1 2 3 4 5 6 7 8 9 11

明治150年記念、日本を変えた千の技術博

化学工業と樽や壷その2。モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

休みの日は見に来る人も少ないので今日は趣向を変えて・・・国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

残り物でいきなりスタックしてしまいました。これからが本題です。 第5章「モノを変える技術」です。 日本では古来より、天然の産物をうまく利用してきました。幕末に西洋の科学技術が導入されると、積極的に新しい物質をつくり出して活用するようになります。石炭の利用や製鉄は近代化の機番となり、空気から肥料を作って食料が増産され、天然物や石油などから新しい材料を生産して生活を便利で豊かなものにしてきました。 とあります。

この展示、思ったよりボリュームがあっていつも用意した写真を積み残してしまいます。今日で何とか追いつきたい・・・

というわけで、第5章は「モノを変える技術」です。

日本では古来より、天然の産物をうまく利用してきました。幕末に西洋の科学技術が導入されると、積極的に新しい物質をつくり出して活用するようになります。石炭の利用や製鉄は近代化の機番となり、空気から肥料を作って食料が増産され、天然物や石油などから新しい材料を生産して生活を便利で豊かなものにしてきました。

とあります。

 

前々回の続きになってしまって繫がりが悪くなっています。今とは違ったイメージの化学工場とそこで使われた容器の展示?のコーナー。まずは初期のセメント工場の写真でしょうか。 上の写真 旧小野田セメント製造株式会社竪釜(たてがま) 日本のセメント製造は官官事業として始まったが、民営事業としては、1881(明治14)年に山口県小野田(現・山陽小野田市)に「セメント製造會社」(のちの小野田セメント。現太平洋セメント)が設立され、2年後に操業を開始した。この装置は、同社が1883(明治16)年に建設したセメント焼成用竪釜の一つ。通称「徳利窯」 その後改造され、現在の大きさになった。この種のものとしては、わが国に現存する唯一のもの。 とあります。 そして下の写真は ルブラン法炭酸ソーダ製造装置塩酸吸収塔 日本のソーダ灰製造は官官事業として始まったが、民営事業としては1889(明治22)年、山口県小野田(現・山陽小野田市)に日本舎密製造(現・日産化学工業)が設立され、1891(明治24)年に生産が開始された。 この吸収塔は、食塩と硫酸から炭酸ナトリウムを製造する工程で発生する塩化水素ガスを吸収する装置。 とあります。

前々回の続きになってしまって繫がりが悪くなっています。今とは違ったイメージの化学工場とそこで使われた容器の展示?のコーナー。まずは初期のセメント工場の写真でしょうか。

上の写真
旧小野田セメント製造株式会社竪釜(たてがま)
日本のセメント製造は官官事業として始まったが、民営事業としては、1881(明治14)年に山口県小野田(現・山陽小野田市)に「セメント製造會社」(のちの小野田セメント。現太平洋セメント)が設立され、2年後に操業を開始した。この装置は、同社が1883(明治16)年に建設したセメント焼成用竪釜の一つ。通称「徳利窯」
その後改造され、現在の大きさになった。この種のものとしては、わが国に現存する唯一のもの。
とあります。

そして下の写真は
ルブラン法炭酸ソーダ製造装置塩酸吸収塔
日本のソーダ灰製造は官官事業として始まったが、民営事業としては1889(明治22)年、山口県小野田(現・山陽小野田市)に日本舎密製造(現・日産化学工業)が設立され、1891(明治24)年に生産が開始された。
この吸収塔は、食塩と硫酸から炭酸ナトリウムを製造する工程で発生する塩化水素ガスを吸収する装置。
とあります。

 

ちょっと調べてみた限りにおいて、セメントと炭酸ソーダは関係なく、別々の化学工業製品みたいです。何のエクスキューズもなく「日本のソーダ灰製造は云々」とありますけど、炭酸ソーダとソーダ灰は同じものを指すようで、

 

中東の草木、塩生植物、スコットランドの昆布、スペインの海藻のようなナトリウムが豊富な土壌で育った植物の灰から抽出されていた。これらのナトリウムが豊富な植物の灰は、炭酸カリウムが得られる木材の灰と異なっていたため、ソーダ灰(soda ash)として呼ばれるようになった。

 

とウィキペディアにありました。

 

同じくWikipediaによると、ルブラン法とはこういうことみたいです。 炭酸ナトリウムは水に溶け、炭酸カルシウムおよび硫化カルシウムは水に溶けにくいので、ソーダ灰は黒灰を洗浄することによって分別される。その後、固体の炭酸ナトリウムを得るために洗浄水を脱水する。この方法は浸出法(溶解法)と呼ばれた。 とありました。 どうも、盛んにこの炭酸ソーダが作られていたようです。ただ、何に使われていたかは調べてもよくわかりませんでした。石けんの材料だったり、いわゆる「アルカリ」だったなどと書かれているのですが・・・

同じくWikipediaによると、ルブラン法とはこういうことみたいです。
炭酸ナトリウムは水に溶け、炭酸カルシウムおよび硫化カルシウムは水に溶けにくいので、ソーダ灰は黒灰を洗浄することによって分別される。その後、固体の炭酸ナトリウムを得るために洗浄水を脱水する。この方法は浸出法(溶解法)と呼ばれた。

とありました。塩と硫酸を反応させたあと薪かなんかで焼くんですかねえ・・・

とにかく、盛んにこの炭酸ソーダが作られていたようです。ただ、何に使われていたかは調べてもよくわかりませんでした。石けんの材料だったり、いわゆる「アルカリ」だったなどと書かれているのですが、そんなに要る?って感じです・・・

 

ものすごく前振りが長くなってしまいました。で、化学工場で使われた容器です。 せめんだる 1881(明治14)年に民間初のセメント会社(現・太平洋セメント)が山口県小野田(現・山陽小野田市)に設立された、1883(明治16)年に生産が始められた。後に輸出されるようになる。輸出などに用いられた樽。 とあります。 名前がいいですよね!「せめんだる」かわいらしくもあり、外国語みたいな響きでもあり。 。

ものすごく前振りが長くなってしまいました。で、化学工場で使われた容器です。

せめんだる
1881(明治14)年に民間初のセメント会社(現・太平洋セメント)が山口県小野田(現・山陽小野田市)に設立された、1883(明治16)年に生産が始められた。後に輸出されるようになる。輸出などに用いられた樽。

とあります。
名前がいいですよね!「せめんだる」かわいらしくもあり、外国語みたいな響きでもあり。前々回の壷?瓶?もそうですけど、現代の感覚ではそのようなものを入れる容器にとても見えません。

 

こちらは空気からアンモニアを作る機械。リンデ式空気液化分留器というものらしいです。

こちらは空気からアンモニアを作る機械。リンデ式空気液化分留器というものらしいです。

(さらに…)

産業を変える技術&モノを変える技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」

休みの日は見に来る人も少ないので今日は趣向を変えて・・・国立科学博物館で開催されていた、明治150年記念、日本を変えた千の技術博という特別展で見たものいろいろ・・・

 

こんな展示です。WEBページによれば・・・ 明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。 時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。 日本各地の大学・研究機関や企業などから、 600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合! 科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、 "日本を変えた千の技術"をたっぷりと紹介していきます。 中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、 「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です! だそうです。 開館時間 : 午前9時~午後5時 (金曜日、土曜日は午後8時まで、入館は各閉館時間の30分前まで) 休館日 : 毎週月曜日(2月25日は開館、2月12日はお休み)

こんな展示です。WEBページによれば・・・

明治改元から150年、そして2019年に予定される改元。
時代が転換するこの機会にあわせて日本を大きく変えていった科学・技術の成果が一堂に集まります。
日本各地の大学・研究機関や企業などから、
600を超える点数の貴重な科学・技術の遺産が上野の国立科学博物館に大集合!
科学者・技術者の発明・発見にまつわるエピソードや世相、関連する写真などを合わせ、
“日本を変えた千の技術”をたっぷりと紹介していきます。
中でも、「重要文化財」や、「化学遺産」、「機械遺産」、「情報処理技術遺産」、
「でんきの礎」、 「未来技術遺産」に認定された約50点の資料は特に注目です!

もう終っちゃいましたけどね。

 

第3章は「暮らしを変える技術」でしたが、第4章は「産業を変える技術」です。 車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。 とあります。

第4章は「産業を変える技術」。

車や飛行機、船舶や機械の発達が人とモノの流れと製造現場を変え、産業を発展させました。人力や動物の力から、蒸気や電気の動力へ。そして鉄の機械による大量生産が始まりました。今後、自動車やロボットは人工知能(AI)を搭載してどのように変わっていくのでしょうか。

とあります。今日は前々回4章で漏れてしまっていた、産業機械から・・・。

 

初期の頃の安川電機の産業用ロボット この展覧会のカタログの産業用ロボットのキャプションには 現代のモノづくりの場において、産業用ロボットの果たしている役割には、大きなものがあります。そのはじまりは1950年代。アメリカで概念が提唱され、ユニメート社によって、初めて実用化されました。日本においては川崎航空機工業が輸入・国産化し、国内でも産業用ロボットの開発が進みました。  1970年代になると、産業用ロボットの研究も盛んになり、各社からいろいろなロボットが開発されるようになります。安川電機が1977(昭和52)年に国内で初めて開発・販売された全電気式の産業用ロボットは、従来の油圧式から全電気式にしたことで、位置や速度の制御製に優れ、かつ、保守点検が容易なことから、従来熟練を必要としたアーク溶接の自動化を担い、わが国の自動車産業の品質の安定化とコストダウンに貢献しました。こうしたロボットが日本の工業を発展させたのです。 とありました。

初期の頃の安川電機の産業用ロボット
この展覧会のカタログの産業用ロボットのキャプションには

現代のモノづくりの場において、産業用ロボットの果たしている役割には、大きなものがあります。そのはじまりは1950年代。アメリカで概念が提唱され、ユニメート社によって、初めて実用化されました。日本においては川崎航空機工業が輸入・国産化し、国内でも産業用ロボットの開発が進みました。
 1970年代になると、産業用ロボットの研究も盛んになり、各社からいろいろなロボットが開発されるようになります。安川電機が1977(昭和52)年に国内で初めて開発・販売された全電気式の産業用ロボットは、従来の油圧式から全電気式にしたことで、位置や速度の制御製に優れ、かつ、保守点検が容易なことから、従来熟練を必要としたアーク溶接の自動化を担い、わが国の自動車産業の品質の安定化とコストダウンに貢献しました。こうしたロボットが日本の工業を発展させたのです。

とありました。

 

川崎航空機!

 

川崎航空機と言ったらヰセキポルシェのエンジンを作っていた会社じゃないですか!!

 

すばらしいコンディションのヰセキTB-23。空冷2気筒ディーゼル1055cc。TB-23といいつつ22馬力だそうです。生まれは1965年あたりというのが大体の皆さんの意見。

すばらしいコンディションのヰセキTB-23。空冷2気筒ディーゼル1055cc。TB-23といいつつ22馬力だそうです。生まれは1965年あたりというのが大体の皆さんの意見。

 

すばらしいコンディションのヰセキTB-23。空冷2気筒ディーゼル1055cc。TB-23といいつつ22馬力だそうです。生まれは1965年あたりというのが大体の皆さんの意見。

ヰセキ空冷ディーゼルエンジン 形式KD2200 気筒容積1055cc 川崎航空機工業株式會社

 

ちょっと脱線しちゃいました。川崎航空機、色々なことに手を出していたんですねぇ。産業用ロボットに戻ります。

 

う〜ん・・・現場の機械化は70年代に起こっていたのですね。熟練というのは頭と手が高度に連携するということですから、それを機械で置き換えてしまったというわけです。

 

今、AIが話題ですけど、確かにこれなら「作業」と名のつくものなら全てAIと機械に置き換えることが可能となります。70年代はモノづくりの機械化でしたが、2020年代はモノづくりに付随する事務作業も機械化できます。その事務作業と工場を連携させることもできますね・・・

 

Aという車種を作ると決まったら、発注から、お金の勘定、支払、生産、在庫のコントロールまで全て機械でできます。ヒトが必要になる部分は作ると決めるところだけ。

 

「無から有を生み出す瞬間だけヒトが必要」ということになります。なんだか考えちゃいます。

 

この安川電機の産業用ロボットは、「モーターで動くヒト」的な感じを暗喩しているのでしょうか、MOTOMANという名前みたいです。銘板の最後に1977.5と書いてあります。1977年製なのでしょう。

この安川電機の産業用ロボットは、「モーターで動くヒト」的な感じを暗喩しているのでしょうか、MOTOMANという名前みたいです。銘板の最後に1977.5と書いてあります。1977年製なのでしょう。

 

キャプションには 全電気式産業用ロボット MOTOMAN-L10 安川電機製 国内で初めて開発・販売された全電気式の産業用ロボット。従来の油圧式から全電気式にしたことで、位置や速度の制御製に優れ、かつ、保守点検が容易なことから、従来熟練を必要としたアーク溶接の自動化を担い、わが国の自動車産業の品位sつの安定化とコストダウンに貢献した。本機は日本の自動車部品メーカーに納品された4台のうちの1台で、溶接工程で使用されていたものである。 とあります。

キャプションには

全電気式産業用ロボット
MOTOMAN-L10 安川電機製
国内で初めて開発・販売された全電気式の産業用ロボット。従来の油圧式から全電気式にしたことで、位置や速度の制御製に優れ、かつ、保守点検が容易なことから、従来熟練を必要としたアーク溶接の自動化を担い、わが国の自動車産業の品位sつの安定化とコストダウンに貢献した。本機は日本の自動車部品メーカーに納品された4台のうちの1台で、溶接工程で使用されていたものである。

とあります。間違っていないのでしょうけど、なんだか全電気式というのが耳慣れなくて違和感があります。

 

そしてこちらは現代の産業用ロボット。ちょっと軽そうな部分以外はあまり変わったところが見えませんが、できることはずいぶん違うみたいです。 そして名前も同じMOTOMAN MOTOMAN-GP12 安川電機製 最新鋭の多用途ロボット。精密嵌合、ピッキング・整列、装置内・装置外搬送、研磨、組み立てなどを得意とする。 とあります。

そしてこちらは現代の産業用ロボット。ちょっと軽そうな部分以外はあまり変わったところが見えませんが、できることはずいぶん違うみたいです。
そして名前も同じMOTOMAN

MOTOMAN-GP12
安川電機製
最新鋭の多用途ロボット。精密嵌合、ピッキング・整列、装置内・装置外搬送、研磨、組み立てなどを得意とする。

とあります。

 

ちょうどトラクターのカタログに「ラク・簡単」が増えてきたのも70年代80年代。自動車産業に熟練の技が必ずしも必要とされなくなったのも同じ70年代80年代。

 

手を動かさなければ脳は成長しません。この先ヒトはどう生きていけばよいのでしょう・・・もう芸術とかスポーツ、狩猟くらいしかやることはなくなっちゃうのではないでしょうか?

 

ちょっとどよ〜んとしながら今日はおしまいです。また明日!

 

カンパでも労力提供でもお米提供でも大歓迎です。応援よろしくお願いします!

おにぎり、おいしいよ!僕は毎日食べてます。みんながお米を食べなくなって、田んぼがなくなってしまったら、非常時だって困ります。レッドブル・ボックスカートレースに今秋挑戦します。Facebookのアカウントを持っている人は、リンクを辿って「お米たべてー!」TEAMに人気投票の投票をお願いします!誰が投票したかなどは少なくとも僕たちにはわからないようになってます。求む!投票!存在感を示したいっ!

 

 

 

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) 千葉県先日の台風でか
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[09/13]) ご無沙汰してすいませ
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (noraより[09/12]) H2さん おはようご
  • 昨日のモーレツな雨漏りはベランダ洪水だったへのコメント (H2より[09/12]) noraさん、雨漏り
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (noraより[08/28]) 雲野さん おはようご
  • ネットで調べると出てくるのはこの人たちのおかげ。第6章生命に関わる技術「日本を変えた千の技術博@国立科学博物館」へのコメント (雲野真郎より[08/27]) 国立科学博物館の思い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/21]) ぐんそうさん おはよ
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (noraより[08/21]) 伊藤産業機械(株)さ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/21]) トラクター狂さん い
  • 注意書きマニア!クボタL1501スペシャルその4「撮りトラ」へのコメント (ぐんそうより[08/19]) 数年前の記事のようで
  • 自脱式自走コンバインの前に自脱式自走ハーベスタがあった!コンマハーベスタ「昔のカタログ」へのコメント (伊藤産業機械(株)より[08/14]) 服部さん、バインダー
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) 私も松浦征四郎伝は見
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (hokkaidoujinより[08/14]) noraさんando
  • 佐藤造機デビッドブラウンDB770/880/990/1200・・・昔のトラクターカタログへのコメント (I・ANDOより[08/13]) ご無沙汰してすいませ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/10]) 自走自脱(ハーベスタ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (noraより[08/09]) トラクター狂さん お
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (noraより[08/09]) binbouguyさ
  • 新型レクシアMR800も大台の¥10,045,080!@クボタサマーフェア2019へのコメント (noraより[08/09]) 畠中農園さん おはよ
  • コンマ田植機MPR5H 他社製田植機を自社ブランドで販売するメリットって・・・へのコメント (トラクター狂より[08/08]) こんばんは。
  • 名前のわからない古いクボタ耕耘機。曲線が素晴らしい!「撮りトラ」へのコメント (binbouguyより[08/04]) 昭和35年頃に大阪堺
  • タグクラウド

    クボタトラクター テーマからかなりはずれてるかも トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 農業機械