〜が足りない、は知恵が足りないか?(コイツに知恵は無いかもしれないけど)

プラプラ動いているカーテンの綿埃 何だ?と思って肉眼で見てもよくわからない・・・ルーペで拡大してやっとわかった ミノムシだ!

プラプラ動いているカーテンの綿埃 何だ?と思って肉眼で見てもよくわからない・・・ルーペで拡大してやっとわかった ミノムシだ!

カーテンに付いている綿埃が動いているような気がして、「まさかぁ〜」とよく見ても何だかモゾモゾしています。ミノムシみたいです。

草刈かなんかで体に付いて家の中に入ってきたのはいいけど、体を隠すものが何一つなく、仕方なくPCが大量に吸い込む綿埃を身に纏っていたのでしょう。

足りない足りないは知恵が足りないと言いますが、知恵が足りないか?といえばミノムシに知恵があるわけではなく、ただただ「出会った細かいものを自分で繋ぎあわせて服を作る」というシンプルな原則を持っているだけなんでしょう。

見慣れたミノムシの形じゃないからヒトには不思議に思われても、当人にとっては不思議でもなく、そこにあるものでやることをやっているだけ・・・

鉛筆と比較するとその大きさがわかるかなあ・・・

鉛筆と比較するとその大きさがわかるかなあ・・・

シンプルな考えで行動していれば欠乏感を持たないで済むかもしれませんね。でも、ミノムシが家の中で動き回れているのはそんなに喜ばしいことではないので外にお引き取り願いました。

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2012/06/16/tarinai/trackback/