ヤンマートラクタその1・・・ダイナミックフェア2014

今日はダイナミックフェア2014(JAグループ茨城の第40回農機・生産資材大展示会+同時開催の第55回中古農機展示即売会)で見たヤンマートラクタその1です。

ヤンマーは試乗用の農場の前に高いテントのブースを作っていました。ちょっと窮屈そうでかわいそうでした。
ヤンマーは試乗用の農場の前に高いテントのブースを作っていました。ちょっと窮屈そうでかわいそうでした。
クボタ同様勘や記憶に頼らず、確実な情報を収集、利用することを提唱しています。・・・ヤンマーが提案するこれからの新しい農業のカタチ SMARTASSIST=ICTによる先進農業技術 遠隔情報管理システム 農作業の見える化・・・だそうです。
クボタ同様勘や記憶に頼らず、確実な情報を収集、利用することを提唱しています。・・・ヤンマーが提案するこれからの新しい農業のカタチ SMARTASSIST=ICTによる先進農業技術 遠隔情報管理システム 農作業の見える化・・・だそうです。
入ってすぐ、新しいロゴマークの解説があります。→FLYING Y ■YANMARの『Y』。 ■コーポレートネーム「ヤンマー」の由来であり、日本人にとっては豊作の象徴でもあるトンボ(オニヤンマ)の『羽』。  この2つをモチーフに、次の100年へと飛翔するブランドの意思を表現しました。 鋭角的なフォルムは、未来を切り開く先進性と精緻を極める世界最先端の技術力を。 コーポレートカラーでもある赤は、「開拓者精神」「挑戦」「情熱」「太陽」「豊かさ」を表しています。
入ってすぐ、新しいロゴマークの解説があります。→FLYING Y ■YANMARの『Y』。 ■コーポレートネーム「ヤンマー」の由来であり、日本人にとっては豊作の象徴でもあるトンボ(オニヤンマ)の『羽』。 この2つをモチーフに、次の100年へと飛翔するブランドの意思を表現しました。 鋭角的なフォルムは、未来を切り開く先進性と精緻を極める世界最先端の技術力を。 コーポレートカラーでもある赤は、「開拓者精神」「挑戦」「情熱」「太陽」「豊かさ」を表しています。

ですって・・・ヤンマーはオニヤンマだったのか???って感じですね。会社の名前もONIYANMARにして、黄色のシマシマのコーポレートカラーにするともっとそれらしいかも!

ONIYANMAR オニヤンマートラクタ
ONIYANMAR オニヤンマートラクタ

YANMAR EcoTra(EG100シリーズ) EG118VUS4M

YANMAR EcoTra(EG100シリーズ) EG118VUS4M 価格¥2,019,600 ●18馬力、一目瞭然の操作性で使いやすい! ●小回り旋回&四隅の仕上も簡単楽ラク ●車体自動水平機能付きで美しい仕上がり ●水平モードで均平に傾斜地モードで段差ない仕上がり
YANMAR EcoTra(EG100シリーズ) EG118VUS4M 価格¥2,019,600 ●18馬力、一目瞭然の操作性で使いやすい! ●小回り旋回&四隅の仕上も簡単楽ラク ●車体自動水平機能付きで美しい仕上がり ●水平モードで均平に傾斜地モードで段差ない仕上がり

“ヤンマートラクタその1・・・ダイナミックフェア2014” の続きを読む

2014年度、島地区コシヒカリの稲刈り

9/16日のお話とこれまた少しUPが遅れ気味ですが、飼料稲の稲刈りに続き、2014年度の島地区コシヒカリの稲刈りです。

2014年度、島地区コシヒカリの稲刈り(動画です)

 

 

クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
稲刈りをしていると白鷺が寄ってくるのですが、何か細長いものを飲み込んでます。何だろ?

クボタコンバインER108での稲刈りです。人員はオペレーターと玄米を乾燥機へ運ぶ人、それから細かいことをするアシスタントの3人です。
クボタコンバインER108での稲刈りです。人員はオペレーターと玄米を乾燥機へ運ぶ人、それから細かいことをするアシスタントの3人です。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
初めは快調に稲刈りをしていたようですが、突然もどってきました。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
ヘンな音がするそうです。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
こぎ胴を開けて調べています。何かが絡まっていたみたい。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
絡まっていたのはこれ・・・緑色で何かの茎みたいに見えますが、グラスファイバーの目印棒でした。確かにコンなのが絡まったらひとたまりもありません。大きな機械を止めるのにこんな細い棒でいいなんて衝撃です。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
その後は問題なく稲刈りをこなしていました。
クボタコンバインER108によるコシヒカリの稲刈り
あっという間にこの田んぼは終ってしまいました。