コウモリの家を壊してしまった

地震で割れた瓦をどかしていたら、それはコウモリのおうちでした。

コウモリはまるで太陽の光と人間におびえるように、頭を抱えて震えていた。

コウモリはまるで太陽の光と人間におびえるように、頭を抱えて震えていた。

考えてみれば当たり前の事ですが、地震で影響を受けたのは人間だけでなく、動物も多少なりとも影響を受けてしまっているということですね。

コウモリ・・・といっても飛んでいるわけではありませんが

↑ 動画(21秒)画面クリックでも再生します。

多分イエコウモリなどと呼ばれているコウモリだと思います。夕方の空を飛び回っているあれです。一体どこから出てくるのか不思議だったのですが、瓦と下地の小さなスキマにギュウギュウと入って暮らしていたのです。二羽?二匹?いましたが、飛んでいる姿に比べてとても小さく、軽く、胴体部分は4センチほど・・・ちょうど小さなカブトムシくらいです。

そういえば、以前クモの巣に絡まっていたコウモリを助けたことがありましたが、そのコウモリだったのかなあ・・・本当に災難です。

去年の7月の話です

↑ クリックで拡大します もちろん写真を撮ったら逃がしてやりました 夏の炎天下、ずーっと逆さ吊りですから相当応えたでしょう でもなんとかセーフだったみたいです

↑ クリックで拡大します もちろん写真を撮ったら逃がしてやりました 夏の炎天下、ずーっと逆さ吊りですから相当応えたでしょう でもなんとかセーフだったみたいです

話は戻って家を失ったコウモリ

なんだか、元気がないです。弱々しく飛んで屋根から降りてそのままうずくまっていました。恨みがましい目を少し開いています。立派な獅子のような鼻をしています。

なんだか、元気がないです。弱々しく飛んで屋根から降りてそのままうずくまっていました。恨みがましい目を少し開いています。立派な獅子のような鼻をしています。

長いアームのような手に、カギのような指が一本だけ。しっかりテントの袋にしがみついています。

長いアームのような手に、カギのような指が一本だけ。しっかりテントの袋にしがみついています。まあるい頭が愛らしい。

そのすみかにはたくさん糞が落ちていました。自分の糞と一緒に寝ているせいだと思うんですが、コウモリは少し臭いです。(ごねんね悪く言うつもりはないんです。ただそう思っただけ。)

そのすみかにはたくさん糞が落ちていました。自分の糞と一緒に寝ているせいだと思うんですが、コウモリは少し臭いです。(ごねんね悪く言うつもりはないんです。ただそう思っただけ。)

島地区の生き物の記事へ
島地区の生き物の記事へ

上の記事とゆるく関連しているほかの記事:

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://oba-shima.mito-city.com/2011/04/26/koumorinoie/trackback/