Homeに戻る > いつもあるシアワセ「ウラシマソウ」

いつもあるシアワセ「ウラシマソウ」

水戸市大場町4月の花、勝手にオリエンテーリング

水戸市大場町4月の花、勝手にオリエンテーリング

去年も行きましたが、今年もちょっと時間を作って町内のkobassanの縄張りへ「ウラシマソウ」を見にいってきました。「時間を作って」などと大げさですが、心に余裕がなくて、ただ花や虫を探しに野山に行く頭になかなかならないんです。

あったあった!

あったあった!ウラシマソウです。

あったあった!ウラシマソウです。

4月、暖かくなってきた今頃、日当りのよい薮から少し開けたところ・・・いつなくなってしまってもおかしくないけれど、今年もありました。
去年あったものが今年もある・・・いつもあるシアワセな感じです。

ウラシマソウ2015

ただ、去年より数が少なくなっているような気がしました。

ウラシマソウ2015

縦位置の写真ばかりですみません。ウラシマソウというから浦島太郎なのだと思いますが、日傘の下のうつむき加減の姿はちょっと女性的。

ウラシマソウ2015

うつむいたままなかなか顔を見せてくれません。

ウラシマソウ2015

日差しはおだやか、静かな山あいにウグイスの鳴き声が響いています。

ウラシマソウ2015

うまく説明できないんですけど、「春はいいなー」と思いました。

ウラシマソウ2015

ウラシマソウの葉は鳥が羽を広げたよう。

木々の芽が一斉に芽吹いて、オタマジャクシや虫が一気に出てきて、雑草がわぁーっと出てきて、ウグイスやツバメも鳴いているのに何だか静かな感じがします。

これだけのものが動き、これだけのことが起きれば相当うるさいと思われるのに静かな感じ・・・そういうところが「春はいいなー」と思える理由なのかな。

おもしろいな。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2015/04/24/urashimasou2015/trackback/