6気筒 コマツインターナショナル(多分)676「撮りトラ」

毎朝寒いです。ちょっとバリッと空気凍る外へ出ると泣きたくなるような寒さ・・・そんな寒さの中、学校へ通う子供たちってすごいなあ。どういう体の構造をしてるんだろう・・・なんて思います。

今日はhokkaidoujinさんの案内で行った中古車屋さんで見た、インターナショナルのIH676、「撮りトラ」です。

以前1回見たことがあったのですが676はtractordata.comにも記載がなく、日本独自仕様だと思われます。

暗ーい空の感じが良かったのですが、そんな雰囲気出てます? デジタルカメラは意識しても明るく写っちゃいますね・・・以前見た676も二駆でした。
暗ーい空の感じが良かったのですが、そんな雰囲気出てます? デジタルカメラは意識しても明るく写っちゃいますね・・・以前見た676も二駆でした。
インターナショナルトラクター 676・・・何とか機械化利用組合の文字が見えます。いつ頃のものなのでしょうか?
これが以前見たインターナショナルトラクター 676・・・何とか機械化利用組合の文字が見えます。いつ頃のものなのでしょうか?
今回見たほうに戻ります。以前リサーチした情報によればこれ、6気筒なんです。
今回見たほうに戻ります。以前リサーチした情報によればこれ、6気筒なんです。
インタートラクター国産シリーズ勢!
コマツインターのカタログにも676はなく、674だけ。末尾の数字が気筒数を表す・・・という情報が正しければ674が4気筒ですから、676は6気筒。(実物も6気筒でした)

なぜコマツで作っていたと判断したかというと・・・

海外のサイトですけどやっと見つけました IH 676に間違いありません。なぜか目の位置がオリジナルより1マス上なんですね!
海外のサイトで見つけました IH 676です。!

見たことがないインターがある・・・と言う話で写真が上がっていたんです。tractordata.comにデータがないのでどういう素性だろうか?と、僕と同じように思った人がいたのですね。

IH676
タイヤはこちらのほうが細いでです。
IH676
エンジンも一緒!
IH676
6気筒ですね

ここにコマツと書いてある

The data plate is written in Japanese!It was produced in Moka factory of Komatsu Ltd.It is a name of the levers to be written.Draft control lever.Raise response lever.Position control lever.PTO clutch lever.
コマツ真岡工場製です。エンジンはいすゞかなんかでしょうか?
ああ、そういえば正面から見て左側の目、縦になっています。
ああ、そういえば正面から見て左側の目、縦になっています。
振動でひっくり返っちゃったとかではなく、わざわざグリルを切って縦にはめ直しているんです。きっと見たいものがあったのでしょうね。こういうのを見つけると、スッと元の持ち主が現れたような気がするというか、すごく人間臭いというか、興味深く感じる部分です。
振動でひっくり返っちゃったとかではなく、わざわざグリルを切って縦にはめ直しているんです。きっと見たいものがあったのでしょうね。こういうのを見つけると、スッと元の持ち主が現れたような気がするというか、すごく人間臭いというか、興味深く感じる部分です。

クルマと同じか違うか、それとも古いってのが問題か(トラクター雑感)

古いトラクターの記事を上げていると「懐かしい」とか「ずっと探していた」などというコメントやお電話をもらうことがあります。

古いトラクターの記事を上げていると「懐かしい」とか「ずっと探していた」などというコメントやお電話をもらうことがあります。

みなさん、昔の体験がトラクターに結びついていて(特に特に家族のようすなどと)写真を見たり、話を聞いたりするとその当時のことがよみがえるみたいなのです。

特にトラクターが子供のころの記憶と結びついている場合には、相手の方の「巡り会った感」を強く感じます。

そういう話を見聞きすると、「トラクターって、他の工業製品とちょっと違うな」って思います。この場合のトラクターがベストセラーの乗用車とか、洗濯機だったりしたら大きくなって思い出したりもしないでしょう。

もちろん、珍しかった時代のクルマもそんなところがあるかもしれません。ただ、クルマって当初からたくさん作ってたくさん売るという性格が強かったので、「お父さんが大事にしていた古いクルマ」はネットで探せばすぐ出てきてしまって、「巡り会った感」はそんなになさそうです。

きっとトラクターが当時比較的珍しいもので、しかも働くクルマで、さらにはウシや馬のように家族のような存在だった・・・というのがあるのでしょう。

今で言ったら・・・そう、子供の頃飼っていたイヌやネコみたいなものでしょうか? ただ、子供の頃飼っていたイヌやネコに大きくなってからネット上で巡り会うことってないですよねぇ・・・

昔、珍しくて、高いモノで、いつも力強く、文句も言わず、でもたまに故障して困らせる。一所懸命働いて一家の屋台骨を支えてくれて、そして気がつくとドナドナされて目の前から消えてしまった・・・そんなトラクターだから子供の心の中に残ってるのかな・・・なんて思います。