ヨメナかなあ・・・まあ、ノギクです

ヨメナかなあ・・・道ばた一面に咲いています。まだ刈っていない飼料稲?の黄色とのコントラストがおもしろいな

ヨメナかなあ・・・道ばた一面に咲いています。まだ刈っていない飼料稲?の黄色とのコントラストがおもしろいな

つぼみはとても鮮やかな紫、花はほんのり紫で、葉っぱにほんの少し光沢のあるノギクを見つけました。ヨメナかなあ・・・上のほうの葉っぱはいわゆるキクの葉っぱに見えない丸い形です。

ヨメナ?

つぼみと開いた花では全く別の花みたいに色が違います。葉っぱはあんまりキクっぽくない

ノギクの仲間の植物はとってもたくさんあるらしく、そもそも何のためにってのもあるけど、ちょっとやそっとでは見分けられないみたいです。バンドの名前、映画の題名、山の名前、植物の名前・・・何でも知ってたほうがカッコいいような気がするんでついつい調べてしまいます。

ヨメナ?

キクの仲間はみんな同じに見えてしまいます

おかげで少しずつ家周辺の植物の植生がわかってきました。来年あたりは植物カレンダーが作れそうです。

わかる方名前を教えてください・・・

花にまだ朝露が付いています

花にまだ朝露が付いています

この花は薄紫ではなく、白いので別の種類だと思うんです。

この花は薄紫ではなく、白いので別の種類だと思うんです。

こちらはそれとは別に、薄紫ですけどものすごく小さな花

こちらはそれとは別に、薄紫ですけどものすごく小さな花

葉っぱもヒョロっと細長いです

葉っぱもヒョロっと細長いです

名前を知られたところで(もしかして間違えてるかもしれませんが)この花達は何も気付かないし、嬉しくも悲しくもないでしょうけど、これも酒の蓋を集めたり、牛乳の蓋を集めたりするのと同じもんなのでしょうか?

島地区の植物の記事へ
島地区の植物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/11/27/yomenaka/trackback/