を出すのがはばかられそうな感じ。

 

銘板には1150馬力と大きく書いてあります。というか、このエンジンの名前は「1150馬力」と受け取れる書き方・・・なんだかそれがおもしろいです。トラクターもそんな感じがありますが、当時の飛行機は馬力で決まる感じだったのでしょう。

銘板には1150馬力と大きく書いてあります。というか、このエンジンの名前は「1150馬力」と受け取れる書き方・・・なんだかそれがおもしろいです。トラクターもそのように受け取れますが、当時の飛行機の性能は馬力で決まる感じだったのでしょう。

 

航空研究所試作長距離機 縮小三面図 1936(昭和11)年頃 東京帝国大学航空研究所製 全幅:27.93m、全長:15.06m、全高:3.60m、自重:4225瓩(kg)、搭載原動機:川崎製BMW9型700馬力 馬力改良型、航続距離:12,740粁(km)、航続時間:68時間40分、巡航速度:180〜200km/h、初飛行:1937(昭和12)年。

航空研究所試作長距離機 縮小三面図
1936(昭和11)年頃 東京帝国大学航空研究所製
全幅:27.93m、全長:15.06m、全高:3.60m、自重:4225瓩(kg)、搭載原動機:川崎製BMW9型700馬力 馬力改良型、航続距離:12,740粁(km)、航続時間:68時間40分、巡航速度:180〜200km/h、初飛行:1937(昭和12)年。

 

航研機(航空研究所試作長距離機)の模型。

航研機(航空研究所試作長距離機)の模型。

 

正副2人の操縦士と1人の航空機関士の3人で62時間22分49秒掛けて世界記録を達成したそう・・・睡眠もトイレも食事もしなくてはならないでしょうから大変ですよね。 救いは周回コースだということ。僕はどこか遠くに飛んでいったのかと思いましたが、周回コースなら途中で何かあっても不時着できそうなので安心です。(不時着は安心でもないか・・・)

正副2人の操縦士と1人の航空機関士の3人で62時間22分49秒掛けて世界記録を達成したそう・・・睡眠もトイレも食事もしなくてはならないでしょうから大変ですよね。
救いは周回コースだということ。僕はどこか遠くに飛んでいったのかと思いましたが、周回コースなら途中で何かあっても不時着できそうなので安心です。(不時着は安心でもないか・・・)

 

何コレ?飛行機とどんな関係があるの?・・・と思える物体。カウベルが巨大になったような形。これ、カメラだそうです。そうとわかっても航空機とどういう関係?というのが解決しません。

何コレ?飛行機とどんな関係があるの?・・・と思える物体。カウベルが巨大になったような形。これ、カメラなんですって。そうとわかっても航空機とどういう関係?というのが解決しません。

 

このカウベル、高感度カメラだそうです。 高感度カメラ 1930(昭和5)年 栖腹豊大郎が開発した高速度カメラⅡ型で、毎秒4万5千コマの撮影が可能である。航空研究所において、航空機の空力学の研究などに使用された。 とあります。 中に大きなはずみ車が入っていて、そのはずみ車に4mのフィルムが巻かれ、高速で回転させるようです。防爆、危険防止のためにこのような釣り鐘型のボデイが備わっていて、ボディの小さな隙間から入った光で露光する・・・そんな作りだそうです。

このカウベル、高感度カメラだそうです。

高感度カメラ
1930(昭和5)年
栖腹豊大郎が開発した高速度カメラⅡ型で、毎秒4万5千コマの撮影が可能である。航空研究所において、航空機の空力学の研究などに使用された。

とあります。
中に大きなはずみ車が入っていて、そのはずみ車に4mのフィルムが巻かれ、高速で回転させるようです。防爆、危険防止のためにこのような釣り鐘型のボデイが備わっていて、ボディの小さな隙間から入った光で露光する・・・そんな作りだそうです。

 

航空機開発の系譜 エンジンのついた飛行機が日本の空を初めて飛んだのは、1910(明治43)年である。これはライト兄弟の初飛行から7年後のことであった。1938(昭和13)年には日本の技術開発も進んで、周回航続距離の世界記録を樹立するまでになった。その後、航空機の技術は第二次世界大戦中に飛躍的に発展したが、わが国では戦後しばらく航空関係の開発を行なうことはできなかった。その遅れをとり戻すため、戦前からの頭脳も集めて完成したのが、中型輸送機YS-11である。

航空機開発の系譜
エンジンのついた飛行機が日本の空を初めて飛んだのは、1910(明治43)年である。これはライト兄弟の初飛行から7年後のことであった。1938(昭和13)年には日本の技術開発も進んで、周回航続距離の世界記録を樹立するまでになった。その後、航空機の技術は第二次世界大戦中に飛躍的に発展したが、わが国では戦後しばらく航空関係の開発を行なうことはできなかった。その遅れをとり戻すため、戦前からの頭脳も集めて完成したのが、中型輸送機YS-11である。

 

YS-11風洞実験モデル 1960(昭和35)年頃 YS-11の開発にあたり、本体形状の空力学的特性を調べるために作られ、東京大学航空学科の風洞実験室で使用された模型 無造作に天井から吊されているのはYS-11風洞実験モデル。あちこち補修の痕があったり、表面が荒れてたりしてます。これでどこまで、何がわかったんだろう・・・

YS-11風洞実験モデル
1960(昭和35)年頃
YS-11の開発にあたり、本体形状の空力学的特性を調べるために作られ、東京大学航空学科の風洞実験室で使用された模型

無造作に天井から吊されているのはYS-11風洞実験モデル。あちこち補修の痕があったり、表面が荒れてたりしてます。これでどこまで、何がわかったんだろう・・・

 

YS-11の模型 詳しいキャプションが読めませんが、海上保安庁 LA701と本体に書いてあります。日の丸のマークの前に丸い覗き窓が見えますね。 調べてみたら海上保安庁で「ブルーイレブン」と呼ばれている機体だとわかりました。

YS-11の模型
詳しいキャプションが読めませんが、海上保安庁 LA701と本体に書いてあります。日の丸のマークの前に丸い覗き窓が見えますね。
調べてみたら海上保安庁で「ブルーイレブン」と呼ばれている機体だとわかりました。

 

JIJI.comに写真記事がありました。消えてしまうと困るので引用しておきます。

 

海上保安庁に所属する国産プロペラ機YS11の最後の1機となった「ブルーイレブン」が約42年間の現役生活から引退することになり、ラストフライトを前に同庁の羽田航空基地(東京都大田区)で解役式が行われた。写真は格納庫内のブルーイレブン。機首に記されている「LA701」は、海上保安庁の登録コード。
ブルーイレブンは1969年に就役、総飛行時間は約2万3000時間に及んだが、無事故だった。巡航速度は時速426キロ。長距離飛行を可能にするため、旅客機なら客席の部分に燃料タンクを増設した。ブルーイレブンの解役により、機体番号(ブルーイレブンはJA8701)が日本の民間機を示す「JA」で始まるYS11は姿を消し、航空、海上両自衛隊所属の20機だけとなる(2011年01月13日) 【時事通信社】

 

現時点でどうなんでしょう・・・残ってるのかな・・・

 

YS-11 戦後日本の航空機産業の復活を願って開発された国産輸送機。写真は国立博物館所蔵の機体。試作二機の後に次いで製造された量産一号機である。本機は1964(昭和39)年10月12日に初飛行し、1965(昭和40)年に運輸省航空局に引き渡され、「ちよだⅡ」と命名されて以後、飛行検査用として運用され、最終飛行は1998(平成10)年であった。 コラム 日本の技術の総力を挙げて開発したYS-11 YS-11の開発には、航空研の木村秀政、隼の太田稔、零戦の堀越二郎、紫電の菊原静男、飛燕の土井武夫など戦前の航空技術者がかかわり、最終的に輸送機研究開発協会から引き継いだ日本航空機製造が生産を行なった。そして1962(昭和37)年8月30日に名古屋空港で試作第一号機が初飛行を行った。

YS-11
戦後日本の航空機産業の復活を願って開発された国産輸送機。写真は国立博物館所蔵の機体。試作二機の後に次いで製造された量産一号機である。本機は1964(昭和39)年10月12日に初飛行し、1965(昭和40)年に運輸省航空局に引き渡され、「ちよだⅡ」と命名されて以後、飛行検査用として運用され、最終飛行は1998(平成10)年であった。

コラム 日本の技術の総力を挙げて開発したYS-11
YS-11の開発には、航空研の木村秀政、隼の太田稔、零戦の堀越二郎、紫電の菊原静男、飛燕の土井武夫など戦前の航空技術者がかかわり、最終的に輸送機研究開発協会から引き継いだ日本航空機製造が生産を行なった。そして1962(昭和37)年8月30日に名古屋空港で試作第一号機が初飛行を行った。

 

色々YS-11についてテキストが書かれています。これらどこを見ても輸送機と書いてあって、旅客機じゃないんですね。

旅客機という言葉、最近の言葉なのでしょうか・・・輸送機は当然旅客も輸送するわけですけど、僕のイメージで輸送機というとどうしてもカーゴというイメージになってしまいます。

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

 

産業を変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

休みの日は見に来る人も少ないので今日は趣向を変えて・・・国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

話が前後してしまいますが、第3章は「暮らしを変える技術」電気の技術です。明治以降を考えるとき、電気は外せませんよね。今でいうパソコンやインターネット、スマートフォンのような大きな変化です。  生活を変えた電気。現代の生活で使わないことは困難です。長時間電気が通じないと、屋内の電気製品だけでなく、社会全体が機能しなくなります。電気による明かりの登場は、家の中や夜の町を明るくし、人々の生活と労働の場を広げました。さらにそのシステムを利用した電化製品の普及は、人々の生活を大きく変えました。 とあります。先の東日本大震災で体験したように、まさに電気のありがたさや無意識に電気に頼り切っていたことを思い知らされましたよね。

今日は先週に引き続き、第3章「暮らしを変える技術」電気の技術です。電気のある生活その2に用意していたものの、載せるのを忘れてしまった発電用水車からです。第3章のコメンンにはこうあります。

 生活を変えた電気。現代の生活で使わないことは困難です。長時間電気が通じないと、屋内の電気製品だけでなく、社会全体が機能しなくなります。電気による明かりの登場は、家の中や夜の町を明るくし、人々の生活と労働の場を広げました。さらにそのシステムを利用した電化製品の普及は、人々の生活を大きく変えました。

 

横軸フランシス水車(フランシスタービン) 1927(昭和2)年 日立製作所製 出力:7.5馬力、回転数:600rpm 小規模の水力発電用水車。大きさは異なるが、ほぼ同じ構造の水車が明治時代から現代まで、日本各地の水力発電所で稼働している とあります。

横軸フランシス水車(フランシスタービン)
1927(昭和2)年 日立製作所製
出力:7.5馬力、回転数:600rpm
小規模の水力発電用水車。大きさは異なるが、ほぼ同じ構造の水車が明治時代から現代まで、日本各地の水力発電所で稼働している
とあります。

 

茨城に住んでいると、何かと目にする日立のマーク。「おっ!」という気になります。

茨城に住んでいると、何かと目にする日立のマーク。「おっ!」という気になります。

 

第3章は「暮らしを変える技術」でしたが、第4章は「産業を変える技術」です。 車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。 とあります。

第3章は「暮らしを変える技術」でしたが、第4章は「産業を変える技術」です。

車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。

とあります。

 

日本に初めて自動車が輸入されたのは1898(明治31)年である。その後自動車製作の挑戦が始まり山羽式蒸気自動車などがつくられた。そして「オートモ号」の発売を開始した白揚社などが自動車産業の先駆けとなた。  高度成長期には高速道路の建設が進み、自動車の保有台数が爆発的に急増した。自動車産業の発達と自動車の普及は社会に変化をもたらし、その社会の要請に応えて、経済的な小型車、憧れのスポーツカー、排出ガス規制への対応など、技術開発が進められてきた。東洋工業(現・マツダ)のロータリーエンジンやホンダのCVCCエンジンなど、世界が驚く独自の技術も開発された。  現代ではより環境にやさしく、安全な車を目指して、再び電気自動車が開発され、自動運転の実現も間近となった。

自動車登場
 日本に初めて自動車が輸入されたのは1898(明治31)年である。その後自動車製作の挑戦が始まり山羽式蒸気自動車などがつくられた。そして「オートモ号」の発売を開始した白揚社などが自動車産業の先駆けとなた。
 高度成長期には高速道路の建設が進み、自動車の保有台数が爆発的に急増した。自動車産業の発達と自動車の普及は社会に変化をもたらし、その社会の要請に応えて、経済的な小型車、憧れのスポーツカー、排出ガス規制への対応など、技術開発が進められてきた。東洋工業(現・マツダ)のロータリーエンジンやホンダのCVCCエンジンなど、世界が驚く独自の技術も開発された。
 現代ではより環境にやさしく、安全な車を目指して、再び電気自動車が開発され、自動運転の実現も間近となった。

 

このレトロな外観の自動車は電気自動車です。第3章は「電気が家庭生活を変えた」とありますけど、自動車が出てきた当時は高すぎて、家庭生活を変えるまではいかなかったのでしょうね。

このレトロな外観の自動車は電気自動車です。「自動車登場」の文章の中に、「再び電気自動車が開発され」とあるのはこの車両を意識しているのかもしれません。僕もこの「えっ?電気自動車なの?」と、ビックリしましたもん。第3章は「電気が家庭生活を変えた」とありますけど、産業を変えた技術ということで自動車が展示されているということは、自動車が出てきた当時は高すぎて、誰もが買えるわけではなく、家庭生活を変えるまではいかなかったのでしょうね。

 

Milburn電気自動車 Milburn Wagon Co./製 1920(大正9)年頃 動力:モーター(GE製) 速度:20〜40km/h 状態:レストア 20世紀初めの電気自動車。Milburn Wagon Copanyは、1915年前後から電気自動車の製造を開始し、日本にも同社の電気自動車が輸入された。展示している車は国内を走った記録はないが、元々熊本県球磨村の博物館にあったもの。

Milburn電気自動車
Milburn Wagon Co./製 1920(大正9)年頃
動力:モーター(GE製)
速度:20〜40km/h
状態:レストア
20世紀初めの電気自動車。Milburn Wagon Copanyは、1915年前後から電気自動車の製造を開始し、日本にも同社の電気自動車が輸入された。展示している車は国内を走った記録はないが、元々熊本県球磨村の博物館にあったもの。

 

電気自動車は電池を積むしかないと思うのですが、この車はどうやっているのでしょう・・・航続距離とかが気になります。

電気自動車は電池を積むしかないと思うのですが、この車はどうやっているのでしょう・・・航続距離とかが気になります。

 

ボックスカートの参考にならないかと撮っています。

ボックスカートの参考にならないかと撮っています。

 

お約束のヘッドランプ。レンズカットはナシで、スッドsのガラスっぽいです。

お約束のヘッドランプ。レンズカットはナシで、スッドsのガラスっぽいです。

 

美しいスポークホイール。初めっからこんな色だったのかなぁ・・・どうせならJD風に黄色が良かったな。

美しいスポークホイール。初めっからこんな色だったのかなぁ・・・どうせならJD風に黄色が良かったな。

 

ひときわ場所を取って展示されていたのはメタリックのコスモスポーツ。ピッカピカです。もう実際に走ることはないのでしょうね・・・

ひときわ場所を取って展示されていたのはメタリックのコスモスポーツ。ピッカピカです。もう実際に走ることはないのでしょうね・・・見る機会がある時は車体が低いのでいつも上からでした。このように煽るように見たのは初めてです。バンパーの下側に吸気のためのグリルが開いていたんですね。カッコいいです。

 

マツダ コスモスポーツ 東洋工業/製 1967(昭和42)年 搭載ロータリーエンジン:A10型 単室排気量:491cc 最大トルク:13.3kgf・m/3500rpm 世界を驚かせた実用的ロータリーエンジン搭載の市販車。東洋工業が1967( 昭和42)年に発売したロータリーエンジン搭載の2シータークーペタイプの乗用車。耐久性のある実用的なロータリーエンジンを搭載した車として、世界的に有名となった。

左のキャプションは

マツダ コスモスポーツ
東洋工業/製 1967(昭和42)年
搭載ロータリーエンジン:A10型
単室排気量:491cc
最大トルク:13.3kgf・m/3500rpm
世界を驚かせた実用的ロータリーエンジン搭載の市販車。東洋工業が1967(
昭和42)年に発売したロータリーエンジン搭載の2シータークーペタイプの乗用車。耐久性のある実用的なロータリーエンジンを搭載した車として、世界的に有名となった。

とあります。

 

そのとなりのキャプションは ロータリーエンジン ロータリーエンジンは、熱エネルギーを、往復運動を経ることなく回転運動に変換できる原動機である。レシプロエンジンに比べ、理論的には振動や騒音が低くなる。ドイツのフェリンクス・ヴァンケルは三角形の回転子(ローター)を用いるタイプを発明し、自動車用として1960年代に世界中で開発が進められた。しかし、気密や摩耗の課題を克服するのが難しく、耐久性のあるエンジンを量産し、長期にわたり市場に供給できたのは、資本主義圏では、東洋工業(現・マツダ)だけであった。 とあります。

そのとなりのキャプションは

ロータリーエンジン
ロータリーエンジンは、熱エネルギーを、往復運動を経ることなく回転運動に変換できる原動機である。レシプロエンジンに比べ、理論的には振動や騒音が低くなる。ドイツのフェリンクス・ヴァンケルは三角形の回転子(ローター)を用いるタイプを発明し、自動車用として1960年代に世界中で開発が進められた。しかし、気密や摩耗の課題を克服するのが難しく、耐久性のあるエンジンを量産し、長期にわたり市場に供給できたのは、資本主義圏では、東洋工業(現・マツダ)だけであった。

とあります。

 

コスモスポーツ、センターのプレスラインに被る、フェンダー状のラインがあったんですね。

コスモスポーツ、センターのプレスラインに被る、フェンダー状のラインがあったんですね。

 

今でも行けそうなデザインです。美しい!

今でも行けそうなデザインです。美しい!

 

今日はこんなところです。また明日!

 

 

 

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械