1 2 3 4 5 6 16

10月2014

「昔のカタログ」インターナショナル ライス コンバイン105 その2

昔のカタログシリーズ、昭和42年(1967)〜43年(1968)あたりに導入、50年近く前のインターナショナル ライス コンバイン105のカタログその2です。

インターナショナルライスコンバイン105のカタログ

変わった折り方になっています2ページ目

高い作業性能を約束する合理的設計

●稲専用(水田)を前提として設計した機体重量、軟弱な水田地帯でも高い走行性能を発揮します。

●輪距に比べて広い刈り幅は、あぜ際まで完全に刈取ります。小さな旋回半径と合わせて、旋回時に未刈作物を踏みつけることもありません。

クレイスM80もそうでした。フォークリフトみたいに後輪で舵を切るのは小回りを利かせるためだったんだ・・・そして頭がでかいのはあぜ際まで完全に刈取るため・・・なるほどー。

そのためにフロントヘビーになって、バックで乱暴にクラッチをつなぐと「ポン」とジャックナイフするそうです。モノコックのボディに乗ってあれこれ指図するうるさい先輩をそれで振り落としたりしたそうです。

●プロパルジョンドライブ装置(無段変速)を装備、適切な作業速度で倒伏田もロスなく刈れます。

クレイスM80にも付いていました! ベルトの無段階変速装置。はさんでいるプーリーの幅を変えて変速比を無段階に変えて行くんです。幅4センチ、厚み2.5〜3センチ位の台形のベルトです。これが普通のものだと負荷が大きすぎて切れてしまうらしく、ものすごく高価! 5万円ぐらいするそうです。

●プラットホームは強力な油圧装置で楽々と操作し、昇降作動幅は地上84cm、地下8cm、あぜ越え、レベル面以下の刈取りも容易です。

●1,709リットル(9.47石)のグレンタンクを装備、ひんぱん穀物排出の必要がなく、連続して作業できます。

運転操作

インターナショナルライスコンバイン105のカタログ

運転席詳細

●視野の広い運転席から刈取状況が一目で確認できます。
グレンタンクの籾の状態、テーリングスの点検も容易です。

むむっ・・・テーリングスって何だろう・・・あたりまえのように専門用語がでてきますけど、当時はこういうものだったのでしょうか?

●立っても座っても運転できるスプリング付き座席、合理的配置の操作系統で状況に応じた迅速な運転操作が行えます。

●安定した車体、少ない振動、軟弱地でも軽いハンドル操作は運転者の疲労を最小限に抑えます。

●脱着交換の簡単なアタッチメントで多方面に幅広く活用できます。

インターナショナルライスコンバイン105のカタログ

変形のカタログ3ページ目です。

(さらに…)

「昔のカタログ」インターナショナル ライス コンバイン105 その1

昔のカタログシリーズです。今日は以前紹介したベルギーの会社、クレイス社の作ったライスコンバインと同じような時期のインターナショナル105です。

昭和42年(1967)〜43年(1968)あたりからぼちぼち導入されたように資料に書いてあります。というわけで、50年近く前のカタログということになるのでしょう・・・多分。

正面にはIHのマーク、サイドに「富士小松ロビン株式会社」の文字のあるヘルメットをかぶったお兄さんが丸いスライド窓を開けて中のお米を調べています。多分ここかグレンタンクなんでしょうね。(知りませんよ、想像です)

正面にはIHのマーク、サイドに「富士小松ロビン株式会社」の文字のあるヘルメットをかぶったお兄さんが丸いスライド窓を開けて中のお米を調べています。多分ここかグレンタンクなんでしょうね。(知りませんよ、想像です)

色々調べてみるとこの寄せ集めたような名前の「富士小松ロビン株式会社」は、富士ロビン株式会社?側からの沿革に昭和42年12月、株式会社小松製作所と業務提携(同社大型農業機械の国内販売を当社が行う)し、「富士小松ロビン株式会社」に社名変更とあります。
 
ということは、このインターナショナル ライス コンバイン、(トラクターもなんでしょうね?)を売るためにできた会社ということが言えそうです。もしかしたら以前紹介したコマツインターのお店は「富士小松ロビン株式会社」が作ったものかもしれませんねえ・・・

年期の入った看板。そして「インタートラクタ」というカタカナ文字。この看板のお店のことです。

年期の入った看板。そして「インタートラクタ」というカタカナ文字。この看板のお店のことです。

しかし、そのわずか2年と半月後、昭和45年6月には株式会社小松製作所との業務提携を解消し、富士ロビン株式会社に社名変更。とあります。一体何があったんだ・・・

いろいろ書いてありますねえ・・・

いろいろ書いてありますねえ・・・

抜群の機能プラス使いやすさ

●視野の広い運転席、各部の点検調整も容易です。しかも操作は簡単確実、振動、騒音も少なく、運転者が長時間作業を行っても疲れません。

●車体重量は、他のコンバインと比べても抜群に軽くなっています。湿田の多い、我が国の農業地帯で最高の走行性能を発揮します。また、車体の軽量性が乾田において、トラックアタッチメントにかわり、ライスタイヤを装着することを可能にしてありますので、きわめて軽快な作業が行えます。

●伝統を誇るインター55馬力水冷4サイクルガソリンエンジンは、ディーゼルエンジンに比べ、取扱が容易で、長期格納の保管整備も楽なうえ、軽量と少ない振動、しかも強馬力と抜群な性能をもっています。

●左右独立ディスクブレーキ方式で操縦操作が容易です。また、旋回半径もきわめて小さく小区画圃場でも能率的に働きます。

●ベアリングは完全密閉自動調芯式を使用してありますので、給油の手間がかからないばかりでなく、いつまでも高い性能を保持します。

でも、日本の湿田も強力で軽量の105も苦戦したんですよね。

international105 combine 886 インターナショナル105コンバイン

日本の湿田は強力

コンバイン競技会(仮称)にもエントリーしていました

Combine test. Result.

何のことかわからない項目がたくさん並んでいますが、いくつか素人にも興味の湧く数字も出ています。

(クリックで拡大すると思ったんですけど、さらにブラウザーで拡大しないとよく見えないので、PDFを置いてあります→コンバイン競技会 リザルト

ごめんなさい・・・途中ですが時間がなくなっちゃいました。失礼してまた明日!

1 2 3 4 5 6 16

サイト内の検索

お気に入りリンク

最近の記事

最新のコメント

  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) 大地の恵みさん こん
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (noraより[12/19]) 一柳進さん こんにち
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (noraより[12/19]) くるまんさん こんに
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 象印さん こんにちは
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (noraより[12/19]) トラクター狂さん こ
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) 山葵さん こんにちは
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/19]) H2さん こんにちは
  • 『80年代のクルマっぽい』と思ったら、本当にそうだった。イセキ・ランドホープTU200F「撮りトラ+昔のカタログ」へのコメント (大地の恵みより[12/18]) いつも楽しく拝見して
  • 色が黄色だと建機に見える。コマツWD50「撮り虎」へのコメント (一柳進より[12/15]) コマツWD50トラク
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • ブラボー!フォード・ムスタングは実在した!「撮りトラ&昔のカタログ」へのコメント (くるまんより[12/13]) こんばんわ 5年ほど
  • おっと!これもLODIちゃん!CLAAS ARION 650「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (象印より[12/12]) クラースのトラクター
  • 28年前のディーゼル田植機。クボタ RAINBOW S1-650RUDM「田植機考古学」へのコメント (トラクター狂より[12/09]) 今更ながらのコメント
  • フェントFENDT 828 Vario「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/07]) あっ!もうフロントガ
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (H2より[12/06]) Valtraは北海道
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (noraより[12/05]) 山葵さん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) ゆーさん こんにちは
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (noraより[12/05]) 木田さん おはようご
  • タイヤ、色、売り方までも独特。フィンランド生まれ、2160万円!VALTRA T234D「撮りトラ@第34回国際農業機械展in帯広」へのコメント (山葵より[12/04]) もう四半世紀前の話で
  • 世界初!耕深自動制御のクボタL1501DT-AC「撮りトラ」へのコメント (ゆー@夢追人より[12/04]) こんにちは、最近ジャ
  • タグクラウド

    クボタトラクター トラクターの話題や写真 撮り虎(撮りトラ) 水戸市大場町での米作り(コシヒカリ/飼料稲) 環境保全会活動の紹介や、予定など 米作り(コシヒカリ/飼料稲)動画記事 農業機械