DRY BREAK

いつも草刈機の給油には、携行缶からシュポシュポ(何という名前なんでしょう?)で移しています。あれ、相当繊細に作業しないと「ドバー」っと溢れさせちゃうんですよね。

活動の朝、おなじみの風景です。
活動の朝、おなじみの風景です。

キャンプ用品のランタンやストーブなど、やはり燃料を使う商品も同じように給油は問題を抱えているんです。こっちのほうはタンクも小さく、さらには注ぎ口も小さいので切実です。燃料のほとんどは地面に注いで使ってしまうイメージなんです。

当然それに対策している商品もあります。

コールマンのホワイトガソリンタンク用注ぎ口!
コールマンのホワイトガソリンタンク用注ぎ口!
装着するとこんな感じです。(燃料缶が純正ではなく安物なのが悲しいですが・・・)商品の燃料缶のキャップをこれに交換して使います。
装着するとこんな感じです。(燃料缶が純正ではなく安物なのが悲しいですが・・・)商品の燃料缶のキャップをこれに交換して使います。
写真上方の細いパイプを注ぎ口に突っ込んで、このように押し付けるとガソリンが出ます。給油缶は逆さにするわけです。
写真上方の細いパイプを注ぎ口に突っ込んで、このように押し付けるとガソリンが出ます。給油缶は逆さにするわけです。
通常の状態では逆さにしてもガソリンはこぼれません。給油口に押し付けたときだけ出るんです。
通常の状態では逆さにしてもガソリンはこぼれません。給油口に押し付けたときだけ出るんです。

もちろんバネと弁を使うだけの単純な構造ですから、「タンクが一杯になったら自動で止まる」みたいな高級な機構ではありません。でも、押し付けている限りは口を塞いでいますので溢れて出てくることはないんです。

これでかなりストレスフリー!

草刈り機用もないかと探したら、あった!

“DRY BREAK” の続きを読む